2021年のモバイルアプリ開発のトレンド

 2021年10月19日

2021年のモバイルアプリ開発のトレンド

スマートフォンが「普段」に使用される時、モバイルアプリ開発ーモバイルアプリケーション開発が欠かせません。ソーシャルネットワーク、ショッピング、電子財布、健康アプリケーション、注文など多くのモバイルアプリが益々リーリスされます。モバイルアプリの市場の期待利益は年末に6930億ドルに達します。しかし、皆さんに美味しい「ケーキ」ではありません。Gartnerによると、現在市場のモバイルアプリの0.01%だけが成功しています。この記事では2021年にモバイルアプリ開発のトレンドをご紹介します。

1.モバイルアプリ開発の歴史


Lập Trình App Mobile Và Những Điều Bạn Chưa Biết

2021年にモバイルアプリ開発のトレンドを言及する前に、急速な開発の歴史を見てみましょう。2005年から開発者はより、小さなWebインターフェイスであり、モバイルデバイス画面により適するインターフェイスの設計に気づきます。数年後、ネイティブアプリが開発され、ユーザーはタッチスクリーン上のタッチポイントでナビゲート出来ます。

2013年モバイルアプリの人気が高まり、ユーザーに体験を向上するためにテクノロジも更新されます。2019年以降にモバイルアプリが大幅に成長します。モバイルアプリは人工知能の助けにより、ユーザーの生活に解決策のをもたらし、個人的な体験を高まります。

 

2.2021年のモバイルアプリ市場


Mobile Phone, Smartphone, Keyboard, App, Internet

統計によると、トラフィックの70%はモバイルデバイスからのものであり、電子メールの約75%はこのデバイスで開かれています。便利さはユーザーの行動を変えます。Googleによると、スマートフォンユーザーの80%は、モバイルデバイスにモバイルアプリを使用している企業から購入する可能性が高いとのことです。原因は、現在、Shopee、Tiki、Lazadaなどのeコマースプラットフォームで購入する傾向が一般的になります。

しかし、継続的に発展している動的環境で2020年に成功したアプリケーションは2021年もパフォーマンスを維持の不可能性があります。そのため、皆さんは戦略のトレンド要素に関する注意する必要があります。

 

3.2021年のモバイルアプリ開発トレンド


他のトレンドと同じ、モバイルアプリ開発トレンドが常に変化します。そのため、企業は迅速に把握して適当に調整する必要もあります。

Social Media, Social, Display, Icon

3.1.クラウドネイティブ

クラウドネイティブは、クラウドコンピューティングモデルの利点を活用してモバイルアプリを構築するためのアプローチです。クラウドネイティブアプリケーションは、従来のデータセンター上に構築する代わりに、クラウドで作成されたアプリケーションです。これらのアプリケーションのすべては、AWS、GoogleCloud、Azureなどのクラウドソリューションプロバイダーによって処理されます。

クラウドネイティブは開発者と企業にメリットをもたらします。例えば、Google Cloud serverless tooling はWebのトラフィックによって規模を自動的に拡大することを許可します。

3.2.モノのインターネット

2022年になるとアメリカのIoT市場は5000億ドラを超えるという予測があります。そして、この市場シェアのほとんどは家電セグメントに属しています。

IoTテクノロジーは家庭用デバイスと接続することで、人々が家に住む方法にも大きな影響を与えます。IoTの人気な分野はスマートホームです。スマートフォンのアプリを通じてホームデバイスを制御するためにスマートフォンを使用するユーザーの数は増えています。調査とデータ分析によると、世界で使用される500億のデバイスIoTとして予測されています。つまり、デバイスの巨大なネットワークが作成され、相互に接続されます。更に、IoTはデータを共有する可能性を秘めているため、アプリケーション業界の注目を集めます。

3.3.デジタルウォレット

デジタルウォレットは益々な人気が高まっています。ベトナムでは、Momo、ShopeePay、ZaloPayなどデジタルウォレットも市場をアプローチし、拡大しています。デジタルウォレット利便性、使用やすさ、処理速度の速さ、数あるのインセンティブを与えます。それため、多くのユーザーは新しい形態の支払いを徐々に受け入れています。しかし、開発者はユーザーにとって最大の障壁であるセキュリティ要素も考慮する必要があります。

3.4.モバイルアプリの人工知能 (AI) と機械学習 (ML) 

Man, Smartphone, Mobile, Technology

AIと(ML)はモバイルアプリに導入されます。一般的な機能は、チャットボット、顔認識、音声認識などです。将来的にAIが統合するカメラ、音声翻訳の使用がさらに一般的になります。

3.5.チャットボット

営業時間、メニュー、サービス費用などの質問に自動的に答えることが出来ます。売り手は繰り返し返信する必要がありません。購入者も迅速な対応に満足しています。 「MyStarbucksBarista」アプリは、成功例ということです。これにより、ユーザーはこのバーチャルアシスタント との音声通信を介して支払いを行うことが出来ます。ベトナムでは、チャットボットはFacebookのMes​​sengerやeコマースサイトで人気があります。 

3.6.バイオメトリクス認証

顔認証、指紋はスマートフォンユーザーにとっても疎くありません。この機能は、銀行やEウォレットなど、高度なセキュリティを必要とするアプリケーションでよく使用されます。パスワードを覚えて入力する代わりに、バイオメトリクス認証はユーザーに便利さをもたらします。

3.7.ビーコンテクノロジー

ビーコンは、BluetoothLowEnergy(BLE)を発信する小型の電子機器として定義されています。これにより、BLEテクノロジーを搭載したモバイルデバイスは、このデバイスから発信された信号をキャプチャ出来ます。このテクノロジーは、ユーザーと企業の架け橋を減らすのに役立つため、マーケティングの分野で大きな可能性を秘めています。ホテルや商業センターはこのテクノロジーを展開する場所です。

3.8.拡張現実とバーチャルリアリティ(AR-VR)

AR-VRは2021年のモバイルアプリ開発トレンドであり続けています。ポケモンゴー!ARをモバイルゲームに導入するための大きな推進力です。今では写真、美容など、より多くの種類のアプリケーションに登場しています。

 

4. まとめ


スマートフォンは、情報の購入、支払い、検索の方法に革命になります。上記のモバイルアプリ開発のトレンドにより、業界は急速に成長を続けています。

この競争の激しい市場で際立つためには、企業は最新のトレンドに一致し、最新のテクノロジーを使用するソリューションを作成する必要があります。これは経験豊富な開発チームで行うことが出来ます。そのため、ハチネットを選択する必要のほうがいいです。ハチネットのモバイルアプリ開発チームは、アプリケーションを最初から構築し、プロセスを統合し、最高のセキュリティを確保するのに役立ちます。

 

オフショア開発でモバイルアプリをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶