×

ソフトウェア開発を始める前に必要な5つのこと

実際の開発部分を開始する前に、自分で実行できる手順を覚えておくように強くお勧めします。 ソフトウェア見積もりの準備をする以外に、アイデアを機能させるための詳細を理解することにより、アイデアを可能な限り最良の方法で開花させる必要があります。 ソフトウェア開発を開始する前に、次の準備ができていることを確認してください。

ソフトウェア開発を始める前に必要な5つのこと

 2022年07月27日

ソフトウェア開発を始める前に必要な5つのこと

実際の開発部分を開始する前に、自分で実行できる手順を覚えておくように強くお勧めします。

ソフトウェア見積もりの準備をする以外に、アイデアを機能させるための詳細を理解することにより、アイデアを可能な限り最良の方法で開花させる必要があります。

ソフトウェア開発を開始する前に、次の準備ができていることを確認してください。

 

  • ビジョンを結晶化します。貴社の製品はどのように見えるべきだと思いますか?どのような機能が必要ですか? 製品が達成する目標は何ですか?
  • ビジネスを理解します。優れたアプリは、サポートするビジネスを深く理解していなければ開発できません。ビジネス要件と将来のユーザーのニーズを把握します。
  • テクノロジーでビジネスに立ち向かいます。製品に必要な機能と解決するように設計された問題がわかれば、最適なテクノロジースタックについて考え始め、開発を計画することができます。

 

 

目標の設定は、プロジェクト管理の最初のマイルストーンです。 次の質問に対する回答を提供する必要があります。

 

  • プロジェクトは何を達成しますか? (パフォーマンス目標)
  • いつ、どのように結果が達成されますか? (時間とリソースの目標)
  • いくらかかるでしょうか (予算目標)
  • リソースには、プロジェクト中に必要な人員配置要件と利用可能なインフラストラクチャを含める必要があります。

 

プロジェクトの目標は、企業の全体的なビジネス目標と一致している必要があります。 これらの3つの要素は相互に影響し、それらの1つに適用される変更に影響を与えることに注意してください。 利用可能なスタッフを減らすと、プロジェクトの終了日に影響を与える可能性が高く、最終結果にも影響を与える可能性があります。

 

 

プロジェクトのペルソナは、プロジェクトの結果の将来のユーザーを表す、構成されたキャラクターです。 ペルソナを構築することは、製品の人間の受信者を想像する方法であり、顧客のニーズに関する幅広い知識を提供します。 このアプローチにより、製品をテストする前に、課題と機会をより深く理解することができます。

 

ペルソナを設計するには、いくつかの特性(人口統計および行動データ、人の苦痛、利益、現在使用されている解決策、名前、写真、個人情報などの背景情報)について考え、重要な質問に答えます。 

  • ペルソナは貴社の製品を必要としていますか?
  •  ペルソナはそれからどのように利益を得ますか? 
  • 製品はどのような問題を解決しますか?
  • 製品はおそらくさまざまな顧客のニーズに対応しますが、顧客のニーズ、問題、および目標に関して、異なるアプローチをとる必要があります。

 

 

そうすると言う唯一のアイデアを思いついた瞬間にプロジェクトを立ち上げたくなるかもしれませんが、まだその時が来ていないことを認識する必要があります。 夢と思い込みで構築されたプロジェクトを立ち上げる代わりに、時間をかけて適切な計画に集中してください。

 

これは、スケジュールを確定し、すべての要件を定義し、付随する計画を文書化する適切なタイミングです。 計画がなければ、設定した目標を確実に達成することはできません。 納期を確定するのに役立つだけでなく、納期に向けた手順(必要なリソース、コスト、管理者の承認、およびその他の要件)も役立ちます。

 

 

ストーリーマッピングは、ユーザーの製品に対する認識を想像することにより、製品をよりよく理解できるようにするツールです。 ユーザーストーリーは、利害関係者との話し合いの過程で、またはペルソナに基づいて作成されます。 これらは、開発されたシステムの機能に影響を与える方法として設計されています。

 

 

エピックは、プロジェクト管理で使用される「測定単位」の1つです。これらは、ユーザーリクエスト、プロジェクト要件、または実装する機能で構成されます。エピックには、最終結果のために設計された必要なコンポーネントの詳細が含まれています。プロジェクトのこの部分には、より小さな情報が含まれており、ユーザーストーリーで収集されたデータによって補足されます。

 

エピックは通常、ユーザーストーリーで作成され、主に単純であると考えられているコンポーネントがより大きな作業の塊に拡大し、1回のスプリントでそのコンポーネントの開発が不可能になるときに発生します。この部分はコンポーネントの増加の結果であり、より小さなセクションに分割する必要がある「より大きな」ユーザーストーリーをもたらします。上記の態度の目的は、チームが努力をより正確に見積もることを可能にすること、および特定のタスクで大きな進歩を遂げることです。

 

作業を「小さい」セクションと「大きい」セクションに分割することは主観的な問題であり、このアプローチを使用する企業によって異なります。ユーザーストーリーとエピックにより、作業を分類し、作業を効率的に追跡できます。

 

オフショア開発でシステムをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶