×

AngularJS とは? 特徴と仕組みをわかりやすく解説

AngularJS がリリースされたばかりのとき、他のJavascriptフレームワークと競合できるかどうかという懐疑があります。Googleのサポートと多くの改善により、AngularJS は多くの人々によって使用されているだけでなく、Javascript の村の中で新しい現象になりつつあります。この記事では、AngularJSの概要、特徴、仕組み、構成要素などをご紹介します。

AngularJS とは? 特徴と仕組みをわかりやすく解説

 2021年06月01日

AngularJS とは? 特徴と仕組みをわかりやすく解説

AngularJS がリリースされたばかりのとき、他のJavascriptフレームワークと競合できるかどうかという懐疑があります。Googleのサポートと多くの改善により、AngularJS は多くの人々によって使用されているだけでなく、Javascript の村の中で新しい現象になりつつあります。この記事では、AngularJSの概要、特徴、仕組み、構成要素などをご紹介します。

 

1. AngularJSとは


AngularJSとはJavaScriptのシステム開発で問題を解決するためにGoogle で開発されるフレームワークですAngularJsはフレームワーク、Cordova用の追加コンポーネントもあり、一般的にモバイルアプリの作成に使用されます。クライアント側のMVCおよびMVVMアーキテクチャを、リッチインターネットアプリケーションで一般的に用いられるコンポーネント群とともに提供することによりアプリの開発とテストを簡単にする目標です。

AngularJSを理解するためにjavascript、object、stringの基本知識が必要です。Javascriptを深く理解すると、AngularJSを簡単に勉強するようになります。AngularJS の本質は単一ページの動作であり、データを取得するためにAPI を使用します。

 

2. AngularJSの特徴


AngularJSの特徴を見ていきましょう

  • JavaScriptに基づいて開発できるために使用されます。
  • AngularJSはMVCパターンに基づいてクライアント側アプリケーションを作成する可能があります。
  • AngularJSはほとんどのブラウザに合わせてJavaScriptのコードを簡単に処理できる高い互換性を備えります。
  • 無理とオープンソースがあれば、もっと大幅に使用されます。

常に、AngularJSアプリケーションのアーキテクチャはコンポーネントに関するアイデア基づいています。すべてのAngularJSは通常、ルート コンポーネントと呼ばれるトップレベルから始まります。

 

3.AngularJSの仕組み


AngularJSはページに埋め込むられると、HTMLコマンドコードを解析するためにページで表示します。HTMLコマンドコードはng-app=””の属性を持つタグが含まれます。次にタグは「ng-model=”name”」の属性があり、AngularJSアプリにおいてname変数を設定します。

それから、変数の値は常に<input>フィールドの値と等しくなります。最後、アプリケーションがname変数の値の変更を発見するたびに、「ng-bind="name"」属性を持つ二番目の<p>タグが使用され、この2番目の<p>タグに配置されたコンテンツ HTML にこの値が付加されます。 

 

4.AngularJSの基本的な構成要素


以下にAngularJSの12つの主たる構成要素をご紹介します

  • データ.バインド:モデルとビューの間でデータを自動的に同期します。
  • モジュール:一般的にあるアプリケーションは多くのモジュール(module) で構成されています。典型的なモジュールは単一の目的のために特化したコードのかたまりです。モジュールはその中の値の何かを外部から使えるようにエクスポート します。
  • スコープ:スコープは、アプリケーションコントローラーとビューの間の接着剤です。
  • コントローラー:これらは、スコープ コントローラーを処理する JavaScript 関数です。
  • サービスAngularJSはDBと操作するためにWEBサービス(PHP, ASP)から 構築されるAPI を使用します。
  • フィルター:フィルターは配列の要素を除外し、新しい配列を返します。
  • ディレクティプAngularJSのテンプレートは動的です。AngularJSがこれらを描写するときに、ディレクティブで与えられた指示に従ってそのDOMを変換します。
  • テンプレート:テンプレートはコントローラーから情報を表示します。それらはビューのコンポーネントです。
  • ルーティング: コントローラーのアクションを切り替えます。
  • MVC:MVCは個別のコンポーネントをモデルとビューとコントローラーに分割します。
  • ディープ リンク: ディープ リンクを使用すると、アプリケーションの状態を URL にエンコードして、検索エンジンにブックマークできるようにすることができます。
  • 依存物注入:依存物注入はあるクラスの新規インスタンスをそれが必要とする完全なかたちの依存物たちを持たせて供給する手段です。殆どの依存物はサービスになります。

 

5.AngularJSのメリットとディメリット


5.1.AngularJSのメリット

・開発に必要な機能を持っている
AngularJSは開発に必要な機能をすべて持っている多機能なフレームワークです。多くのフレームワークを使用する必要がなく、AngularJSだけがあれば、システムとJavaScriptアプリを開発することができます。

 ・高い開発効率を作りやすい

ほかのフレームワークと比べて、AngularJSコードの記述量が少なく、システムの開発効率に優れています。またAngularJSは支持するために単一ページアプリケーションを簡単に作成する機能を提供します。分業制を取りやすい特徴もあるので、開発速度が求められるスタートアップにシステムを開発するために使用することができます。

5.2.AngularJSのディメリット

AngularJSは多くのメリットがあっても、現在にディメリットもあります。

・安全ではない

AngularJSで作成されるアプリは安全ではありません。サーバから認証とセキュリティがあれば、アプリがよりに安全になります。アプリケーションのユーザーが JavaScriptを無効にすると、基本ページのみが表示され、それ以上は表示されます。

・大きいシステム開発と適当ではない

AngularJSはファイルの容量が大きく、UIの描画速度が低下しやすいという欠点があるため、速度重視のアプリケーション制作においては不向きです。

 

6.まとめ

ここではAngularJSの概要、特徴、仕組み、構成要素について解説しました。大まかに言えば, AngularJSはアプリケーションのWEBを開発することの課題を解決するために、Google とプログラマーのコミュニティによって維持されているオープン ソースの JavaScriptフレームワークです。解説した情報が皆様に役立つという希望です。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]