×

企業向けのDevOpsのメリット|Hachinet Software

DevOpsは、ソフトウェア開発のアジャイル手法と迅速なIT配信を組み合わせ、2つの間のプロセスを自動化して、システム開発ライフサイクルを短縮する一連のプラクティスです。DevOpsは、次の原則に基づいて機能します。 合理化されたワークフロー リアルタイムフィードバックメカニズム 継続的デリバリーと統合

企業向けのDevOpsのメリット|Hachinet Software

 2022年06月08日

企業向けのDevOpsのメリット|Hachinet Software

DevOpsは、ソフトウェア開発のアジャイル手法と迅速なIT配信を組み合わせ、2つの間のプロセスを自動化して、システム開発ライフサイクルを短縮する一連のプラクティスです。DevOpsは、次の原則に基づいて機能します。

 ・合理化されたワークフロー

 ・リアルタイムフィードバックメカニズム

 ・継続的デリバリーと統合

戦略、ツールおよびプラクティスの組み合わせにより、より高速な高速展開を実現します。DevOpsは、アジャイル手法とリーンアプローチと並行しており、組織内のすべてのサイロ化されたプロセスを緊密に統合して、手動タスクを自動化し、開発チームと運用チーム内で説明責任を構築し、製品/サービスのライフサイクル全体の設計、開発、テスト、展開、製品の品質保証を短縮しますサポート。 

インフラストラクチャを自動化できるため、企業としてより迅速に展開し、時間と費用を節約できます。ソフトウェアチームとITインフラストラクチャの間のギャップを埋めることは、DevOpsプラクティスの最大の目標の1つです。これは、企業が生産性を向上させながら、より多くの収益を生み出すのに役立ちます。 

 

DevOpsとは?


 

DevOpsは、Dev(ソフトウェアの運営チーム)とOps(ソフトウェアの運用チーム)がお互い連携し、システムの開発やソフトウェアの品質を高め、ソフトウェアの構築・テスト・リリースなどをより迅速かつ頻繁に行うことを目的としている「概念」のことです。しかし、DevOpsには厳密な定義が存在していないので、世間ではDevOpsに対してさまざまな認識の違いや誤解が生じてしまっているかもしれません。

関連記事:アジャイル開発とは?アジャイルのメリット・デメリットも詳しくご紹介!

 

企業向けDevOpsの主なメリット


DevOpsとは?企業の開発スピードを上げ、多くの利益を生み出すための開発手法 | CMC Japan株式会社

 

① より良いコラボレーション

DevOpsを使用すると、企業のすべての側面と部門を連携させ、スムーズに調整できます。それは職場に文化的な変化をもたらし、リソースの共有を可能にし、コラボレーションをチームワークの不可欠な部分にします。IT、ビジネス、および運用チームは、ジャンプするフープが少なくなり、ボトルネックが少なくなるため、透明性が向上し、はるかに迅速に調整できます。ワークフローを組み合わせると、配信のタイムラインが短縮され、部門間のサイロが崩壊するため、コミュニケーションが容易になります。全員が同じページに残ります。

② スピード、展開頻度の向上

DevOpsは基本的に、継続的デリバリーと高速フィードバックサイクルを保証するための一連のメソッドです。コーディングが改善されるだけでなく、所要時間が短縮されるため、企業は開発サイクルの高速化から得られるすべてのものを手に入れることができます。プロセスの自動化、インフラストラクチャの透明性、および統合により、定期的な展開が可能になり、企業の生産性と収益性が向上します。また、柔軟性とオープンなアプローチによって支援される部門の枠を超えたスキルが向上し、市場投入までの時間を短縮できます。すべてがリアルタイムで監視および報告されるため、開発者の目を逃れることはなく、エラーも少なくなります。インクリメンタルステップを使用すると、バッチサイズが小さいほどシンプルでリスクが低く、テストと展開が簡単になります。DevOpsは、手動リリースの代わりにCI / CDパイプラインを使用することにより、リードタイムを短縮します。 

③ さらなるイノベーション

DevOpsシステムは、自立したメカニズムとして実行されるように設計されており、外部または内部のサポートをあまり必要とせずにシームレスにソリューションを実装します。より多くのイノベーションの範囲があります。従業員は自動化の恩恵を受けており、新しいアイデアを模索し、実験的な概念に没頭することに時間を費やすことができます。同時に、フィードバックと配信サイクルが短いため、継続的に学習して改善する意欲があります。これにより、チームはより幸せで満足のいくものになり、企業全体でイノベーションの文化が育まれます。

無料見積もりはこちらから▶

④ 初期段階での欠陥検出

DevOpsとは?DevOpsのメリット3つと開発手法を解説

 

企業は、コードのテストとデバッグに多くの人を費やしています。DevOpsのおかげで、大きなセットのチェック頻度が低くなるのではなく、多くのコードが頻繁に記述および修正されるため、初期段階で欠陥に簡単に気付くことができます。変更はプロセス全体でシステム全体に行われるため、全面的にコースを修正する必要がありません。自動テストの利点もあります。これにより、回復までの時間も短縮されます。要件段階自体でテストを行うと、コストも削減されます。

顧客満足度の向上

Dzone.comによると、「アジャイルとDevOpsを組み合わせたユーザーの78%が、アジャイルのみのユーザーの58%に対して、カスタマーエクスペリエンスの向上を報告しました」が、DevOpsを使用している企業は「顧客満足度をさらに29%向上させました」。製品サイクルの短縮は、低コストの製品開発と顧客の低価格につながります。これは、DevOpsによって保証された優れた品質と相まって、完全な顧客満足につながり、期待以上のコストパフォーマンスを提供します。

スケーラビリティ

 

スケーラブルで高性能なデプロイメントは、DevOpsによって可能になります。企業は、リソースの消費に対応するために、柔軟性があり、需要が高いときにスケーラビリティを有効にする方法でシステムを構成する必要があります。ただし、DevOpsは、部門間の完全な通信、より高速なリカバリ時間、最小限のハードルとコード障害による合理化された展開という非常にコアな機能により、スケールアップに役立ちます。目標が共有され、リスクが軽減され、自動化が適切に実装されているため、企業のスケーラビリティが容易になります。

サービスの信頼性

信頼できる継続的なサービスを顧客に提供することは、企業にとって最優先事項です。DevOpsは、これをさまざまな方法で保証します。プロジェクトが大規模でシステムへのプレッシャーが増大する場合でも、配信はより小さなコンポーネントに分割され、継続的な成長はDevOps戦略によってサポートされます。更新、新しいリリース、および変更は、既存のデータ、システムおよびプロセスの整合性を維持しながら、迅速に組み込むことができます。 

⑧ 安定 

DevOpsは、企業の内部エコシステムを安定して効率的に維持する継続的デリバリーと統合のアプローチに従います。チームはアプローチが同期されているため、問題の開始時にも合理化されたプロセスを通じてソリューションを形成できます。 

すべての組織には、無駄のない構造を採用する前に対処すべき多くの既存の構造上のボトルネックがあるため、企業はDevOpsをサービス戦略と見なす前に課題を評価する必要があります。リーダーシップチームは、DevOpsの成功には文化の転換が必要であることを受け入れる必要があります。DevOpsツールはクラウドサービスを使用するため、セキュリティも注意を払うべき要素です。 

適切な計画とインフラストラクチャの再編成により、企業はDevOpsから最大のメリットを得ることができます。

 

オフショア開発サービスをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶