企業は顧客と一緒に製品研究に参加

 2020年05月04日

企業は顧客と一緒に製品研究に参加

専門家によると、第4次産業革命の背景において、過去3年間、アウトソーシング自体は変更し、「コード・テスト」、パートナーや顧客が以前と同じように要件と解決方法に与えた問題を実行することではなく、現在、ソフトウェアベトナム企業が製品研究の段階から顧客と一緒に深く参加しているという。

ソフトウェア・ITサービス協会(VINASA)によると、シンプルなアウトソーシングプロジェクトの割合は近年急速に減少しているという。アウトソーシングプロジェクトを専用するソフトウェア企業はまだあるが、この数は減少し続けているようである。多くの企業は、アウトソーシングをすると同時にパートナーや顧客と製品開発に参加することに向かっている。

企業の共有によると、最近、特に日本市場向けにやっている若いソフトウェア企業は、多くのアウトソーシング企業が、顧客へのサービス提供において、受動的な役割からより積極的な役割に移行していることがわかると、VINASA書記長が述べた。

”日本のパートナーにアウトソーシングしている活発な若いソフトウェア企業は、新たなアプローチをし、積極的に顧客のニーズを理解する。それに基づいて、顧客の問題を解決できるようなアプリケーションを開発して顧客に紹介する。お客様は、その製品が良好で適切であれば、さらなる開発のために投資する場合がある。このアプローチは企業に高く評価されており、他の企業に普及し、拡大し続ける”とGiangさんが言った。

ソフトウェアバリューチェーンの分析は低から高までの多くの段階がある。プログラミングやテストなどの低い段階(多くの企業が実行できる段階、または将来的に機械に置き換えることができる段階)でのみ作業している場合、企業の存在は困難である。

”現在、ソフトフェア開発の低い段階において、非常に競争力のあるコストでカンボジア、インドネシア、ミャンマーなどの国が参加している。また、ベトナムのIT給与が毎年急増しているため、企業がソフトウェアバリューチェーンの単純なタスクを実行するだけは企業の業績を維持することができなくなる。計算によると、会社がプロジェクト数80%の小規模プロジェクトまたは単純な仕事を続けると、今後3年間で会社は多くの困難に直面する可能性がある”。

アウトソーシングから、ソフトウェア会社が自社の製品を開発することに向ける

2019年4月中旬に発行された「Vietnam IT Landscape 2019」によると、アウトソーシング会社が製品を製造する方向に投資する活動は非常に強く行われているという。

VINASAの代表者は、「現在の傾向は、多くの若い活発な企業が日本市場にアウトソーシングサービスを提供していることの他、自社の製品を作るのに投資している。日本で顧客との展開に成功した後、ベトナムに展開される」と述べた。

ベトナムのソフトウェア企業の一部がアウトソーシング活動からの収益を使用して自社の技術製品を研究・開発することについて、VINASAの代表者は、ソフトウェア会社が自分で受付ロボットを製造することや、ショップ/スーパーマーケットの情報に答えるロボットを開発することという例を挙げた。

VINASAの代表者によると、新しいアプローチへの移行傾向、独自の製品開発の方向性を見つけることは現在、ベトナム北部の若いソフトウェアアウトソーシング企業のグループのみで実装されている。ベトナム南部のアウトソーシング企業は変わらず、古い方法でアウトソーシングを行っている。その理由としては、ベトナム南部のアウトソーシング企業がほとんどが大企業であり、転換も遅いかもしれない。中小企業は柔軟性が高く、新しい傾向をより迅速に把握することが多いだという。

Hachinetは、ベトナムで最良かつ最高品質のITアウトソーシング企業の1つであることを誇りを持っている。我々は最高のソフトウェアソリューションを提供し、お客様のすべての要求を満たす事ができる。

現在、Hachinetのパートナーの80%は日本のソフトウェア企業であり、当社のエンジニアは、高い技術を持つだけでなく、お客様と日本語で直接にコミュニケーションをとることができる。

Hachinetは、常にソフトウェアの品質と顧客の満足度を重視している。当社のITアウトソーシングサービスを選択すれば、製品が実装されてから納品されるまで安心できると信じる。

以下のアドレスにご連絡ください。

[email protected]