データセキュリティ (Data Security)!必要な理由や種類などを簡単にご紹介

 2021年06月28日

データセキュリティ (Data Security)!必要な理由や種類などを簡単にご紹介

世界は、インターネットとデジタルテクノロジーデバイスの急速な発展を目の当たりにしています。 この開発により、企業は機密情報システムだけでなく、ユーザーと顧客の情報とデータを簡単に保存できるようになります。 ただし、利便性とともに、サイバーセキュリティ攻撃による潜在的な危険性もあります。 そのため、ハチネットは、データセキュリティの重要性を誰もが理解できるように、すべての人にデータセキュリティについて紹介したいと考えています

 

1. データセキュリティの定義


データセキュリティは、ライフサイクル全体を通じて、デジタル情報を不正アクセス、破損、または盗難から保護するための慣行です。 これは、ハードウェアやストレージデバイスの物理的セキュリティから、管理およびアクセス制御、さらにはソフトウェアアプリケーションの論理的セキュリティまで、情報セキュリティのあらゆる側面を網羅する概念です。 また、組織のポリシーと手順も含まれています。

 

2. データセキュリティが必要な理由


エンドポイントセキュリティが大切な理由|株式会社FFRIセキュリティ-サイバーセキュリティ、エンドポイントセキュリティ

貴重なデータの損失または不正な開示は、組織にとって非常にコストがかかる可能性があります。これが、データセキュリティが非常に役立つ理由です。

2.1 すべての貴重な情報を保護

機密情報が漏洩することは決してありません。銀行の顧客の詳細について話しているのか、病院の患者の情報について話しているのか。これらは、すべての詮索好きな目のためのものではない重要な情報です。データセキュリティは、これらすべての情報を本来あるべき場所に正確に保持します。

2.2 あなたの評判にとって重要

秘密を守ることができる組織は、データが安全で安全であることを知っている顧客を含むすべての利害関係者の間で信頼を築くのにも役立ちます。

2.3 マーケティングと競争力

機密情報を違法なアクセスや開示から守ることで、競合他社に先んじることができます。将来の開発または拡張計画へのアクセスを防ぐことは、競争上の優位性を維持する上で重要です。

2.4 開発およびサポートコストの節約

セキュリティ機能をアプリケーションに早期にプラグインするほど、コード変更に関して将来のサポートおよび開発コストから発生する可能性のあるコストが少なくなります。

以上の理由の上、HACHINETはプロジェクトマネジメントに関するPMBOK [ProjectManagement Body of Knowledge ]ガイド、セキュリティポリシーおよび情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に準拠して事業リスク管理、情報セキュリティの確立、導入、運用、監視、見直し、維持および改善(PDCA)をしております。

 

3. データセキュリティの危険性


スマートな世界を〈守る〉そして〈創る〉セキュリティ|NTT R&D Website

今日のすべての企業にとって、データセキュリティは重要な問題です。ただし、すべてのサイバー脅威が同じ程度のリスクをもたらすわけではありません。企業は、これらの脅威に対してセキュリティ標準を強化することにより、比類のないデータ保護を提供するように取り組むことができます。一般的なデータセキュリティリスクは次のとおりです。

3.1 ソーシャルエンジニアリングの脆弱性

データ漏えいの非常に一般的なベクトルは、従業員をだまして資格情報を漏らしたり、マルウェアをインストールしたりすることです。 フィッシング、マルウェア、その他のソーシャルエンジニアリングの脆弱性を認識することは、すべての従業員にとって不可欠な教育です。

IT部門は、最新の傾向を常に把握し、標的型攻撃に注意を払い、従業員が何を探し、何をすべきかを確実に把握する必要があります。

3.2 データロス

イノベーション、データの民主化、コンプライアンスの精査のスピードに合わせるために、企業はデータ中心のアプローチとデータ損失防止を組み合わせる必要があります。

データセキュリティにデータ損失防止(DLP)アプローチを適用することで、セキュリティチームとデータ所有者は、企業の最も大切な資産である消費者データの安全性とプライバシーを自信を持って証明できます。

3.3 個人データのアクセシビリティ

好むと好まざるとにかかわらず、何百もの企業が、あなたの個人的な連絡先情報、生年月日、住所、収入レベル、いつでも地理的位置など、あなたに関するデータを保存しています。

企業は、顧客がこの情報を顧客に委託していることを覚えておく必要があります。そのため、適切なセキュリティプロトコルを介して、適切な人だけが適切なタイミングで情報にアクセスできるようにする必要があります。

3.4 インサイダーの脅威

本当の脅威がネットワーク内に隠れている可能性があるため、境界を保護するだけではもはや十分ではありません。 企業は、従業員、パートナー、サードパーティ、企業データにアクセスできる他の人など、内部関係者に特別な注意を払う必要があります。

これらの人々はあなたのビジネスの秘密を知っており、あなたの業務に影響を与える可能性があるため、アクセス権限を悪用しないようにすることが重要です。

3.5 安全でないアプリケーション

アプリケーションは、多くの場合APIやサードパーティチャネルを介して機密データを継続的に保存および送信し、攻撃対象領域を大幅に増やします。 安全でないアプリケーションが攻撃の大部分の原因ですが、ネットワークの保護にかなり多くの予算が費やされています。

エンタープライズアプリケーションを脅威モデル化し、最も重要なデータリスクが最初に軽減されるようにします。

3.6 訓練を受けていないエンドユーザー

最大のセキュリティリスクは従業員です。 電子メールのフィッシング、マルウェアのダウンロード、脆弱なパスワードの設定、アプリケーションでの機密データの取り扱いの誤りはすべて、企業にとって大きなリスクです。

そのため、継続的なトレーニングに投資することが重要です。 最も高価で最も効果的なセキュリティツールを使用できますが、エンドユーザーが最も弱いリンクであるかどうかは関係ありません。

3.7 サードパーティのリスク

企業が対処する必要のあるデータセキュリティの最大の問題は、サードパーティのリスクです。 組織はサードパーティとの関係にますます依存するようになり、多くのサードパーティは独自の外部ベンダーと契約しています。

その結果、企業のデータは、彼らが認識しているよりも広く広がる可能性があります。 これらのサードパーティとの関係を毎年評価および保護することは、リスクを正常に軽減するための1つのステップです。

3.8 データアクセスの監視の欠如

多くの場合、企業は自分が持っている機密データとそのデータに誰がアクセスできるかを知りません。 具体的には、従業員や請負業者に、実際に仕事に必要な以上の特権を付与します。 アクセスできるユーザーが多いほど、リスクは高くなります。

さらに、PIの過度の露出は、プライバシー法の重大な違反です。 これらのリスクを軽減するために、企業はデータを継続的に分類および監査する必要があります。

 

4. データセキュリティの種類


データセキュリティの重要性を理解することが、データを保護する計画を立てる際に役立ちます。次のHACHINETは、いくつかのデータセキュリティの種類を紹介したいと思います。

 

4.1 アクセス制御

このタイプのデータセキュリティ対策には、重要なシステムとデータへの物理的アクセスとデジタルアクセスの両方を制限することが含まれます。これには、すべてのコンピューターとデバイスが必須のログイン入力で保護されていること、および物理スペースに許可された担当者のみが入力できることを確認することが含まれます。

4.2 認証

アクセス制御と同様に、認証とは、ユーザーがデータにアクセスする前にユーザーを正確に識別することを特に指します。これには通常、パスワード、PIN番号、セキュリティトークン、スワイプカード、生体認証などが含まれます。 

4.3 バックアップとリカバリ

優れたデータセキュリティとは、システム障害、災害、データ破損、または侵害が発生した場合にデータに安全にアクセスする計画があることを意味します。必要に応じてリカバリするには、物理​​ディスク、ローカルネットワーク、クラウドなどの別の形式で保存されたバックアップデータコピーが必要です。 

4.4 データ消去

データを適切かつ定期的に廃棄する必要があります。データ消去は、ソフトウェアを使用して任意のストレージデバイス上のデータを完全に上書きし、標準のデータ消去よりも安全です。データ消去は、データが回復不能であり、したがって悪意のある人の手に渡らないことを確認します。 

4.5 データマスキング

データマスキングソフトウェアを使用することにより、プロキシ文字で文字や数字を隠すことで情報が隠されます。これにより、許可されていない第三者がアクセスした場合でも、重要な情報が効果的にマスクされます。許可されたユーザーがデータを受信した場合にのみ、データは元の形式に戻ります。

4.6 データの復元力

包括的なデータセキュリティとは、システムが障害に耐えたり、障害から回復したりできることを意味します。ハードウェアとソフトウェアに復元力を組み込むことは、停電や自然災害などのイベントがセキュリティを危険にさらすことはないことを意味します。 

4.7 暗号化

コンピュータアルゴリズムは、暗号化キーを介してテキスト文字を読み取り不可能な形式に変換します。適切な対応するキーを持つ許可されたユーザーのみが、情報のロックを解除してアクセスできます。ファイルやデータベースから電子メール通信に至るまで、すべてをある程度暗号化することができます。

 

5. データセキュリティの主な要素


データセキュリティには、すべての組織が順守する必要のある3つのコア要素があります。機密性、整合性、および可用性です。 これらの概念はCIAトライアドとも呼ばれ、一流のデータセキュリティセキュリティモデルおよびフレームワークとして機能します。

 機密データを不正アクセスやデータ漏えいから保護するという観点から、各コア要素が意味することは次のとおりです。

✔️機密性(Confidentiality):適切な資格情報を持つ許可されたユーザーのみがデータにアクセスできるようにします。

✔️整合性(Integrity):保存されているすべてのデータが信頼性が高く、正確であり、不当な変更の対象にならないようにします。

✔️可用性(Availability)データに簡単かつ安全にアクセスでき、継続的なビジネスニーズに対応できるようにします。

 

6. 能力とソリューション


適切なテクノロジーとサイバー衛生のベストプラクティスに加えて、継続的なデータセキュリティを確保するために、企業には次のビジネスプロセス機能とソリューションも必要です。

 √ダウンロード Iphone セキュリティ ソフト 無料

 

6.1 データがどこにあるかを知る

すべてのデータがいつでもどこにあるかを知ることが重要です。これには、現在使用しているデータと、削除または廃止する必要のあるデータが含まれます。データを常に可視化できるテクノロジーとプロセスの両方が整っていることを確認してください。

 

6.2 ユーザーアクセスの追跡

データセキュリティに対する最大の危険の1つは、内部の担当者がアクセスしてはならないデータにアクセスすることです。したがって、ユーザーアクセスを追跡して、適切なユーザーだけが最も機密性の高いデータにアクセスしていることを確認する必要があります。 

6.3 リスクの高い活動のブロック

すべてのデータ処理アクションが同じように作成されるわけではありません。個人は、電子メールを介して暗号化されていない形式で機密情報を送信するなど、リスクの高い活動やデータ移動に従事することができます。リスクの高いすべての活動をブロックするシステムとソフトウェアを導入する必要があります。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶