スクラムとカンバンの違い | ベトナムオフショア開発サービス

 2021年08月27日

スクラムとカンバンの違い | ベトナムオフショア開発サービス

スクラムとカンバンはしばしば同じ意味で使用され、同義語として誤解される2つの単語です。実際、スクラムカンバンの2つの方法は異なり、多くの場合にはスクラムバンに組み合わせます。 2つの方法の違いを理解すると、会社に最適な方法を選択するのに役立つと思います。

1. カンバンとは


KANBAN - Việt Quality

カンバンとはトヨタ自動車から開発したのが始まる用語です。トヨタ自動車はインテリジェント企業管理の方式であり、日本の経済を発展することに貢献し、日本における大規模製造業の管理基準であります。

カンバンは日本語でビルボードまたは看板を意味します。

それは4つの基本原則に分けることができます。

1.1 プロジェクト計画を視覚化

カンバンはプロジェクト計画を視覚化するためにツールです。カンバンボードは仕事の状態に適するコラムを含まり、Trelloなど物理ボードまたはカンバンサポートソフトウェアを使用することができます。

1.2 進行中の作業制限 (Limit WIP – Limit Work In Progress)

同時進行できる作業量を制限するのは必要があります。

この原則は過程中に「ほぼ完了」状態の作業の量を減らすのに役立ち、それによって各作業がカンバンシステムを通過する時を短縮します。さらに、進行中の作業制限原則はチームが仕事に集中するのに役立ちます。異なる作業を切り替えて時間を無駄に必要がなくなります。

1.3 ワークフローに集中

進行中の作業制限原則を導入し、チームに向ける政策を開発することにより、カンバンシステムを最適化することができます。フローを管理し、改善することでリードタイムを短縮し、フローが円滑になります。

1.4 継続的に改善

チームは製品を作成するのリードと質量などを確認することで効率を測定します。そこから、カンバンはチームの効率的を向上するために分析して、実験してシステムを変更するということです。

 

2. スクラムとは


Scrum là gì? Tìm hiểu mô hình Scrum được áp dụng ở doanh nghiệp Việt -  Thegioididong.com

スクラムはアジャイル開発手法の一つです。スクラムは経験的プロセス制御に基づいて構築され、「Empiricism」としても知られています。この理論は知識が経験から生まれ、意思決定が既知のものに基づいていると述べています。これは、特に不安定なソフトウェア開発環境において、リスクを軽減し、正確を高めるのに役立ちます。

スクラムの概念の最も簡単な例は渡り鳥の群れです。渡り鳥の群れは旅路に青図を持っていませんが、各地域の気候条件に継続的に観察し、適応することによって馴染みのない地域へ移動できます。

スクラムでは、経験的プロセス制御の実現は、透明性(transparency)、検査 (inspection) および適応(adaptation)という3つの主要なアイデアに依存しています。

2.1 透明性 (transparency)

透明性は結果に影響を与えるプロセスの側面が、結果を管理する人々に見えることを保証します。透明性はその要素が基準に基づいて定義される必要があります。それらは観察者が見られていることを知ることに役立ちます。

2.2 検査 (inspection) 

スクラムのユーザーはプロセスの様々な側面を十分に頻繁に検査して、プロセス内の許容できない変動を検出できるようにする必要があります。検査の頻度は業務に影響を与えないために、検査の行為によって変更されます。検査は仕事の重要なポイントで熟練した人によって実行されるときに最も役立ちます。

2.3 適応 (adaptation)

検査の結果、プロセスの1つ以上の側面が許容限度を超えており、結果として得られる製品が受け入れられないと検査官が判断した場合、検査者は材料((処理済み材料)を調整する必要があります。それ以上の偏差を最小限に抑えるために、調整はできるだけ迅速に行う必要があります。

3つの主要なアイデアすべてが統一された全体であることを保証する必要があります。

 

3. スクラムとカンバンの比較


Scrum vs Kanban: Deciding New Agile Benchmark

「スクラム」「カンバン」は同じイデオロギーを根ざしています。しかし、二つの方法の実現するのは異なります。

3.1 スクラムとカンバンの類似点

  • スクラムとカンバンの両方の方法は、大きくて複雑なタスクを小さなチャンクに分割し、特定のプロセスに従ってそれらを完了します。
  • 両方の方法は継続的に改善し、業務とプロセスを最適化します。
  • 両方の方法はワークフローに集中して、チームメンバーがプロセスに参加するように促します。

3.2 スクラムとカンバンの相違点

スクラムは製品とプロジェクト開発に最適な方法です。カンバンは製造をサポートするために最適な方法です。

相違点はスクラムカンバンの実際的応用です。スクラムとカンバンの間には大きく異なる点が3つがあります。

  • 企画し、繰り替えする

スクラムの方法はスケジュールを強調します。スクラムのチームは完了する必要があるタスクの優先リストを提供して、機能を完了して、顧客に出荷します。チームはスプリント内で完了することができると認識したタスクを引き受けることを決定する必要があります。

二週間ごとにチームは顧客に完成品を出荷します。その後、当事者は改善について会議を行って、プロセスの最適化について話し合って、次のスプリントに切り替えます。そのプロセスは繰り返し

ワークフローを正確に予測することができ、効率的に管理します。

カンバンはタイムボックスまたは繰り返すプロセスがありません。継続的な改善は製品完了のプロセスに継続的に実践します。

  • 役割と責任

スクラムチームでは、PO、スクラムマスター、および開発チームの少なくとも3つの当事者が作業処理を指定できます。各当事者は別々の責任に拘束されており、要求と完成品のバランスを当てるために協力する必要があります。スクラムチームは業務を完全するためにすべての必要なリソースがあります。

カンバン方法は役割について規定がありません。1人がプロジェクトマネージャーまたはスーパーバイザーの役割を担うという意味です。特に大規模で複雑なカンバンプロジェクトでは役割に規定がありません。カンバンチームはスクラム方法のように対人関係のグループである必要はありません。

  • 管理ボード

スクラムボードにはワークフローの階段を反映するようにラベルをコラムに付けられています。タスクは順番に実行され、各スプリントを数週間ですべて実行します。それらを完了状態に移動し、最後にスタンバイ状態があるスプリントを処理します。

カンバンボードは「flow of work」とういう状態を表示するためにラベルをコラムに付けられています。各のコラムは異なる限界があり、時間を要求する必要がありませんから、スクラム方法のようにプロセスを繰り返しません。プロセスは追加されるタスクで続き実行され、必要に応じて再評価されます。

 

4. まとめ


では、どちらの方法は良いでしょうか。適当な方法を選択するように自企業のニーズ、戦略を検討する必要があります。また、企業はスクラム方法とカンバン方法を組み合わせるスクラムバン方法を使用することもできます。スクラムバンは複雑なプロジェクトを管理するために簡単なプロセスとして紹介します。現在、スクラムバンWebサイト開発、システム開発またはメンテナンスのとき最高に導入します。

弊社では専門的にITオフショア開発を中心で事業を行っております。

弊社が対応するサービスは下記となります。

① ウエブアプリケーション(.NET , JAVA, PHP,..)

➂ モバイルアプリケーション: IOS (Swift, Object C), Android (Kotlin, Android)

④ システム構築 (Cobol , ERP ...)

⑤ DXソリューション

⑥  新技術 (Blockchain ...)

 

ベトナムでオフショア開発取引先をお探しの場合は、弊社ハチネットでは完全な企業メカニズムシステム、多様な開発言語、DEVWORKシステムは豊富な人材を採用、ベトナムのオフショア開発におけるトップ10企業の1つです。

現在、ハチネットの顧客は八割日本企業です。弊社のエンジニアは、技術系の豊富な知識だけでなく、専門的な日本語で日本客とやり取りして、お互いの目的を達成します。お客様に届けた書類・ドキュメントは全部日本語で対応・提供します。

ハチネットでは、常にソフトウェアの品質と顧客の満足度を重視しています。弊社のサービスをご利用になるお客様には、品質をはじめ、責任もちゃんと持っております。計画段階から保守まで、さまざまな工程を正確に実地して、納品期間を守ると保証しております。

弊社のサービスにご興味がございましたら、こちらのメールアドレスにご連絡お願いします。ご連絡をお待ちしております。

 

オフショア開発でERPシステムをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶