日本の投資動向を歓迎

 2020年05月20日

日本の投資動向を歓迎

日本は、日本企業が工場と製造拠点を中国からの移転を支援する為の経済救済パッケージの22億ドルを使用する。この機会に、ホーチミン市の日本貿易振興機構(JETRO)のHirai Shinji氏は、ベトナムがオルタナティブ投資拠点となる見通しを共有した。

1.Hirai Shinji氏は、日本企業の投資動向において、ベトナムの機会を評価する。

Covid-19の影響は我々に貴重な勉強を教えた。それは、ある国の原材料のサプライチェーンに依存しすぎている予期しない災害に直面する経済の脆弱性である。4月上旬、日本の経済産業省(METI) は、デュアルサプライチェーンでより回復力のある経済を構築する計画を発表した。

METIは、日本への移転を支援するだけでなく、設備や製造工場をASEAN加盟国などの他の投資場所に移動したい日本企業を支援する。特に、ベトナムはCovid-19からの回復後、強力な経済成長を示す強力な国となる。ベトナムのリスク管理能力は、政府が疾病対策を十分に実施している場合、日本企業から積極的に評価されている。

2.日本の投資資金を誘致する時、近隣諸国と比較して、ベトナムの利点

日本企業は、ベトナムの投資環境を他のASEAN諸国よりも高く評価する。市場の規模や経済成長、安定した社会政治的状況、外国人にとって理想的な生活環境などを含む。また、ベトナム政府は、法制度、課税、税務手続き、行政手続きの改善にも取り組んでいる。

ベトナムの人件費は年々着実に増加しているが、この問題は主に輸出市場向けの生産に投資する企業にのみ影響する。国内企業に供給する製造業は問題ないと思われる。現在、多くの日本企業がベトナムへの投資を国内市場に向けて拡大している。

3.ベトナム国内市場の開拓に力を入れている日本企業の動向

かつてタイはASEANにおける日本企業にとって最も人気のある投資先であった。3年前だと、日本の投資家はベトナムではなくタイでビジネスを行うことを選択したが、日本の投資家がベトナム市場の魅力を見出し始めた時に、この傾向が変化した。

近年、日本企業は、ベトナムでの事業活動を拡大している。特に、イオン、コンビニエンスストア、ファミリーマート、ミニストップ、セブンイレブンなどの小売・サービスやユニクロショップがホーチミン市とハノイにオープンしたことも、ベトナムが非常に潜在的な市場であることを示している。

4. 将来的にベトナム国内に工場を設立する日本企業の予定

日本企業は、投資を行う前に、市場調査を行う。各企業によって、日本の小売チェーンや個々の流通チャネルを通じて製品を陳列するなど、ベトナムの消費者の趣味を理解する独自の戦略を持っている。

まず、日本からベトナムに製品を輸入して販売する。その後、ほとんどの顧客の趣味に合わせて製品やサービスを徐々に調整する。ビジネスが繁栄するにつれて、彼らはベトナムに工場を設立する計画を検討する。

インスタントラーメンメーカーのAcecookの成功は、多くの日本企業に影響を与えた。Acecookはベトナム国内需要を満たすためにベトナムに製造施設を開発した。長年の営業実績を経て、Acecookはさまざまな顧客セグメントをターゲットにした多様な製品でベトナムで有名なブランドになった。