×

DXソリューションはなぜ必要か、DXの事例についてご紹介

近年、多くの企業が取り組んでいるDX(デジタルトランスフォーメーション)。今や全世界で叫ばれているこの言葉は、単なるデジタル化を意味するのではなく、もっと大きな変革として捉えなくてはなりません。

DXソリューションはなぜ必要か、DXの事例についてご紹介

 2021年05月19日

DXソリューションはなぜ必要か、DXの事例についてご紹介

近年、多くの企業が取り組んでいるDX(デジタルトランスフォーメーション)。今や全世界で叫ばれているこの言葉は、単なるデジタル化を意味するのではなく、もっと大きな変革として捉えなくてはなりません。

今回はこのDXの定義と成功事例、当社のDXソリューション提供事業についてご紹介します。

 

1. DXとは?


デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)は頭文字をとれば、「DT」と略されるのが素直なように感じます。英語圏では接頭辞「Trans」を省略する際にXと表記することが多いため、「Transformation」が「X」に代わり、「Digital Transformation」⇒「DX」と表記するようです。

デジタルトランスフォーメーションは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義されています。 

デジタルトランスフォーメーション(DX)は伝統的に企業の未来で、デジタルトランスフォーメーションを運行すると、デジタルトランスフォーメーションの意味を実現することです。 

 

2. なぜ今デジタルトランスフォーメーション(DX)が必要なのか


デジタルトランスフォーメーション(DX)を説得するために専門家によって与えられた理由のいくつかは、本当に必要なもので、テクノロジーアプリケーションの間にデータに基づいてしなければならないものでっす。次のようないくつかの理由があります。

  • 伝統的に運営されている市場に対応して、デジタル技術の拡大に伴い、データが急速に増加することです。
  • 旧世代のコンピュータの劣化による変更の必要性。
  • 技術開発による高度な情報技術要員の不足。
  • 既存のシステムやデータが複雑化・老朽化しすぎているため刷新の負荷が高い。

したがって、デジタルトランスフォーメーションのメリットを活用することは、迅速に適応しない企業があるに陥ることを回避するためです。企業はテクノロジーの力と利点を生かして活用できます。

また、COVID-19の流行によって、人々の生活様式は大きく変化しました。中でも利用頻度が劇的に高まったツールの1つが、オンライン会議ソフトではないでしょうか。私たちも日々の取材や会議など、あらゆるシーンで活用する機会が増えています。企業や組織は、集中型の作業からリモート作業に移行します。日本企業と同様に、遠隔地での作業環境の構築が必要になっています。これは、オフショアサービス全般、特に新しいオフショアモデル(DXソリューションを使用)を開発する機会です。

 

3.デジタルトランスフォーメーションの事例について


次のようにデジタルトランスフォーメーションの事例を紹介します。

3.1 4G(LTE)ネットワークを立ち上げること

  • 背景:最速の4G(LTE)ネットワークを立ち上げることを目指しました。
  • ソリューション:テスト管理、ネットワークエンジニア、BSS統合など1から10までのプログラミングを提供しました。

3.2 デジタルトランスフォーメーション

  • 背景:ビジネスで技術を向上するように、デジタルトランスフォーメーションの過程にしています。このプロジェクトには、「移行スキル評価」、「メンバーシップとイベント」「プロフェッショナルパートナーシッププログラム(PPP)」という複数のステップがあります。
  • ソリューション:DXも複数のブラウザー間で並列テストを支援し、ユーザーフレンドリーなレポートの形式で結果を表示する可能があります。内部で開発された自動化テストフレームワークであるDXTFも展開しました。
  • 結果:多数の欠陥とリスク管理を特定して解決するようにサポートしました。更に、 Automation-as-a-Service(AaaS)は、開発でプラットフォームの安定性を確保するために運用されています。

 

4. DXを導入するためのステップ


DXを導入するステップは5つあり、それぞれを少し丁寧に検証して導入していくと、DXの実現を着実に進められます。

  • ステップ:1デジタル化

デジタル化とは、Web上のアプリやクラウドサービスなどを積極的に導入していく段階のこと。さまざまなツールをデジタルに置き換えて、データを蓄積していくのです。

  • ステップ2:業務の効率化

業務の効率化とは、デジタル化によって蓄積したデータを部門ごとに活用していく段階のこと。「IT革命」はこの段階に至るまでの変化をもたらしました。また業務の効率化を図れば、生産性の向上も期待できるのです。

  • ステップ3:データの共通化

データの共通化とは、部門内だけでデータの共通化を図るだけでなく、全社的にデータを活用するための基盤を構築していく段階のこと。全社的な共通のKPIを設定し、仮説を立て、施策を実施し、データで検証するというサイクルを回していきます。

  • ステップ 4:組織化

組織化とは、ここまで構築してきた基盤を活用して、効率的にデータを運用する組織をつくる段階のこと。目的は、組織をしっかりと固め、運用体制を確立し、業務フローを明確化することです。

  • ステップ5:最適化と事業計画への反映

最適化と事業計画への反映とは、事業活動そのものにイノベーションを起こす段階のこと。DXの最終段階で、目的は、蓄積されたデータから事業計画をブラッシュアップしていくことです。

 

5. HachinetのDXソリューション提供事業


以下のように当社のDXソリューション提供事業についてご紹介します。

  • DX関連システムのコンサルティング、開発
  • OCR、Chatbotソリューション等を提供
  • 顧客向けソリューション提供
  • ECパッケージを提供
  • ERP/CRMソリューション提供

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。