エッジコンピューティングーのご紹介|メリット、アプリケーション等

 2021年05月21日

エッジコンピューティングーのご紹介|メリット、アプリケーション等

Amazon, Microsoft, or Googleなど ビッグ、テック企業は管理のために個人情報委託されます。そのデータはメール、画像などがあります。IoTモノのインターネット」業界には現在、その企業はデータやテレビ、冷蔵庫、エアコン、車など他のものを管理します。

では、この情報はエッジコンピューティングにどうのようにかんれんしますかHACHINETエッジコンピューティングとは何かと解説します。

2020に300億のIoTによりは世界で開発される見込みだということです。クラウドに保存されるデータの量は想像しにくいです。 

皆様はクラウドコンピューティングを知っているかもしれません。でももう一度述べます、簡単に言えば、クラウドコンピューティングは多くのデータセンターまで情報を配信して、処理して、ユーザーの設備に結果を届けます。

2018年における、クラウドコンピューティングの時代であり、データはデバイスではなくデータセンターで処理されます。AppleのiCloud、GoogleのGoogleドライブ、Dropboxなどを多くのクラウドコンピューティングサービスを利用しています。

したがって、ビジネス向けのIoTアプリを構築したり、製品を最適化したりする場合は、エッジコンピューティングが最適で安全な選択です

 

1.エッジコンピューティングーとは何か?


Healthcare and edge computing: responsive healthcare

エッジコンピューティングーとはIoT端末などのデバイスそのものや、その近くに設置されたサーバでデータ処理、分析を行う分散コンピューティングの概念である。

名前と同じ、インターネットが終わり、全ての実現世界の活動が始めるエッジのネットワークについて話しています。簡単に言えば、そのテクニカルモジュールでデータセンターはセンターであり、スイッチ、ルートなどゲートウェイデバイスはエッジであります。

データがあるIoTはエッジでそのデバイスまで送信し、ネットワークに処理者はデータを処理分析します。

2020年における、業務と政府で使用されるIoT デバイスは58億デバイスです。IoT デバイスは常にデータ処理の可能を付けない、フォグコンピューティングがこの業務に適しています。

 

2.どうやってエッジコンピューティングが機能する?


Professional Cloud Services Market: Maintaining a Strong Outlook – Here's  Why – Business

実生活でどうやってエッジコンピューティングが機能するを説明するためにスマートデバイスからの例を取ることができます。それぞれの IoTセンサは1秒あたり大量のデータを作成されます。データはすぐにクラウドコンピューティングのデータベース統合に配信されます。そこでデータは処理、保存されます。

いつか機能が要求されば、アーバーは応答をデバイスに送り返し、データを分析します。

プロセスの過程を完了するために1秒しかをかかない、ときどき遅延と中断の応答などいつかエラーがあります。これは、ネットワークの問題、インターネット接続の弱さ、またはデータセンターがデバイスから離れすぎていることが原因である可能性があります。

エッジコンピューティングの場合はIoTセンサーから取得したデータを配信する必要はありません。デバイスまたはネットワークノードはアクションが要求されば、データを処理し、応答します。

センサーとデバイスをリモートで展開するには、リアルタイムのプロセスが必要です。ほとんどの場合、意思決定をマイクロ秒単位で行う必要がある場合、集中型クラウドシステムは通常比較的低速です。

それらは弱い接続の地域にIoTデバイスの特に正しいです。しかし、リアルタイムプロセスの機能はクラウドで処理する必要があります。例えば、天気モニターコンパイルーされるデータはリアルタイムでスーパーコンピューターに送信する必要があります。

エッジコンピューティングとともにIoTデバイスはインタネット接続を依存しなくなり、独立なネットワークノードなど機能できます。

無料見積もりはこちらから▶

 

3.エッジコンピューティングのメリット


FOKUS | 3rd Edge Computing Forum

エッジコンピューティングは最適化処理のために、計算資源の範囲を明確にします。

  • 時間保存のデータはローカルプロセッサの起点に処理できます
  • 中間サーバーはソースに近い場所があるデータを処理するために使用できます。(リソースの近くでリアルタイムの決定を行う必要がありますが、これは許容できる中程度の遅延であると想定されます)。クラウドサーバーは、時間保存のデータが少なくなることを処理したり、長期的なデータを保存したりするために使用できます。IoTでは、このマニフェストをアナリティクスダッシュボードで確認できます。
  • エッジアップサーバーは移転する必要があるデータの量を大幅に削減します。データの交通量と隔離が転送され、送電コストとレイテンシを低減し、サービスの質量を改善します。
  • エッジコンピューティングは、コアコンピューティング環境への依存を強調することにより、大きなボトルネックと潜在的なエラーを排除します。
  • 無制限のスケーラビリティとセキュリティ:クラウドとは異なり、エッジコンピューティングでは、利用可能なストレージを参照せずに、必要に応じてIoTネットワークを拡張できます。

 

4.将来にエッジコンピューティングの潜在的


Edge Computing Smart Data - Blog | Cognex

強力な将来のコンピュータケーススタディを持つ業界は次に述べされます。

  • 観光旅行、製造、供給
  • エネルギー
  • 小売り
  • 健康管理
  • ユーティリティ

上記のリストに従ってどのように使用されるかを述べるために、3つのエッジコンピューティングIoT事例を示します。

 

4.1.自動運転者

10 Rules for Cities Thinking About Automated Vehicles | 7wData

自動運転車は、最も重要なIoTコンピューターのケーススタディの1つです。

単純な交通手段は、歩行者が道を渡るとき停止する必要があるかどうかを決定するために、リモートサーバーに依存することはできません。すぐに決定する必要があります。インターネット接続に関係なく、データはオンプレミスで処理する必要があります。

またこれらの交通手段(道路上でも)は、事故、気象条件、交通、またはラウンドアバウトに関するデータをリモートサーバーに送信する必要がないため、より効率的に通信できます。

 

4.2.ヘルスケア機器 

Healthcare gone to the dogs in North Windward? » EntornoInteligente

もう一つ事例はエッジコンピューティング健康業界や他のウェアラブルデバイスに適用されていることです。患者の慢性状態を監視するために遠隔治療を使用するとき、それらは救世主になることができます。

例えば、心拍数モニターは健康のデータを独立に分析する可能があり、警告するためにな介護者に必要な応答を提供できます。

ロボット支援手術は、特に1秒あたりのナノが生と死の違いを意味する場合のヘルスケアにおけるもう1つの代表的な例です。これらのロボットは、安全、高速、正確な外科的支援を提供するために、データを独自に分析する必要があります。

 

4.3.セキュリティ

What Questions to Ask Your Vendors About Data Security | SmartAction

どのセキュリティシステムも数秒以内にセキュリティの脅威に対応できるため、監視システムにエッジコンピューティングを使用するのは理由にかなっています。

したがって、デバイス上のビデオ処理により、カメラはあらゆる動きを検出し、侵入者を特定し、侵入や疑わしい活動が発生した場合にユーザーに警告することが出来ます。

これらのカメラは、処理のために大量の生データをサーバーに送信する代わりに、インターネットのトラフィックを節約し、帯域幅とクラウドストレージを削減しながら、正確な応答を向上させることが出来ます。

 

4.4.他のエッジコンピューティングのアップ事例

富士通 ESPRIMO(エスプリモ)エッジコンピューティングシリーズ Z0110/W製品詳細 - FMWORLD(法人) : 富士通

交通信号と風力原動機は、24時間年中無休でクラウドと通信する必要がなく「サーバーに接続できる場合もあります」、自動化されています。

街灯は、リモートクラウドによって仲介されるのではなく、相互に直接通信することにより、自律的で自立したシステムを作成できます。

農業用スマートセンサーは、近くの作物に水をやるときや肥料を追加するときを決定するために中央サーバーに切り替える必要はありません。彼らは日常のタスクを自分でスムーズに実行し、メインクラウドと同期することができます。

ハチネットソフトウェア」は、お客様やパートナーに満足を常にもたらすダイナミックな熱心なチームによるベトナムにおいてソフトウェアサービスです。私たちは以下を専門としています。

  1. Webアプリケーション.NETJAVAPHPなど)
  2. フレームワーク(ASP、MVC、AngularJS、Angular6、Node JSVue.JS
  3. モバイルアプリケーション:IOS(Swift、Object C)、Android(Kotlin、Android)
  4. システムアプリケーション(CobolERPなど)、
  5. 新技術(Blockchain、 etc、など)。

 

オフショア開発でERPシステムをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

無料見積もりはこちらから▶