アウトソーシングプロジェクトを開発する際によくある5つの間違い

 2021年03月12日

アウトソーシングプロジェクトを開発する際によくある5つの間違い

規模や構造に関係なく、すべてのビジネスは、社内ですべての作業負荷を引き受けるのではなく、その作業の一部を専門家や請負業者にアウトソーシングすることで利益を得る可能性があります。 プロジェクトと労働力をアウトソーシングすることで、コストを削減し、競合他社を凌駕するために必要な時間と競争上の優位性を得ることができます。

ソフトウェアチーム開発拡張で一般的な5つの間違いを見てみましょう。これらの間違いは、通常、テクノロジービジネスと外部委託されたチームプロバイダーとの間のパートナーシップの失敗につながります。 この認識は、同じ間違いを避けるのに役立つはずです。
 

1. 目的を明確しない


アウトソーシング業者との健全な関係は、明確なコミュニケーションから始めなければなりません。 あなたが彼らに仕事に対する詳細な指示と期待を与えなければ、あなたの請負業者は質の高い仕事を提供することができません。 多くの中小企業は、コミュニケーションが最初は透明ではないため、アウトソーシングパートナーに失望します。 アウトソーシングパートナーと契約を結ぶ前に、両方が次のことに同意する必要があります。

  • 生産性と期限のスケジュール
  • 進捗状況がどのように報告され、どのようにフィードバックを提供するか
  • お支払いの計画とスケジュール 
  • 両方のコミュニケーション

 

2. アウトソーシングパートナーの信頼が少ないすぎるか多すぎる


アウトソーシングパートナーとの関係を良好なものにするには、時間をかけて信頼を築く必要があります。 あなたの専門的な関係のステップをスキップしたり、手綱をきつく締めすぎたりすると、長期的に対立や悪い結果につながる可能性があります。 最初は、プロジェクトを細かく管理しようとし、チェックインの頻度が高すぎて、請負業者に効果的に作業するためのスペースと時間を与えない可能性があります。 ただし、彼らが何ができるかを確認し、実際に外部委託業者で可能な時間とコストの節約を確認するには、彼らにある程度の自由を与える必要があります。

自社が彼らの仕事に満足しているなら、請負業者にもっと与えたくなるかもしれません。 ただし、最初に合意した戦略で作業する必要があることを忘れないでください。 すべてを外部委託する必要はありません。請負業者の作業負荷を増やすと、専門家との関係に負担がかかる可能性があります。

 

3.面接プロセスがスキップする


戦略的な面接プロセスがない場合、信頼できる熟練したオンラインフリーランサーを雇う可能性は大幅に低下します。候補者に面接し、次のような条件は必要です:

  • チームと適切にコミュニケーションをとることができます
  • 以前および現在のクライアントからの強力なレビューまたは紹介があります
  • 自社が必要とする利用可能な労働時間を持っています
  • 会社の価値観や文化をよく理解し、それと調和します
  • 目標に対して費用効果がありますが、品質を犠牲にすることはありません

文化の違いはあなたの仕事上の関係に影響を与える可能性があります。 しかし、直接会うか、請負業者と電話で会うまで、これに気付かないかもしれません。 各候補者との個人面接は、関係の長所と潜在的な短所を特定するのに役立ち、外部委託された仕事に適した会社を選択するのに役立ちます。 

 

4. 基本的な技術の専門知識の欠如


アウトソーシング企業は技術的な専門知識を持っていますが、プロジェクトの最後にすべてがうまく調整されていると想定しているわけではありません。したがって、定期的な監視が重要です。 あなたの側の技術的知識の欠如は、プロジェクトにいくつかの大きなリスクを課す可能性があります。

日常的にプロジェクトを自分で管理する立場にない場合は、プロジェクトを管理し、プロジェクトに対してコンサルティングアプローチをとることができる社内の担当者またはプロジェクトマネージャーが必要です。

このようなパートナーを選択すると、技術的なアップグレードや実装に悩まされるというプレッシャーから解放され、プロジェクトに最新のテクノロジーを活用できるというメリットも得られます。 

 

5.品質保証またはテストを過小評価している


プロジェクトの進行中にプロジェクトをテストすることは、最終的なプロジェクトが強力であり、本来の機能を果たしていることを保証するために不可欠です。

実際、テスターは最初から開発プロセスに関与する必要があります。そうしないと、最終的に大量のバグに遭遇する可能性があります。 したがって、ソフトウェアが適切にテストされていることを確認してください。 

構築するものが何であれ、ソフトウェアテストは最初からソフトウェア開発プロセスの不可欠な部分である必要があります。品質保証は、理想的には、開発プロジェクトのためにあなたと協力しているのと同じ会社によって行われるべきです。 

 

6.まとめ

アウトソーシング時、企業が犯す可能性のある多くの間違いがあります。この間違いを回避する最善の方法は、事前に開発チームと話し合うことです。 双方が正しく明確な期待を持っていることを確認し、これは平等なパートナーシップであり、物事は常に話し合う必要があることを忘れないでください。

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶