ハノイにある韓国人街と日本人街

 2020年06月09日

ハノイにある韓国人街と日本人街

Tran Duy Hung通りからNguyen Thi Dinh、Nguyen Thi Thap、Hoang Ngan通りに曲がると、多くの韓国人が住んでいるため、この地域は韓国人街として知られている。近年、ハノイで暮らしている韓国人コミュニティはますます混雑している。

そのため、レストランやスーパーマーケットから韓国語の看板がある食料品店への韓国人向けのサービスが発展している。韓国料理レストランの他、韓国から輸入された多様な食品を売る韓国のスーパーも多くある。韓国語ができるスタッフが多くなり、カラオケにも韓国語版がある。

すべての韓国人が住むTrung Hoa Nhan Chinhと異なり、My Dinhは主に豪華なヴィラやアパートに住すお金持ちの韓国人のエリアだと知られている。 The Manorへの市街地の両側に沿って、韓国人のニーズを満たすためのサービスの不足ではなく ここのショップ、飲食店、美容サービスも豪華で、より高価である。

Keangnamビルは多くの韓国人が生活し、働く場所でも知られている。ここのオフィスを借りている企業はほとんど韓国から来たので、隣接する2つのアパートが韓国人が定住する場所として選択されている。また、韓国人の顧客のニーズを満たすために、韓国語できるスタッフはスーパーやレストランで求められる。

日本人街と言えば、ハノイの人々はすぐにキム・マー通り、リン・ラン通り、ダオタン(バーディン区)を思い浮かぶ。 このエリアは長い間、日本人街だとと考えられる。 理由としては、このエリアはベトナム人に日本語を教えるベトナム日本文化交流センターがあり、日本人がたくさん住んでいるのである。また、リウジャイ通りに日本大使館があり、多くの日本企業が集まっている。

日本人町は非常に多様で、ほとんどのレストラン、化粧品店、スーパーマーケットが日本の看板を付け、主に日本の顧客にサービスを提供している。特に、キムマ通りだけでは、ボイプック寺院からキムマ、ゴックカーン、ザンボーの3つの区にあるヌイトラック交差点まで普通なレストランから高級レストランまで約20個がある。

この通りを歩くと、ハノイの人々は、日本語での挨拶をするレストランの玄関に立っている着物姿の女の子たちに慣れた。

現在、ハノイに住んでいる韓国人の数が増加している傾向がある。 彼らは、老人組合、韓国社会、女性組合、サッカー協会、商人協会などのが集まる。.幼稚園から中等学校と高校まで、十分である。ほとんどの韓国人は、ベトナムの交通は非常に危険だと考えているので、彼らは自分で運転することをしずに、タクシーで移動することがよくある。

韓国人ほど混んでいないハノイの日本人は、高級マンションに住んでいることが多く、目立たずに要求も厳しいである。PMC不動産会社のビジネス開発ディレクターグエンビッチソン氏は、ハノイの高級マンション市場の最大のテナントは、日本人と韓国人であると述べた。

トゥンホア-ナンチンおよびミディンエリアに集中する最も混雑した韓国人コミュニティ。家賃が安いので最近ハドンに家を借りた。ほとんどの韓国人は家を1か月約2,000万〜3,000万ドン、またはハドンにある場合はそれ以下に借りている。その時、日本人は家賃を20〜30%高く支払う用意がある。

ソン氏は、日本人は宿泊施設を選ぶ時、非常に注意している。彼らは高い家賃を払う用意があるが、高品質のアパート、清潔で厳しいセキュリティ、多くのユーティリティと専用サービスを必要とする。

グエンフードゥオン氏はこの見解に同意した。ホアビン株式会社の総支配人は、日本のテナントの「目を引く」高級マンションプロジェクトは、非常に高く安全な建設品質で建設されなければならないことを共有した。トイレの水漏れや壁が濡れてはがれていて安全でないと思って剥がれている場合は家賃を受け付けない。

和食レストランのウェイトレス、Vu Cong Hocによると、日本人はとても礼儀正しい。ベトナム人に会って挨拶し、言葉がわからなくてもきちんとお辞儀をした。彼は日本人が交通状況、安全と秩序、強盗を非常に恐れていたと述べました。そのため、先住民族の助けがなければ、一人で出かけることはめったにない。

ベトナムの文化や人々とはあまり統合されていないが、将来の計画について尋ねられたとき、ほとんどの日本人と韓国人は頷った。キム氏は「ここの人々の平和と愛情が好き」と語った。日本の東京の二宮氏は、現在のコンピュータエンジニアに支払われた給料はベトナムでの彼の生活を満たすのに十分であると述べた。「私はハノイに住んでいる日本人の友達がたくさんいる、彼ら全員がベトナムでかなり良い生活をしている」

ベトナムは観光価値のある観光地であるだけでなく、近年、ハチネットは日本のソフトウェア" href="../../../services" target="_blank" rel="noopener">ソフトウェア開発会社の目的地でもあります。

ベトナムは観光価値のある観光地であるだけでなく、近年、ハチネットは日本のソフトウェア開発会社の目的地でもあります。

ベトナムでアウトソーシングを展開するオフショアパートナーをお探しの場合は、ベトナムに長年在籍している企業以外にも、ハチネットは以下の特徴を体験できる場所です。

Microsoft .NET Webサイト開発(asp、vb.net ...)

ウェブサイト開発フォント終了

Javaシステム/アプリケーション開発

モバイルアプリケーション開発(IOS / Android)。

Cobolシステム開発。

私たちにもサービスがあります

柔軟なオフショア開発

BrSE担当者を日本に派遣

現在、Hachinetのパートナーの80%は日本のソフトウェア企業であり、当社のエンジニアは、高い技術を持つだけでなく、お客様と日本語で直接にコミュニケーションをとることができる。

Hachinetは、常にソフトウェアの品質と顧客の満足度を重視している。当社のITアウトソーシングサービスを選択すれば、製品が実装されてから納品されるまで安心できると信じる。

メールでご連絡ください:[email protected]