×

React NativeとFlutterアプリ開発を比較してみたら

クロスプラットフォームの概念に関しては、ReactNativeとFlutterの2つのプラットフォームについて言及せざるを得ません。適切なフレームワークを選択する方法? 上記の2つのプラットフォームのどちらが、モバイルプログラミングに最適ですか?これらはどちらもオープンソースプラットフォームであり、強力な開発者チームがいますが、FlutterとReactNativeにはそれぞれ独自の特徴があります。

React NativeとFlutterアプリ開発を比較してみたら

 2021年06月23日

React NativeとFlutterアプリ開発を比較してみたら

クロスプラットフォームの概念に関しては、ReactNativeFlutterの2つのプラットフォームについて言及せざるを得ません。適切なフレームワークを選択する方法? 上記の2つのプラットフォームのどちらが、モバイルプログラミングに最適ですか?これらはどちらもオープンソースプラットフォームであり、強力な開発者チームがいますが、FlutterReactNativeにはそれぞれ独自の特徴があります。

この記事では、FlutterReact Nativeの概要を説明し、これら2つのプラットフォームを比較して、ニーズに合ったプラットフォームを選択できるようにします。

 

1. Flutterの概要


1.1. Flutterとは?

Flutterは、AndroidおよびiOS用のネイティブアプリをコーディングおよび作成するためのオープンソーステクノロジーとしてGoogleによって導入されました。 Flutterは、2018年12月にFlutter Liveイベントで最初の安定バージョン1.0として正式に発表されたため、比較的新しいものです。

Flutterは、プラットフォーム間の視覚的な一貫性を維持しながら、開発の容易さとネイティブパフォーマンスと同様のパフォーマンスを兼ね備えています。 Flutterのプログラミング言語であるDartは、当初はJavaScriptの代替として意図されていました。 最も重要なことは、Flutterはオープンソースであり、完全に無料です。

 

1.2. Flutterの特徴

・高い生産性

Flutterはクロスプラットフォームであるため、iOSアプリとAndroidアプリに同じコードベースを使用できます。 これにより、時間と労力の両方を確実に節約できます。

・優れたパフォーマンス

Dartはネイティブコードにコンパイルされ、Flutterはすでに存在するため、OEMウィジェットにアクセスする必要はありません。 これは、アプリケーションとプラットフォーム間の仲介された通信が少ないことを意味します。 FlutterSDKは、JavaScriptブリッジを必要とせずにreactive を提供する唯一のモバイルSDKです。 これらはすべて、アプリケーションの起動時間とパフォーマンスの問題の削減に貢献します。

・ホットリロード

この機能の最良の部分-ホットリロードは、開発者とデザイナーがアプリでコードに加えられたすべての変更と改善を簡単に識別できることです。 そのため、Hot

Reloadはアプリの外観とチェック効果の改善をすぐに求めている開発者とデザイナーの間の絆を強化します。

・即時アップデート

Flutterは、プラグインを必要とせずに即座に更新できるホットリロード機能を提供します。 ホットリロードを使用すると、更新をリアルタイムで表示することもできます。 コードの実行中にエラーが発生した場合、フレームワークを使用すると、コードをすぐに修正して、再起動せずに続行できます。

ホットリロードを使用すると、生産性を向上させることができます。また、長い遅延なしで実験を行うことができ、高速な反復を支援します。

・高速UIコーディング用のカスタムウィジェット

Flutterには、既製のカスタムウィジェットがあります。これらのウィジェットは、優れたアプリインターフェースを作成するために使用されます。 多くのアプローチは、コントローラー、ビュー、レイアウトなどのさまざまなオブジェクトで利用できますが、このフレームワークは、統一された一貫性のあるオブジェクトモデルを備えています。

このツールのすべてのオブジェクトはウィジェットです。フォント、配色、メニュー、ボタン、パディングも同様です。 ウィジェットを組み合わせてレイアウトを形成することにより、任意のカスタマイズレベルでウィジェットを利用できます。 Flutterのウィジェットは一貫性があり、広範な機能を備えています。

 

デメリット

メリットに加えて、Flutterには次のデメリットもあります。

・大きなファイルサイズ

無視できない大きな抜け穴の1つは、Flutterで開発されたアプリのファイルサイズが大きいことです。 場合によってはこれらのファイルサイズが重大な問題になり、開発者が開発用の代替ツールを選択する可能性があります。

電話で十分なメモリストレージスペースを確認して見つけることができますが、それはほとんどのユーザーがいる世界中のどこでも発生するわけではありません。

そのため、古いデバイスの多くは、ユーザーがデバイス上のアプリまたは写真/音楽のいずれかを選択する必要がない限り、追加のアプリを保存できません。 ただし、このファイルサイズを使用すると、実行時間とパフォーマンスが向上するため、魅力的なオーディエンスを理解するのは簡単ではありません。

・サードパーティライブラリの欠如

サードパーティのライブラリとパッケージは、開発者にいくつかの機能を提供するため、ソフトウェア開発に大きな影響を与えます。 これらのサードパーティライブラリは通常、無料でオープンソースであり、事前にテストされており、簡単に入手できます。 今のところ、開発に必要なすべての機能が見つかるとは限りません。

ただし、Flutterはモバイルアプリ開発の新機能であるため、このような無料のパッケージやライブラリを見つけるのは簡単ではありません。 ツールはまだ成長段階にあり、改善されています。 したがって、この料金が使用されるのを待つか、長期的な開発のための代替手段を選択する必要があります。

・iOSの問題

FlutterはGoogleによって開発されました。 これが開発者がiOSへの実装について心配している理由です。 Googleは最短時間でバグを修正することに直接関心があるため、FlutterでAndroidアプリを構築するのは速くて楽しいです。

・FlutterはAndroidTVとAppleTVをサポートしていません。

Dart LanguageはFlutterに適していますが、その挑戦的な性質により、コーディングが困難になる場合があります。ただし、JavaC ++C#、Objective-Cのサポートにより、これを克服できます。

 

2. React Nativeの概要


2.1. React Nativeとは?

React NativeはFacebookが開発したオープンソースのネイティブアプリケーションフレームワークです。

ネイティブアプリは、Webブラウザ上で動作するWebアプリと異なり、iOSおよびAndroidなどのOSを搭載した端末へ直接インストールして動作するアプリケーションのことをいいます。

React Nativeを用いることで、同じくFacebookの開発したJavaScript用ライブラリ「React」とほぼ同じ原理、言語を用いてネイティブアプリを開発することができます。

Web開発向け言語であるJavaScriptを用いてネイティブアプリを開発できることと、iOSとAndroidの両方で動作するクロスプラットフォームであることから、React Nativeの採用には人材確保や工数削減といった効果が期待できます。

 

2.2. React Nativeの特徴


React Native(リアクトネイティブ) 開発 - 株式会社ヘッドウォータース

・簡単に学べる

それはあなたが学ぶために非常に優秀であるか崇高すぎる必要はありません。 XML、HTML、CSSなどの基本を知っているか、javascriptまたは Javaコアを知っている必要があります。あるいは、純粋な Web developerまたは mobile developerであっても、React Nativeをよく学ぶことができます。

・コードの再利用性

コードの再利用性はソフトウェア開発において重要な役割を果たしているため、コードを再利用できる場合はいつでも、ReactNativeは優れたツールです。

ただし、すべてのロジックと共有できる共通のUIコードは常に存在します。 「コード共有可能」機能には、人的資源のより良い利用、コードのメンテナンスの削減、バグの削減、両方のプラットフォームでの同様の機能など、多くの利点があります。

・巨大なコミュニティ

React Nativeは非常に人気があり、多くの開発者がReactNativeの改善に貢献しています。 特に、Facebook社によって作成およびサポートされています。

React Native Github reproはオープンソースであり、何千人もの非常に活発な貢献者がいます。

コミュニティは巨大で、力強く成長しています。 多くの問題が解決されており、解決されています。ReactNativeの勉強と操作の過程で、再調査に時間を費やす必要はありません。

 

デメリット

ReactNativeにまだ存在するいくつかのデメリットは次のとおりです。

✔️WindowsオペレーティングシステムでのiOSプログラムのビルドは実行できません。

✔️グラフィックが高く複雑なルールのゲームを作成するために使用することはできません。

✔️ネイティブアプリを使用する場合よりもパフォーマンスが低下します。

✔️一部のモジュールでカスタマイズする機能は、あまり良くありません。

✔️高い計算能力を必要とするアプリケーションには適していません。

 無料見積もりはこちらから▶

 

3. React NativeとFlutterを比較


React Native vs Flutter アプリ開発ならどっち?2つの比較点を確認

3.1. 類似点

・Cross-platformアプリ開発用に設計されています

React NativeとFlutterはどちらも、Android、iOS、UWPなどの複数のプラットフォームで卓越した高速かつ高品質のアプリケーションパフォーマンスを提供します。

・巨大な技術コミュニティによって供給

React NativeはFacebookを利用しており、Flutterはモバイルアプリ開発用のGoogleのオープンソースSDKです。どちらにも強力な開発者コミュニティがあります

・オープンソース、無料で高速

React NativeとFlutterは無料のオープンソースSDKであり、開発者はネイティブのパフォーマンスに基づいて優れたアプリをすばやく作成できます。

・優れたUIとNative Experienceのサポート

React Nativeは、Android / iOSの基本的なUI構築要素を使用して、Native Experienceを提供します。Flutterはまた、ウィジェットを使用して、AndroidおよびiOSプラットフォームで優れたNative Experienceを提供します。

・Hot reloadingとクイック編集

React Nativeは、再コンパイルする代わりに、新しいコードを実行し、同時にアプリケーションの状態を維持できる「Hot reloading」をサポートしています。この機能により、開発がより速く、効率的になります。

Flutterも弱くはありません。その「Stateful Hot Reloading」は、再起動せずに、またはアプリケーションの状態が失われた場合に、変更を即座に反映することをサポートします。

 

3.2. 違い点

React NativeとFlutterの類似点に加えて、次の違いもあります。

・プログラミング言語

FlutterはDartを使用し、ReactNativeを使用するとJavaScriptを使用してアプリを開発できます。 Javascriptはすでにモバイル、Web、またはサーバー固有のコードで普及している。

一方、Dartは開発者にとってまったく新しいものです。 いくつかの言語の最新機能を使用して、美しいnative appをコーディングします。Javascriptにはcomponentやstylingがなく、テンプレート、スタイル、データの分離もありません。Dartは、C ++やJavaなどのOOP言語でアプリを開発した経験のある人にとって使いやすいです。

 

・安定性と柔軟性

React NativeFlutterとは、安定性に関しては、どちらも強力な技術コミュニティによって管理されているため、大きな違いはありません。

柔軟性とカスタマイズの観点から、Flutterは魅力的なエクスペリエンスを構築するための豊富なカスタムウィジェットのセットを提供します。一方、React Nativeは、ネイティブプラットフォームとの直接通信を通じてシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供します。

Flutterは最近の安定したリリースにより市場での足がかりを得ようとしており、ReactNativeは依然として市場のクロスプラットフォームアプリ開発ツールのリストで1位を楽しんでいます。

 

・効率

Flutterは、そのシンプルさのおかげで間違いなくこの部分を勝ち取ります。

ただし、React Nativeは、両方のプラットフォームで優れたユーザーエクスペリエンスを提供することで有名です。Flutterには、コードを再利用するという追加の利点があります。JavaScriptレイヤーに対するFlutterのもう1つの利点は、native componentとの通信が容易になることです。

どちらも信頼できる選択肢ですが、FlutterはそのシンプルさとDartプラットフォームにより、競争力があります。

 

・IDEとコード

Flutterは比較的新しく、現在Android Studio / IntelliJ、Visual StudioCodeでサポートされています。 また、React Nativeは発売から3年が経過しており、ほとんどのトップIDEで十分にサポートされています。

React Nativeは、JavaScriptを使用して簡単に習得できる曲線を提供します。 Flutterでは、アプリを作成するためにDartを学習する必要があります。 ただし、DartはC ++およびJava開発者にとってプラスです。

 

4. まとめ


クロスプラットフォーム、魅力的なUI、優れたネイティブパフォーマンス、市場投入までの時間の短縮、プログラミング環境でのDartの競争力を活用したい場合は、Flutterを選択してください。

クロスプラットフォームアプリの開発において、より強力で成熟したコミュニティサポート、ネイティブアプリのパフォーマンス、JavaScriptの人気を活用したい場合は、React Nativeを選択してください。

この記事を通じて、HACHINETは、ニーズに合った適切なプラットフォームを選択するのに役立つことを願っています。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶