×

日本においてオフショア活用が進み理由|Hachinet Software

日本でのオフショア開発の活用が進み理由、ビジネスにおいてはDX化がしきりに叫ばれ、日常生活においてもITは切っても切り離せないものとなっている現代において、国内における情報技術及びIT人材における需要は年々高まっています。

日本においてオフショア活用が進み理由|Hachinet Software

 2022年04月29日

日本においてオフショア活用が進み理由|Hachinet Software

1.日本でのオフショア開発の活用が進み理由


 

ビジネスにおいてはDX化がしきりに叫ばれ、日常生活においてもITは切っても切り離せないものとなっている現代において、国内における情報技術及びIT人材における需要は年々高まっています。

一方、ITリソースの供給が国内だけでは十分に追い付かない状況から、リソースの不足とコストの高騰が大きな課題となっており、そのソリューションの一つとして高度IT人材を多数抱えるアジア国を中心としたオフショア開発が活用されていることは広く言われています。

 

近年ではこの理由に加え、オフショア開発国における技術力の向上や、エキスパートの蓄積による手法の成熟化が進んできていることも活用が進む一つの理由となっていると考えます。

関連記事:ベトナムのオフショア開発会社使用のメリットとデメリット

 

2.オフショア開発国における技術力


 

近年ではこの理由に加え、オフショア開発国における技術力の向上や、エキスパートの蓄積による手法の成熟化が進んできていることも活用が進む一つの理由となっていると考えます。

 

例えばベトナムにおいては、AIやIoT、ブロックチェーン、DX等といった先端技術の開発事例が増えてきており、日本向けのみならず欧米向けに先端テクノをベースとしたソリューションを提供している開発会社も出てきています。

 

さらに、その背景としては様々な要因があるのですが、国策として高度IT人材の教育、輩出を掲げていることや、ベトナム国内における職業の中でもトップクラスの高給与を得られることから、優秀な人材がこぞってIT業界を目指すという構造が出来上がっていることが大きな要因として挙げられます。

 

続々と新たな開発手法やツールや開発言語が生まれ、技術やノウハウがインターネットやエンジニアコミュニティを通じて広くシェアされるなかで、得られる情報の格差は以前に比べ格段に縮んできています。

優秀層のITエンジニアは日本語や英語を使用できることが多く、そういった最新の技術的な情報を自然に収集し取り入れています。

 

こうした環境においては、いかに新しい技術を素早くキャッチアップし取り込んでいくかが非常に重要となることから、技術力が給与に直結する企業文化や、高い学習意欲を持つ国民性といったものが技術力の向上に対して有利に働いているのではないでしょうか。

 

こういった背景もあってか、近年では自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を目的にベトナムに進出する動きも強まっています。

関連記事:DXソリューションはなぜ必要か、DXの事例についてご紹介

 

3.オフショア開発の理想的な目的地


 

3.1 オフショア開発といえばベトナムが主流

オフショア開発にはメリットが数多くありますが、委託先となる国により異なります。政治情勢、日本との関係、科学技術力、文化の違い、時差等は、すべて製品の最終的な品質に影響を与える要因になります。

 

それらの要因からみれば、日本のオフショア委託先の中で、ベトナムが最も優位性のある国だと現在評価されています。労働力人口が豊富で「黄金期」の最中にあるベトナムは、ICT教育を推進し、様々な実践も行われています。また、政治情勢が安定しており、日本との関係も良好です。特に、日本とは時差がわずか2時間で、距離・時間的にも、文化的にも近い国といえるでしょう。こうした優位性を持っているベトナムのオフショアサービスは、信頼を寄せられ、近年、日本においてオフショア開発の新しい波になってきています。

 

関連記事:ベトナムでオフショア開発のメリットやデメリット

 

3.2 オフショア開発国別比較

オフショア企業を選定する際にいくつか注意すべき点を述べました。

以下で、日本企業向けオフショア開発サービスを提供している上位6カ国について紹介します。

 

 

ベトナムは最もおすすめのオフショア開発先

先述の通り、ベトナムは価格といい品質といい、日本のオフショア開発先として非常に人気の国です。政治情勢、地理的な位置、文化、人材の面で大きな優位性を持っており、ベトナムは日本企業の発展規模及び品質要求に容易に適応できると認知されています。

それに、ベトナムのIT産業は近年飛躍的な成長を遂げており、オフショア開発企業の数も品質も大幅に増加しています。

 

4.オフショア開発ならハチネットが良い選択でしょう!


株式会社ハチネットソフトウェアはベトナムにおける大手オフショア開発企業として、金融、建設、小売、運輸、インターネットサービスなど多岐多様な業種で、全規模企業向けにソフトウェア開発、自動化実装、デジタルトランスフォーメーション、ハイテクサービスを提供しています。

 

創業から5年を経て、200件以上の実績を持ち、事業の拡大に向けて日々、変革に取り組みつつあります。努力の結果として、AWSアドバンストコンサルティングパートナーに認定され、国際認証CMMIレベル1を取得したことに加えて、日本、アメリカ、ベトナム、シンガポール等の40会社以上にパートナーとしてIT技術のサービスを提供しております。ジタルトランスフォーメーションを経営上の課題解決、運用プロセスの最適化・自動化に適用するなどお客様に役に立てる、かつ最高のオフショア開発サービスをご提供できますよう、業界での知識および経験を生かして我社の約150名の全社員が一丸となって努力して参ります。

 

5.結論


本記事がベトナムにおけるオフショア開発を検討される上で少しでも参考になれば幸いです。

私たち「HACHINET」 はオフショアにおける品質保証に加え、品質を重視したオフショア開発にも取り組んでいます。オフショア開発・オフショアでのソフトウェアテストに関してお悩みなどございましたら、ぜひHACHINET にお気軽にお問い合わせください。

御社のオフショアプロジェクトを最大限にサポートさせていただきます。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]com

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。