×

ソフトウェア開発のバグ|それらを特定して防止する方法

単体テスト、コードレビュー、要件への適切な注意などの強力なアジャイルプラクティスにより、アプリケーションのライフサイクルの早い段階でバグを防止または発見できます。 開発チームがどれほど才能があっても、すべてのソフトウェアコーディング作業でバグは避けられません。

ソフトウェア開発のバグ|それらを特定して防止する方法

 2022年06月02日

ソフトウェア開発のバグ|それらを特定して防止する方法

単体テスト、コードレビュー、要件への適切な注意などの強力なアジャイルプラクティスにより、アプリケーションのライフサイクルの早い段階でバグを防止または発見できます。

開発チームがどれほど才能があっても、すべてのソフトウェアコーディング作業でバグは避けられません。

 

⒈ アプリケーションライフサイクルの各ステップで通常発生するバグの種類は何ですか?


Sponsored image

 

アプリケーションのライフサイクルは、要件、設計、開発、テスト、および展開の5つの段階に分けることができます。各段階で、さまざまな種類のバグが発生する可能性があります。要件段階では、要件の1つを「忘れて」、製品が不完全になる可能性がありますが、設計段階でのバグは、製品が意図したとおりに機能しないことを意味する可能性があります。

開発段階では、プロジェクトの進行に伴う回帰バグなど、表示され続けるバグもあります。新しい機能を実装して別のバグを修正するときに、既存の機能を「壊さない」ことがますます難しくなっています。

 無料見積もりはこちらから▶

 

⒉ 単純なプロジェクトが複雑になりすぎて管理できない理由は何ですか?


プロジェクトが成長するにつれて、コードの行が増えるだけでなく、ソフトウェアが時間の経過とともに変化する傾向があるため、プロジェクトはより複雑になります。要件が追加および変更され、バグが検出および修正され、顧客からのフィードバックにより、製品が一度に1つの小さな機能に変更されます。

もう1つの重要な要素は、その製品に取り組んでいる人の数です。製品の開始時には数人しか作業していませんが、プロジェクトが進むにつれて、ますます多くの開発者、QAアナリスト、および製品マネージャーがプロジェクトに採用されます。同じプロジェクトに携わる人が増えると、元のデザインをそのまま維持することが難しくなります。一部のチームメンバーは、知識と専門知識を持って転職したり、別のプロジェクトに異動したりする場合があります。

コードベースが大きくなると、すべてのチームメンバーが作業中のアプリケーションのすべての側面を理解して理解しているわけではないため、管理が難しくなり、非常に複雑なプロジェクトになります。

 

⒊ これを防ぐために何ができるでしょうか?


プログラマーは辛い?ブラック?現役プログラマーが抱える悩みについて|Pro Web Engineer

 

コミュニケーションは、製品をきちんとシンプルに保つための重要な要素です。すべての開発チームは製品の要点を理解し、知識は製品に取り組んでいるチーム間で共有する必要があります。

結果のコードに一貫性を持たせるために、主要なアーキテクチャのキーポイントと機能の実装をチーム全体に伝えることが重要です。

関連記事:ベトナムのオフショア開発サービスの強み | HACHINET SOFTWARE

関連記事:ベトナムオフショア開発の価格はいくら?他国との比較

 

⒋ 最も一般的なバグを防ぐために使用できるいくつかの方法は何ですか?


無駄なレビューはサヨナラ!効果的なレビューを行う方法| Qbook

 

要件の管理は、ROIが非常に高い最も単純な方法の1つです。すべての要件を書き留め、設計から開発、テスト、および展開の段階に進むにつれてそれらを追跡します。

必要な機能を最小限に抑えて製品を維持することで、使用されていないコードの量を減らし、製品の肥大化を防ぐことができます。多くのアジャイルプラクティスは、垂直に作業し、数週間の開発後に顧客に価値を提供することによって、必要なものを正確に開発する方法を扱います。機能の仕組みをお客様に示すことで、開発した製品が開発プロセスの早い段階でビジネスニーズを満たしていることを確認できます。

単体テストを作成することは、開発段階だけでなく利点もあるもう1つの簡単な方法です。単体テストを作成すると、コードをテストし、リグレッションのバグを防ぐことができます。しかし、それだけではありません。単体テストでは、コードを一度に1つずつ実行し、APIを担当する開発者が最初に使用して、APIをチェックすることで要件を検証します。

 

⒌ そもそもバグの発生を防ぐにはどうすればよいでしょうか。


<a href=https://hachinet.jp/services target=ソフトウェアのバグをなくすには?--プログラミングの際に避けるべき10の失敗 - ZDNet Japan" width="751" height="563" />

 

バグのないソフトウエアは存在しない」ソフトウエア開発に携わっている人なら、だれしも心の片隅にこうした気持ちを持っているのではないだろうか。ほとんど、全てのバグを防ぐことは不可能ですが、必要に応じて単体テスト、コードレビュー、ペアプログラミングを適用することでバグの数を減らすことができます。

または、ソフトウエア開発の手法が革新的に変わらない限り、実用的な規模のソフトウエアがバグを一つも含まないことはあり得ない。実用上十分なレベルにまでバグを減らすことは不可能ではないはずだ。実際,ソフトウエアが寿命を迎えるまでに、バグが一度も発現しないなら、バグがないのと実用上は同じである。

 

オフショア開発サービスをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶