×

ソフトウェア工学 | SDLC Vモデル

V モデルは、プロセスが V 字型に順次実行される SDLC モデルの一種です。「検証と確認」モデルとも呼ばれます。これは、対応する各開発段階のテスト フェーズの関連付けに基づいています。

ソフトウェア工学 | SDLC Vモデル

 2022年08月25日

ソフトウェア工学 | SDLC Vモデル

V モデルは、プロセスが V 字型に順次実行される SDLC モデルの一種です。「検証と確認」モデルとも呼ばれます。これは、対応する各開発段階のテスト フェーズの関連付けに基づいています。テスト段階に直接関連する各ステップの開発です。次のフェーズは、前のフェーズの完了後にのみ開始されます。つまり、各開発アクティビティには、それに対応するテスト アクティビティがあります。 

 

I. Vモデル


 


コードを実行せずに行われる静的解析手法 (レビュー) が含まれます。指定された要件が満たされているかどうかを確認するための製品開発フェーズの評価プロセスです。 

 

動的分析手法 (機能的、非機能的)、コードの実行によるテストが含まれます。検証とは、開発フェーズの完了後にソフトウェアを評価して、ソフトウェアが顧客の期待と要件を満たしているかどうかを判断するプロセスです。 

したがって、V-Model には、検証フェーズの一方に検証フェーズが含まれ、もう一方に検証フェーズが含まれます。検証フェーズと検証フェーズは、V 字型のコーディング フェーズによって結合されます。したがって、V-モデルと呼ばれます。 

 

  • 要件分析:このフェーズには、顧客との詳細なコミュニケーションが含まれ、顧客の要件と期待を理解します。この段階は、要件の収集として知られています。
  • システム設計:このフェーズには、システム設計と、製品を開発するための完全なハードウェアおよび通信設定が含まれます。

 

  • アーキテクチャ設計:システム設計は、さまざまな機能を担うモジュールにさらに分割されます。内部モジュール間および外部世界 (他のシステム) とのデータ転送および通信は明確に理解されています。
  • モジュール設計:この段階では、システムは小さなモジュールに分解されます。モジュールの詳細な設計が指定されており、低レベル設計 (LLD) とも呼ばれます。

 

  • 単体テスト:単体テスト計画は、モジュールの設計段階で作成されます。これらのユニット テスト計画は、コードまたはユニット レベルでバグを排除するために実行されます。
  • 統合テスト: 単体テストの完了後、統合テストが実行されます。統合テストでは、モジュールが統合され、システムがテストされます。統合テストは、アーキテクチャ設計フェーズで実行されます。このテストは、モジュール間の通信を検証します。

 

  • システムテスト:システム テストでは、機能、相互依存関係、および通信を含む完全なアプリケーションをテストします。開発されたアプリケーションの機能要件と非機能要件をテストします。
  • ユーザー受け入れテスト (UAT): UAT は、運用環境に似たユーザー環境で実行されます。UAT は、提供されたシステムがユーザーの要件を満たし、システムが実際に使用できる状態であることを確認します。

 

  • 産業上の課題:業界が進化するにつれて、テクノロジはより複雑になり、ますます高速になり、永久に変化していますが、IT が初期段階にあったときと同じように今日でも適用できる一連の基本原則と概念が残っています。 
  • ユーザー要件を正確に定義し、改善します。
  • 許可されたユーザーの要件に従って、アプリケーションを設計および構築します。
  • 彼らが構築したアプリケーションが承認されたビジネス要件に準拠していることを検証します。

 

  • 大から小へ: V モデルでは、テストは階層的な観点で行われます。たとえば、プロジェクト チームによって特定された要件、プロジェクトの高レベル設計フェーズ、および詳細設計フェーズを作成します。これらの各フェーズが要件を完了すると、要件がより洗練され、詳細に定義されます。
  • データ/プロセスの整合性:この原則は、プロジェクトの設計を成功させるには、データとプロセスの両方を組み込み、結合する必要があると述べています。プロセス要素は、要件ごとに特定する必要があります。

 

  • スケーラビリティ:この原則は、V モデルの概念には、規模、複雑さ、または期間に関係なく、あらゆる IT プロジェクトに対応できる柔軟性があることを示しています。 
  • 相互参照: 要件と対応するテスト アクティビティとの間の直接的な相関関係は、相互参照として知られています。

 

  • 有形のドキュメント:この原則は、すべてのプロジェクトがドキュメントを作成する必要があることを示しています。このドキュメントは、プロジェクト開発チームとサポート チームの両方によって必要とされ、適用されます。ドキュメントは、運用環境で利用可能になったアプリケーションを維持するために使用されます。

 

II. 効果的なソフトウェア開発の主な特徴


AI (Artificial Intelligence) concept. Deep learning. GUI (Graphical User Interface). AI (Artificial Intelligence) concept. Deep learning. GUI (Graphical User Interface). technology stock pictures, royalty-free photos & images

 

ソフトウェア開発を使用してブランドを差別化し、競争上の優位性を獲得するには、ソフトウェアの展開、品質、有効性を加速できる手法とテクノロジに習熟している必要があります。

  • 人工知能 (AI):  AI により、ソフトウェアは人間の意思決定と学習をエミュレートできます。ニューラル ネットワーク、機械学習、自然言語処理、コグニティブ機能により、開発者や企業は、市場を混乱させ、競争を大きくリードする製品やサービスを提供する機会を得ることができます。
  • クラウドネイティブ開発:クラウドネイティブ開発は、クラウド環境を活用するアプリケーションを構築する方法です。クラウドネイティブ アプリケーションは、任意のクラウド環境に統合するように設計された、マイクロサービスと呼ばれる個別の再利用可能なコンポーネントで構成されます。

 

  • クラウドベースの開発: IT 組織がリソース管理を改善し、コストを削減するためにクラウドに目を向けるように、ソフトウェア開発組織も同様です。このように、クラウドは、高速で柔軟かつ費用対効果の高い統合開発環境 (IDE) またはサービスとしての開発プラットフォーム (PaaS) として使用できます。クラウドベースの開発環境は、コーディング、設計、統合、テスト、およびその他の開発機能をサポートできます。また、API、マイクロサービス、DevOps、その他の開発ツール、サービス、専門知識へのアクセスも提供できます。 
  • ブロックチェーン: ブロックチェーンは、銀行、規制機関、その他の仲介者などの関係者によってもたらされるコストと脆弱性を排除する、安全でデジタル的にリンクされた元帳です。資本の解放、プロセスの加速、取引コストの削減などにより、ビジネスを変革しています。

 

  • ローコード: コーディングの必要性を減らし、非コーダーやシチズン デベロッパーがアプリケーションを迅速かつ低コストで構築または構築できるようにする開発手法です。
  • 分析:データ サイエンティスト、データ開発者、データ エンジニアの年間需要は、2020 年までに約 700,000 件に達する見込みです。この需要は、企業がデータの急増から洞察と価値を得ることがいかに重要であるかを示しています。したがって、ソフトウェア開発者は高度な分析機能をアプリケーションに統合しています。クラウドベースのサービスと API により、データ探索のガイド、予測分析の自動化、新しい洞察を提供して意思決定を改善するダッシュボードの作成がより簡単になります。

 

  • モデル ベース システム エンジニアリング (MBSE) : MBSE では、ソフトウェア モデリング言語を使用して、ソフトウェア設計の初期プロトタイピング、シミュレーション、および分析を実行し、早期検証を行います。MBSE で設計を構築すると、プロジェクトの要件を分析して詳しく説明し、設計から実装に迅速に移行することができます。  
  • モバイル:ソフトウェア開発者にとって重要な機能は、ユーザー エクスペリエンスを豊かにして向上させるデータへの深いつながりを持つモバイル アプリを作成することです。

 

オフショア開発サービスをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶