ハイテク分野でのハイテク分野でのテスト

 2020年07月22日

ハイテク分野でのハイテク分野でのテスト

技術開発は、創造的で冒険的な研究開発部門の成果であるだけでなく、同様に重要な舞台裏部門の努力の成果でもある。 それはテストの段階です-製品の品質をチェックする。

 I. R&Dおよび生産におけるテストの役割

今日のITの世界では、2つのテクノロジーの言葉には常にその意味とスピードが伴う。 世界中の大小さまざまな企業がテクノロジーをめぐって激しく競争し、背が高く、より強く、より速く、より正確で、より安価なアーキテクチャを提供している。 技術開発は、創造的で冒険的な研究開発部門の成果であるだけでなく、その背後にあるサイレントで重要な部分の基盤としての取り組みだけでなく、 これらの技術は、テスト部門である安定した製品を通じてユーザーに提供される。

テスト部門、またはテスト業界全般は、提案された技術基準を確実にするために、新しいテクノロジーから派生した製品とアプリケーションを保証し、さまざまな環境で製品/アプリケーションをテストする責任がある。 さまざまな変数、適用されたエラー、または技術的な障害の検出と検出を行い、ユーザーに提供される製品が最高で、最も速く、最も安定していることを最終的な目標としている。

ベトナムの共通試験サブセクター:


テスト業界は研究開発において非常に重要な役割を果たす。それは、ハイテク企業の財務実績に大きな影響を与える研究および応用戦略を計画しているからである。 製造では、テスト業界は、製品が設定された基準と技術基準を満たすように作られていることを保証し、それによって製品の品質と技術的な欠陥の早期検出を保証する。 製造工程から。 また、テスト業界はアフターセールスにおいて重要な役割を果たし、ユーザーからの不満な意見、提案、またはレポートを収集し、それによって製品の品質を向上させるために技術的な調整を行う。 あなた自身。

II。 テスト業界のトレンドをアウトソーシング

このように、テストはハイテクビジネスで非常に重要な役割を果たし、企業はテスト予算の大部分を費やすことがよくある。 シスコシステムは、監査前と販売後の両方で、テスト業界の総コストの6%以上を費やしている。これは、テクノロジーのみの企業の場合は高くなる可能性がある。 Oracleのように、何よりもマイクロソフトのテスト部門に年間数十億ドルが費やされている。

ただし、「巨人」を除いて、すべての中小企業が独自のテストチームを効果的に維持できるとは限りらない。 テストを専門とする優秀なエンジニアの給与、作業環境、テスト用の特殊機器などの要因により、効果的なテスト部門を維持するためのコストが増加していることがわかる。 中小のテクノロジー企業がほとんど投資や維持ができないことは非常に高いである。 したがって、これらの企業のほとんどは、テスト部門をアウトソーシングして、テストサービスを実行する企業(アウトソーシングのテスト)を実行することを選択している。

私たちのソーシングのテストを専門とする企業は、多くの場合、プロのエンジニアのチーム、テストに最適な機器を備えており、通常、少なくとも数十から数百の異なる顧客を抱えている。 大規模なテストアウトソーシング企業では、数千人のエンジニアがさまざまな国で働いており、今日のIT業界で最も高度なテクノロジーを所有している。

III。 ベトナムでのテストはどのように発展したか?

テスト、またはベトナムでのアウトソーシングテストは近年発展してきましたが、規模はまだ小さく、ソフトウェアテストやネットワーク製品テストなどのいくつかの領域に限定されている。以前は、これらのテスト契約のほとんどは、安価な人的資源とベトナム人エンジニアの勤勉さ、およびその作業を利用するために、Sillicon Valley、Irvineなどのハイテク企業からのものでした。外国人エンジニアやプロジェクトマネージャーが計画したような簡単な操作。しかし最近、ベトナムのエンジニアの資格に関する外国のパートナーの適切な能力の認識と評価だけでなく、見解にも大きな変化があり、多くのアウトソーシング企業が強力なエンジニアのチームを構築し、ベトナムのエンジニアのチームを中核として、彼らの仕事を促進するために世界中の他のパートナーを勇敢に探し求めてきた。

アウトソーシングのテストについて言えば、Global Cyber​​Soft、TMA、PSVなどのベトナム企業の成功例を考えることができ、ますます多くの異なる企業がカラーアウトソーシングの波に備えるために設立されている。 このグリース。 R&D、ソフトウェア開発、テクノロジーテストも、ベトナムのITが世界レベルに到達するための先導役となりつつある。

IV。 職業試験エンジニア

もちろん、誰もがテストエンジニアになることができるわけではない。 テスト作業の性質上、テストを専門とする人以外にもいくつかの特徴がある。

まず、テストエンジニアはテストするテクノロジーのマスターである必要がある。インストールと構成を行うフィールドエンジニアとは異なり、テスターはプロトコルスタック構造を含め、テクノロジーを最低レベルまで理解する必要がある。 各フィールド、ビット、バイトなどは、100%の精度を保証するために特定かつ包括的であり、これはすべての顧客のデフォルトの要件である。

テストエンジニアは、高度に専門化された知識に加えて、細心の注意を払う必要がある。 他の人がデフォルトで当たり前だとする結論を引き出すには、数千、数万の異なるケースを「試行」する必要がある場合がある。 急ぎと衝動は常にテストの最大の敵である。

いくつかの点で、テスターはハッカーと見なすこともできる。 それが単なるレベル、一貫性、および注意である場合、テスターは高レベルの作業者または機械とは異なったか? テスターが必要とするもう1つの利点は、エンジニアや製造業者が期待できない穴や複雑なエラーをテスターが見つけるのに役立つため、彼らの仕事に対する洞察力と創造性である。 OK。 テストエンジニアの考え方には、しばしば「不可能なことはありません」と彼は付き添う。

正直さ、そして労働倫理もまた、テストエンジニアにとって重要な要素の1つである。 テスト業界では、テクノロジーの重要な脆弱性を知っている新しいテクノロジーの公開と保持が、あたかも産業の秘密を持っているかのように製品が大きな影響を与える場合がある。 したがって、ほとんどのテスト採用担当者は、正直さと倫理を非常に高く設定しており、この要素を達成しないと、最初のラウンドで失敗する可能性がある。

外を見るのはとても退屈な仕事のように思えるかもしれないが、「あなたは何をしているのだろう」と思って、仕事で迷ったり、気が散ったりすることがある。 あなたは多かれ少なかれあなたを助けることができるが、最も重要なことは、自分自身を方向づけ、仕事へのやる気を引き出す方法を知っている必要がある。

あなたの会社に最高のサービスを得るには、メールアドレスでご連絡ください.

メール:[email protected]