JAPANーMEKONG経済協力カンファレンス

 2020年03月23日

JAPANーMEKONG経済協力カンファレンス

第5回日越の経済・文化交流プログラムにおいて、11月30日、ベトナム商工会議所(VCCI) 、及びホーチミン市の日本貿易振興機(JETRO) は、メコンデルタの13県の投資・観光振興センターと協力して、JAPANーMEKONG経済協力カンファレンスを開催した。

両国の中央地方の代表者、ベトナムおよび日本の企業からの経済専門家で合計400名以上が参加した。

カンファレンスにおいて、以下のこと中心に記論した。

  • ベトナムへの投資動向
  • メコンデルタにおける経済・観光の投資の可能性
  • メコンデルタに来たときの日本企業のニーズ

また、他のテーマは以下のようになる。

  • 食料生産における協力
  • 情報技術とテレコムの協力
  • 日本向け農産物の促進
  • 観光開発の協力

カントー市人民委員会のル・クアン・マン(Lê Quang Mạnh)委員長は、日本はいつものベトナムのトップ投資家であり、現在、多くの重要なプロジェクトを含め、登録数が590億米ドルを超える4,300以上の案件があると述べた。

しかし、メコンデルタとカントーへの日本企業の投資規模は、本地域の潜在性と利点に比べて低いようである。近い将来、地域の重要なインフラの完成により、多くの日本の投資家をメコンデルタに引き付けることを期待しているとも述べた。

「日本の投資家も事務所を設立して、ここはすべての情報を日本の投資家に提供する場所です。また、ここもカントー市への投資の困難や疑問などを受け入れる所もなります。我々は、日本の投資家のみにHưng Phúでの工業団地(面積124ha)を設立します」とル・クアン・マン(Lê Quang Mạnh)が言った。

ベトナム商工会議所長のヴティエンロック(Vũ Tiến Lộc)は、メコンデルタは国内最高のPCI指数があり、本地域がベトナムの多くの重要な商品を輸出する所です。また、ここは日本の投資家を含む、発展する余地があると言った。

ベトナム商工会議所長は、メコンデルタの利点の以外、近年メコンデルタは気候変動という問題に直面しています。この地域を開発させることはベトナムの経済発展に貢献できると述べた。

VU TIEN LOC氏によると、開発のキーは両国間の人材育成に協力するのを向上させる事と、革新・創造です。近い将来、本地域の人材の質を向上させ、日越の企業は、人材育成に協力し、支援しなければならないということである。

「メコンデルタの開発戦略とともに、可能な開発を確保する、スマートであり、環境に優しい経済に向けた戦略は、日本の技術、ビジネスモデル、ビジネス方法が適当です。ベトナムとの日本の協力戦略の中でメコンデルタの開発は最も重要な事です」とVũ Tiến Lộc氏は強調した。

この機会、カントー市も日本の企業に食品素材の加工および生産プロジェクトの投資証明書(登録資本金800万ドル)を授与する。