ベトナムは巨人テクノロジー企業の目的地

東南アジアのデジタル経済2019に関する最新の報告によると、この地域のデジタル経済は今年1,000億ドルを超え、2025年までに3倍になると予想されています。東南アジアは、技術に精通した人口、特にスマートフォンの使用の増加により、ECの急成長市場の1つになる可能性があります。

ベトナムは巨人テクノロジー企業の目的地

 2022年01月12日

ベトナムは巨人テクノロジー企業の目的地

1. 巨人テクノロジー企業の目的地


 

東南アジアのデジタル経済2019に関する最新の報告によると、この地域のデジタル経済は今年1,000億ドルを超え、2025年までに3倍になると予想されています。東南アジアは、技術に精通した人口、特にスマートフォンの使用の増加により、ECの急成長市場の1つになる可能性があります。

 

TopDevの調査によると、2020年のベトナム市場は好評を博しており、EC、FinTech(金「Finance」と技術「Technology」を組み合わせ)、ライドヘイリング/フード、EdTech(教育「Education」とテクノロジー「Technology」を組み合わせ)、健康管理などの12の主要分野で繁栄しています。

 

供給連鎖を担当するAppleのバイスプレジデントであるRoxy Sextonは、Appleの供給連鎖への参加を希望するベトナムのICT企業との協力の機会に会い、探求する用意があると述ました。近い将来、ベトナムは世界の大手テクノロジー企業の目的地になるでしょう。

 

Samsungがベトナム経済の活性化を支援する外資系企業の1つであることに加えて、今後のAppleの参加は、ベトナムへの外国投資の波に力を加える可能性もあります。Samsungは2020年に、ハノイ地域の研究開発投資にさらに3億米ドルを投資し、近い将来、技術分野でさらに4,000人の労働者を必要とすると発表しました。

 

インドの3大IT企業(世界のトップ5のアウトソーシング企業)1つであるHindustan Computers Limited(HCL)は、ホーチミン市にセンターを開発し、今後5年間でさらに10,000人のエンジニアを必要としています。 米国の主要な法執行技術開発会社の1つであるAxonEnterpriseも、ベトナムのホーチミン市に技術開発拠点を集中させています。

 

2. 人材不足状況


 

技術管理職(企業のCTOまたはCIOの役割を担う)の給与は最大5,700米ドル(132,291,000VNDに相当)であり、1,329米ドル(3,080万VNDに相当)は企業が利用できる平均給与です。経験豊富な人と1年間の勤務後の昇給率は12〜18%に達します。 給与は約38,165,000VND /月で、TensorFlowsが現在最も高額な技術であり、Kubernetes and Go(33,577,000 /月、28,270,000 VND /月)がそれに続きます。

 

機械学習・AIエンジニアは、給与がかなり高く、月額5,100万ドン、月額4,400万ドンと、依然として最も有望なポジションでトップの地位を維持しています。人材の不足と厳しい要件により、5年以上の経験を持つ管理職の給与は月額3,100万ドン以上です。しかし、雇用主は、給与だけでなく、生活のバランスを確保するための仕事における他の要件も含めて、様々な要件を持つ人々を見つけることも困難です。

 

才能を見つけることは困難であり、才能を維持することは企業にとってもっと困難です。ITは、離職率が最も高い4つの業界の1つであり、プログラマーが「ジャンプ」する平均時間は20か月で、2020年の離職率は24%に達します。

 

これらの数値を説明するために、TopDevのITレポートは、答えが給与に含まれていないことを分析しています。新しい仕事が与えられた場合、プログラマーの給与は15%しか増加しませんが、受け取る価値はさまざまな条件下にあるためです。一番上にあるのは、正式なトレーニング(43.2%)と明確なキャリア開発パス(38.4%)の必要性です。

 

3. 人材不足の解決策


企業における人手不足の問題とその原因は?解決策を解説 |パソナ・パナソニック ビジネスサービス(PBS)

 

TopDevのITレポートによると、2020年にベトナムには40万人以上のIT労働者が必要であり、この数は2021年までに50万人に増加すると予想されています。

 

人材不足の理由は多くの点があります。主にトレーニングプログラムからのオリエンテーションが不足しており、企業が求める正しい焦点ではありません。卒業生は必要なスキルを欠いており、英語の使用に堪能ではありません。

 

今後、ITトレーニングセンターは量よりも質に重点を置く必要があります。現在、政府は現在ベトナムでITを教えている20の学校にさらに投資する計画を持っています。そこから、政府は企業と協力してより短期間のトレーニングコースを開き、若者が真のニーズに取り組み、新規テクノロジーに追付くことができるようにします。

 

実際、多くの企業は現在、学生が練習するための最良の機会であるインターンシッププログラムを持っています。アルバイトはまた、将来の仕事で経験、プロセス、問題解決方法を蓄積するのに大いに役立ちます。その上、外国語や社会的相互作用のスキルも、スキルや知識だけに焦点を当てるのではなく、トレーニングに焦点を当てる必要があります。

 

一方、多世代採用の時代には、新世代の労働文化が変化したこともあり、企業は新入社員の維持と採用においても課題に直面しています。企業は、ワークライフバランスの作成、および会社の動的環境の改善に重点を置き、候補者が会社の製品開発を簡単に統合してアイデアに貢献できるようにする必要があります。現在、従業員が仕事に専念する意欲を高めるために、自社にスタートアップモデルを適用している大企業も数多くあります。

 

4. 結論


ベトナムのIT人材は、自習、探索、外国企業との統合ができることでますます高く評価されています。しかし、国内の技術をこの地域の国々と比較できると言っても過言ではありません。 量と質を確保するための範囲と力の面で人材の問題が十分に活用されていません。

それはまた、主に貿易ではなく技術をめぐって大国が互いに戦っているのを見る理由でもあります。したがって、技術はベトナムが遠くの波を捕まえるために轍をあきらめるのを助ける方法です。 IT国になるというベトナムの夢はいつか実現するだろう」と言われました。


ITオフショア開発をシステム検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下のとおり弊社の連絡先

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

無料見積もりはこちらから▶