×

ベトナムのITアウトソーシング市場|成長および動向け2022年〜2025年。

ベトナムのITアウトソーシングは、去年(2021年)に急激な時価総額の増加と成長を目撃しており、この潜在的な開発は2022年からも継続され、業界に多くの新しいトレンドを生み出します。 今回の記事では、 ITアウトソーシング市場 が次の3年の段階にどのように展開するかを見てみましょう。

ベトナムのITアウトソーシング市場|成長および動向け2022年〜2025年。

 2022年04月20日

ベトナムのITアウトソーシング市場|成長および動向け2022年〜2025年。

ベトナムのITアウトソーシングは、去年(2021年)に急激な時価総額の増加と成長を目撃しており、この潜在的な開発は2022年からも継続され、業界に多くの新しいトレンドを生み出します。 今回の記事では、 ITアウトソーシング市場 が次の3年の段階にどのように展開するかを見てみましょう。

 

1. ベトナムのITアウトソーシング市場 の成長と動向は2022年から2025年。

1.1  ベトナムの ITアウトソーシング市場 の成長


Data scientists. Male programmer using laptop analyzing and developing in various information on futuristic virtual interface screen. Algorithm. marketing and deep learning of artificial intelligence Data scientists. Male programmer using laptop analyzing and developing in various information on futuristic virtual interface screen. Algorithm. marketing and deep learning of artificial intelligence technology computer stock pictures, royalty-free photos & images

 

企業の競争力向上においてテクノロジーがますます重要になるにつれて、デジタルトランスフォーメーションを実施する企業が増加しています。その結果、ITアウトソーシング市場全体が急速に成長してきました。

2021年には、ベトナムにおけるITアウトソーシング事業の売上は136.153百万ドルに達すると報告されています。これは、このような経済的に困難な年において膨大な数です。 一般的に、ベトナムのITアウトソーシング市場は予測期間中(2025年まで)に4.5%のCAGRを登録すると予想されます。

コロナ禍の大流行にもかかわらず、またはおそらくコロナ禍の大流行が理由として、IT部門がアウトソーシングに費やす予算の割合は、以前の2019年〜2021年数に基づいて、約8〜9%増加し続けております。困難なパンデミックによって引き起こされたいずれかのリスクとチャレンジに対しても、ベトナムのITアウトソーシングは、デジタル化のトレンドを活用し、ビジネスの成長、顧客体験、競争的革新という点でビジネスを支援できるため、巨大な可能性を示しています。

1.2業務委託が最も多いアジア

パンデミックがグローバルビジネスを加速させるにつれて、企業は業務にデジタル化を実施するためにあらゆる取り組みをしています。その中では、経済が成熟したベトナムがアジアの業務委託件数をリードしており、約38%の企業がサービスを委託しています。

特にベトナムでは、ベトナムでのITアウトソーシングが110億ドルの売上で浮上しています(ベトナムソフトウェアおよびITサービス協会の報告による)。ベトナムは、Tholonのデジタル国家トップ50の中で9位にランクされています。 ICTの総輸出額は915億ドルと報告されており、ソフトウェアの輸出売上高は35億ドルに上ります。 この数は2022年に最も増えると予測されています。

次にランクされているのはインドで、36%の企業が人材不足を主な要因として海外にアウトソーシングしています。

また、先進国で有能なIT人材を雇う費用は非常に高い為、他の国からのより超安価なサービスを検討する必要性が高くなります。したがって、最も多くアウトソーシングする国の大多数は先進国にあります。その中の1つは日本で、約43%の企業がサービスをアウトソーシングしています。

これらの目的地は持続的に成長し続けます。近年、東南アジアが信頼できるアウトソーシング先として浮上しています。他のいくつかの東南アジアも、高度なテクノロジーと堅牢なインフラ施設により、オフショアITソリューションの急成長先です。

1.3頻繁に外部委託された機能

ハチネットソフトウェア企業の調査によると、部分的なITアウトソーシングの傾向の中で、システム開発・アプリケーション開発とメンテナンス等が最も頻繁にアウトソーシングされる機能になっていることが示されています。

最も頻繁にアウトソーシングされている機能であるシステム開発とアプリケーション開発については、この機能をアウトソーシングしている組織の32%ですが、アウトソーシングする作業量を増やす計画を図っています。システム開発とアプリケーション開発は引き続きIT予算の大部分を占めており、多くのIT組織は、外部の開発企業を選択的に使用することにより、内部の人員配置を最適化しようとしています。

さらに、多くの企業が最新のテクノロジーとシステム・アプリケーションでの完璧な運用を要求しているため、メンテナンスは頻度に関して3番目でアウトソーシングされているIT機能にランク付けされています。その結果は、バグ修正、機能強化、パフォーマンス改善、スケーラビリティ、セキュリティ等の多くのメリットがもたらされます。

1.4 業務委託が最も多い市場

Business women studying charts and diagrams on digital tablet closeup Business women studying charts and diagrams on digital tablet closeup. Business meetings concept technology computer stock pictures, royalty-free photos & images

 

日本企業(銀行、金融サービス、保険)は、ITアウトソーシング業界で最大の市場シェアを占める分野です。

現代のお客がサービスの提供方法に関して、更なる要求を出しているため、日本企業は、より個人化かつ合理化された顧客体験のための技術的なシステムとアプリケーションの活用を図っています。

さらに、顧客体験におけるテクノロジーの実施は、一流の顧客サービスを提供するだけでなく、日本企業に顧客からのデータを活用およびマイニングする為のツールを提供し、ビジネスの成長に多くのメリットを齎します。

 

2. ベトナムの ITアウトソーシング市場 の今後の動向

2.1 リモートワークは継続 


 

2022年パンデミックは後退していますが、作業慣行がコロナ禍以前の「通常」に戻る見込みはほとんどできません。さらに、リモートワークは徹底的に実施されていますが、作業が現在と異なったやり方に変わっていく可能性もあります。

例えば、ベトナムでは、2020年〜2021年に従業員の約8%が一部の仕事を自宅で行い、2021年には24%増加しました。singaporでは、パンデミックの前に定期的に自宅で仕事をすることができたのはわずか3%でしたが、パンデミックのせいで38%の人が、一部の仕事を自宅でするようになったと述べました。

来年がどうなるかを明確に言うことは不可能ですが、世界中の企業が取っている取り組みから、今後の動向が見られると言えるでしょう。いくつかの著名な組織は、リモートワークを熱心に受け入れており、それを非常に気に入っており、デフォルト設定にしています。

2.2 ベトナムの ITアウトソーシング市場

次に、ベトナムの ITアウトソーシング市場の動向を見ていきましょう。

IT産業が急成長したことでIT人材の需要も上昇し、ベトナム国内のエンジニアの数は一気に増えました。2022年は、政府も力を注いでいる分野・産業であるため、優秀なIT人材が育ちやすい環境が整っているのです。

今やベトナムは、中国、インド、Singaporに並ぶ代表的な ITアウトソーシングパートナーとして、日本のみならず世界中の企業から注目を集めており、委託先として大変人気があります。日本企業向けの ITアウトソーシング開発市場の規模を見ても年々拡大しており、年間17億USドル以上の規模になっています。

ただし、ベトナムのIT業界はハードウェアの売上が全体の8割以上を占めており、ソフトウェアの売上にあたるオフショア開発の売上割合・規模は小さいのが現状です。その分オフショア開発は今後、特に成長が見込まれる分野という見方もできるでしょう。

 2.3 ITアウトソーシングのトップ目的地としてのアジア

ITアウトソーシング市場 :概要、予測、および動向2022〜2025 - LQA | ベトナム初の第三者検証会社

 

経済協力開発機構による2021年の報告書は、「新興アジアのGDPは2021年から2025年までの間に年平均6.7%成長すると推定されている」と述べています。

フルサービスのサイト選択コンサルタントおよび経済開発マーケティングエージェンシーであるGSLI(グローバル・サイト・ロケーション・インダストリーズ)は、財政的魅力、人材のスキルと可用性、ビジネス環境、および 新しいディジタルレゾナンスの4つの主要なカテゴリにわたって60か国の観光地の輪郭を追跡しました。 その結果、GSLIの評価によれば、ベトナム、中国、インド、シンガポールのアジア諸国はトップ10に入っています。

これらの要因は、アジアのITアウトソーシングサービスの強力な発展に貢献しています。これまで、アジア、特に東南アジアには多くのソフトウェアアウトソーシング企業があり、その数は年々増え続けています。

アウトソーシング先の国の選択は、アウトソーシングの目的、アウトソーシングのIT機能、会社の予算等、多くの要因によって異なります。アウトソーシングの際には、次のようないくつかの質問を考慮する必要があります。

何よりも重要なことは何か:アウトソーシングで節約できる金額?

もしくは、コストをどれだけ早く削減できるかということ?

幅広い性能を望むか、もしくは、特定の分野での専門知識を望むか? 低価格の固定費またはより変動価格を望むか?

 

3. まとめ


ここ10年〜15年ほどで、ベトナムのIT市場は急成長しています。ベトナムは政府の積極的な後押しにより優秀なIT人材が育ちやすい環境もあり、海外のIT企業からの注目度が高い国です。

日本企業にとっては、ベトナムのIT産業が発展することでITアウトソーシングの単価が上がるといったデメリットも考えられますが、より高度な開発を委託できるようになるという大きなメリットも見逃せません。

ITアウトソーシングに依存する体制から抜け出したいベトナムのIT企業にとって、今後は対国内のビジネス展開が課題です。将来性のある人口構造にも支えられ、国内の需要・供給もますます拡大していくでしょう。

ハチネットソフトウェアは、日本企業に特化したベトナムのITアウトソーシング開発会社です。ハチネットソフトウェアには日本人の開発メンバーも在籍しており、ベトナムと日本に精通したサービスを提供しています。急成長中のベトナムIT企業へのアウトソーシング開発依頼をご検討中であれば、ぜひご相談ください。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。