ベトナム文化の特徴

 2020年05月19日

ベトナム文化の特徴

1. ベトナムの文化は非常に多様

ベトナムは54の民族がある。その中で、 最も人口が多いグループはKinh(キン)族であり、それらの人達が有名な紅河文明を持ち、紅河デルタに住む。 他の民族は山中に散らばっている。 各民族は独自の信念、料理、特別がある。

Cham(チャム)文化はベトナム歴史の中で最も初期の文化の一つである。 文化の違いにもかかわらず、54の民族は差別がなく、平和に暮らしている。

地域の多様性もベトナムの文化に多様性を齎す。 S字型の土地は北部、中部、南部の3つの地域に分かれている。 ベトナム語で北部と呼ばれるベトナム北部は、ベトナム文明の発祥地である。 中部は主に山と海岸線である。 中部の文化は、Truong Son(チュオンソン)山脈と海岸の影響を受けている。 南部はメコンデルタがある。 これはベトナムで最大の農業生産地域だと言われている。

2.ベトナム文化における信仰と宗教

ベトナム人のイデオロギーは仏教、道教、儒教の影響を受けている。 ベトナム人は自分の信仰を持っていない。 それで、ベトナムの文化を探索すると、キリスト教、仏教、ヒンズー教などの宗教建築が数多く見える。それらの多くは、マリアマンヒンドゥ寺院、ホーチミン市のノートルダム大聖堂、一柱寺、文廟などの魅力的な観光地である。

祖先崇拝はベトナムの文化的価値観の美しさである。 ベトナム人は自分の起源を決して忘れない。  正月、月ごとの初日や15日(旧暦による)などの特別な日に、ベトナムの人々は線香を燃やし、果物の供物などを用意し、祭壇に置く。 ベトナムでは祖先崇拝が古くから存在している。 今までは、ベトナム人は死者への敬意を示すために依然として崇拝を続けている。

3.料理-ベトナム文化の特徴

ベトナム料理は地域ごとの特徴があり、それぞれの地域は料理の調味料、作り方、楽しみが異なる。 食べ物は地域によって多様である。 ベトナム料理の主な食べ物は米だと言われれる。

コメの畑はベトナムのどこでも見える。ベトナムの料理文化では、甘い、酸っぱい、辛い、ソースの特別な味など、多くの風味を持つ典型的な料理である。

フォーはベトナム人の代表的な料理でり、観光客に注目されるものだと言われる。フォーは米、牛肉、スープから作られ、レモン、ライム、チリと一緒に食べられる。 

4.伝統衣装

アオザイはベトナム人の民族衣装とされる。 アオザイのデザインは時代とともに変化されている。 以前、男性と女性の両方が長いドレスを着たが、現在では、主に女性が着用している。 ベトナム文化の美しさの中でアオザイはユニークである。

5.ベトナム文化の伝統的な祭り

お祭りはベトナム文化の特色の一つである。 民族の宗教の多様性は、ベトナムにお祭りが多い国の1つにさせる。 文化的な行事を思い出すために祭りが開催される。

お祭りは、式と会の2つの部分がある。 式は、健康、富、幸運、自分と愛する人のための幸福についてのすべての神性と夢を尊重することである。 会は、文化、地域社会、宗教などの点で独特である。

2つの最大の伝統的なお祭りは、旧正月とフン王の死の記念日である。 旧正月は、各地域に、バクニン県のHoi Lim(ホイリム)、ソクソン県のHoi Giong(ホイゴン)、ハノイの Huongお寺(フォン)祭など、他のフェスティバルが開催される。 Hung(フン)王の死の記念日は、旧暦の3月8日から11日まで毎年開催される。

ベトナムの文化の特徴は古くから存在し、長年にわたって多くの文化の流れがベトナムに導入されてきたが、ベトナム人は常に国の文化を維持し、国の伝統的な価値を促進することの重要性を認識している。