ビッグデータとは? ビッグデータの特徴と実用化の紹介

 2021年07月07日

ビッグデータとは? ビッグデータの特徴と実用化の紹介

この時代において、データは金や銀に劣らず貴重な資源と見なされています。 あなたが誤ってダイヤモンドを手に取ったのと比較して、車を購入する必要がある「巨人」のリストを持っているあなたの間の例をとってみてください。 そして、これらの両方のケースはあなたにお金を稼ぐ、つまり利益を上げる可能性があります。

では、ビッグデータとは何ですか? ビッグデータのさまざまな側面を一緒に探求しましょう。

 

1. ビッグデータとは?



ビッグデータは、従来の処理では処理するには大きすぎて複雑なデータセットであり、妥当な時間にキャプチャ、キュレート、および管理するのは困難です。

これらのビッグデータには、構造化データ、非構造化データ、半構造化データが含まれます。各セットを活用して、洞察を明らかにすることができます。

2. ビッグデータの特徴


ビッグデータ特性は次の通りです。

  • ボリューム:データの量。
  • 多様性:データの種類と性質。
  • 速度:データが分析および処理される速度。

関連するコンポーネントを使用したビッグデータの定義により、組織はデータを実用化し、次のようなマーケティングの問題を解決できます。

  • ビッグデータをサポートするために必要なITインフラストラクチャ。
  • 分析はデータに適用されます。
  • ビッグデータプロジェクトに必要なテクノロジーは、スキルセットに関連しています。

そして、現実的な状況はビッグデータにとって意味があります。

 

3. ビックデータ解析


 

ビッグデータ組織に価値を与えるのはデータ分析です。分析なしでは、それは限られたビジネス用途のデータセットにすぎません。

  • ビッグデータを分析することで、大企業は売上の増加、顧客サービスの向上などのメリットを得ることができ、より効果的で競争が激化する可能性があります。
  • データ分析では、データセットを調べて、将来のパフォーマンスに関する傾向や予測など、データセットに含まれるものについて洞察を収集したり、結論を導き出したりします。
  • データを分析することにより、組織は、キャンペーンをいつどこで実行するか、新しい製品やサービスを導入するかなど、より適切なマーケティング決定を下すことができます。
  • 分析では、より高度なビジネスアプリケーションを参照できます。科学組織は、アプリケーションとして予測分析を使用します。
  • 最も高度なデータ分析タイプはデータマイニングであり、アナリストは大規模なデータセットを評価して、関係、パターン、および傾向を判断します。
  • データ分析には、探索的データ分析(EDA)(データのパターンと関係を特定するため)と確認データ分析(統計的手法を適用してデータセットに関する仮説を正しいかどうかにかかわらず)を含めることができます。
  • もう1つの側面は、定量的データ分析(または統計的に比較可能な変数を使用した数値データの分析)と定性的データの分析(ビデオ、画像、テキストなどの非個人データに焦点を当てる)です。

4. ビックデータをサポートITインフラストラクチャー


 ビッグデータの定義が機能するためには、組織はデータを収集および保存し、保存および転送中にアクセスを提供し、情報を保護するためのインフラストラクチャを必要とします。

ストレージシステムとホストを含​​む高度なレベルは、ビッグデータ、管理ソフトウェアデータ統合、ビジネス情報とデータ分析ソフトウェア、およびビッグデータアプリ向けに設計されています。

企業はデータセンターに投資したいので、インフラストラクチャのほとんどは1か所に集中します。しかし、ますます多くの組織が、ビッグデータ要求の多くを処理するためにクラウドコンピューティングサービスに依存しています。

データ収集にはリソースが必要です。 Webアプリ、ソーシャルメディアチャネル、モバイルアプリ、電子メールアーカイブなど、次のアプリケーションの多くがプリインストールされています。

しかし、ITの人気が高まると、企業はデータを収集するためにデバイス、車両、製品のあらゆる手段にセンサーを導入し、データを生成する新しいアプリを導入する必要が生じる可能性があります。 IT指向のデータ分析には、専用のツールと手法があります。すべての受信データを保存するには、組織に十分なストレージスペースが必要です。ストレージオプションには、従来のデータウェアハウス、データレイク、クラウドストレージが含まれます。

セキュリティインフラストラクチャツールには、データ暗号化、ユーザー認証、その他のアクセス制御、監視システム、ファイアウォール、エンタープライズモビリティ管理、およびシステムとデータを保護するその他の製品を含めることができます。

5. ビックデータのための優れたテクノロジー


一般的なデータに使用されるITインフラストラクチャの他に、ITインフラストラクチャがサポートする必要のあるビッグデータ固有のテクノロジがいくつかあります。

5.1 Hadoopエコシステム

Hadoopは、ビッグデータに最も密接に関連するテクノロジーの1つです。 Apache Hadoopプロジェクトは、スケーラブルで分散型のコンピューター用のオープンソースソフトウェアを開発しています。

Hadoopソフトウェアライブラリは、単純なプログラミングモデルを使用して、コンピューターのグループ間で大規模なデータセットの分散処理を可能にするテンプレートです。 単一のサーバーから他の何千ものサーバーに拡張できるように設計されており、ローカルのコンピューティングとストレージを提供します。

プロジェクトには多くの部分が含まれています。

  • Hadoop他のHadoopセクションをサポートする一般的な人気のユーティリティです。
  • 高度なアプリケーションデータアクセスを提供するHadoop分散ファイルシステムです。
  • Hadoop YARN、クラスターリソース管理と作業計画のテンプレートです。
  • Hadoop MapReduceは、大規模なデータセットを並列処理するためのYARNベースのシステムです。

5.2 Apache Spark

Apache Sparkは、Hadoopでビッグデータ処理エンジンとして使用されるHadoopエコノミーのオープンソースクラスターコンピューティング部分です。

Sparkはビッグデータ処理に必要なテンプレートの1つであり、さまざまな方法でデプロイできます。 Java、Scala、Python(特に、Anaconda Python distro)、プログラミング言語R(Rは徐々にビッグデータに適しています)をサポートし、SQL、ストリーミングデータ、機械学習、把握処理をサポートします。

5.3 データレイク

データレイクは、ビジネスユーザーがデータを必要とするまで、膨大な量の生データをネイティブ形式でアーカイブします。

データの成長を促進する要因は、デジタルの動きとITの開発です。 データレイクは、ユーザーが必要なときに大量のデータに簡単にアクセスできるように設計されています。

5.4 NoSQLデータベース

SQLデータベースは通常、信頼できるトランザクションとランダムな照会のために設計されています。

ただし、厳密なスキーマなどの制限があるため、いくつかのアプリには適していません。 NoSQLデータベースは制約に対処し、データを保存および管理して、高速な操作と優れた柔軟性を実現します。

企業は、大きなWebサイトのコンテンツを保存したり、データを処理したりするためのより良い方法を見つけるために、多くのデータベースを設計しています。 SQLデータベースとは異なり、多くのNoSQLデータベースは、数百または数千のサーバーにまたがって水平方向に拡張できます。

5.5 インメモリデータベース

インメモリデータベース(IMDB)は、HDDではなくメインメモリ(Ram)に依存してデータを格納するデータベース管理システムです。 インメモリデータベースは、ディスク内で最適化されたデータベースよりも高速です。これは、ビッグデータ分析を使用し、データストレージとメタデータを作成するための重要なポイントです。

 

6. ビッグデータを使用するアプリケーション


 

ビッグデータと分析は、多くのマーケティングの問題やさまざまな用途に適用できます。 ビッグデータは多くのマーケティング分野で使用されており、印象的な変更を加え、効率と生産性を向上させています。

6.1 銀行業界

ビッグデータは銀行システムに効果的に適用されており、現金回収から財務管理まで、あらゆる銀行業務においてその重要性を示しています。

銀行がビッグデータを適用する方法:

  • 彼らはクラスター分析を使用して重要な決定を下しています。 システム分析により、新しいブランチを提案するために多くの潜在的な顧客ニーズが集中しているブランチを特定できます。
  • 銀行セクターに適用される多くのルールを組み込んで、毎年特定の時間に支店ですぐに 利用できるようにするために必要な現金の量を予測します。
  • データサイエンスは現在、デジタルバンキングシステムの基盤です。
  • 銀行では機械学習とAIを使用して、不正行為を検出し、関連当局に報告しています。
  • データサイエンスは、日常の活動からのビッグデータの解決、収集、分析をサポートし、セキュリティを確保します。

6.2 医療産業

データサイエンスは、人間の健康を改善する上で重要な役割を果たしてきました。 ビッグデータは、治療の方向性を特定するだけでなく、医療プロセスを改善するためにも適用されます。

医療業界がビッグデータをどのように適用するか:

  • ケースマネージャーが特定の時間に必要な医師を予測できるようにします。
  • 電子健康追跡記録による患者の状態の追跡です。
  • ウ ェアラブルデジタルデバイスを使用して、ビッグデータシステムは患者を追跡し、関連する医師に報告することができます。
  • ビッグデータは症状を評価し、多くの初期段階の病気を特定することができます。
  • 機 密記録を安全に保ち、大量のデータを効率的に保存できます。
  • ビッグデータアプリケーションは、デング熱やマラリアなどの発生のリスクがある地域を予告することもできます。

6.3 Eコマース

Eコマースはオンラインで実行することの利点を享受しており、ビジネス目標を達成するために多くの課題に直面する必要があります。

Eコマースがビッグデータを適用する方法:

  • トランザクションを開始する前に、データと顧客の要件を収集できます。
  • 効果の高いマーケティングモジュールを作成します。
  • Eコマースマネージャーは、最も閲覧されている製品を特定し、それらの製品の表示時間を最適化できます。
  • 顧客の行動を評価し、売り上げを伸ばす同様の製品を提案します。
  • ビッグデータは、商品がショッピングカートに追加されたが、最終的には顧客が購入しなかった場合に、その特定の顧客にプロモーションコードを自動的に送信できます。
  • これらのビッグデータアプリは、年齢、性別、場所へのアクセスなどの基準に基づいてレポートを調整できます。
  • 顧客の要件を特定し、顧客の要求を満たすために最高のサービスを提供することに焦点を当てます。
  • 行動や興味を分析し、その傾向を追って顧客志向の製品を作成します。
  • 何もより良い製品をリーズナブルな価格で提供します。
  •  顧客の行動データを収集して、オーディエンスまたはオーディエンスグループによってカスタマイズされた最適なマーケティングモジュールを設計して、売り上げを伸ばします。
  • 顧客とその要求の間の類似点を見つける。そこから、以前の分析に基づいて、広告キャンペーンのターゲティングをより効率的に行うことができます。

6.4 小売業界

ビッグデータは、競争の激しい市場と顧客の関心を分析することにより、小売業界に機会を提供します。 さまざまなデータを収集することで、体験の旅、買い物の傾向、顧客満足度を判断するのに役立ちます。 収集されたデータは、販売実績と効率を向上させることができます。

小売業界がビッグデータをどのように適用するか:

  • ビッグデータは、マネージャーが顧客ごとに支出モジュールを構築するのに役立ちます。
  • 予測可能な分析の助けを借りて、業界は需要と供給の比率を比較し、評判の悪い製品の販売を回避することができます。
  • 小売業界は、習慣や需要に応じて棚に配置された製品を見つけ、改善するための新しい戦略を立てることができます。
  • タ イミングデータ、トランザクションデータ、ソーシャルメディアデータ、天気予報の同時分析を組み合わせて、常に顧客に提供できる適切な製品を最も正確に特定します。

6.5 デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、あらゆるビジネスの成功への鍵です。大企業は最近、広告およびマーケティング活動を実行できますが、小規模の起業家は、ソーシャルメディアプラットフォームで成功した広告キャンペーンを実行し、製品を宣伝することもできます。ビッグデータはデジタルマーケティングを強力に成長させる力を与えており、あらゆるビジネスに欠かせない要素となっています。

デジタルマーケティングがビッグデータを適用する方法:

  • マーケティング、競合他社を分析し、目標を評価することは、企業が次の事業計画を継続するための優れた機会をより明確に定義するのに役立ちます。
  • ユーザーはソーシャルメディアで識別され、人口統計、性別、収入、年齢、興味に基づいてターゲティングできます。
  • キャンペーン後にレポートを作成するには、生産性、視聴者の期待、より良い結果の実装が含まれます。
  • データサイエンスは、顧客をターゲットにし、顧客サイクルを育成するために使用されます。
  • 非常に人気のあるトピックに焦点を当て、ビジネスWebサイトをGoogle(SEO)で上位にランク付けするために、コンテンツ戦略にそれらを実装するようにビジネスオーナーにアドバイスします。
  • 既存のオーディエンスデータベースを使用して同様のオーディエンスを作成し、同様の顧客をターゲットにして利益を得ることができます。

 

7. まとめ


近年、ビッグデータはエンジニアリングから徐々に脱却しました。テクノロジー業界は、ビジネスのテクノロジー基盤に不可欠な要素になるために形成されました。

ビッグデータは、人類に貢献するためのこのテクノロジーの優れたアプリケーションのために、これまで以上に人気があります。

私たち「HachinetSoftware」は、お客様とパートナーの満足を満足させるために常に努力してきた、献身的でダイナミックで熱心なチームによるベトナムを拠点とするソフトウェアサービスです。私たちは以下を専門としています。

  • Webアプリケーション(.NET JAVAPHPなど)
  • フレームワーク(ASP、MVC、AngularJS、Angular6、Node JSVue.JS
  • モバイルアプリケーション:IOS(Swift、Object C)、Android(Kotlin、Android)
  • システムアプリケーション(CobolERPなど)、
  • 新技術(ブロックチェーンなど)。

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected] 

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶