企業文化とは?なぜ必要なのか?概略・注意点・作り方をご理解

 2021年04月20日

企業文化とは?なぜ必要なのか?概略・注意点・作り方をご理解

企業文化とは、企業の社員間で根付く文化のことです。社内で培われた価値観が社員の行動につながり、企業経営や事業活動において様々な影響を与えていく、これはとても重要な文化です。しかし、「可視化しづらい」「外部の影響や組織のフェーズで変化できる」といった特徴があるため、企業文化を醸成していくのは簡単なこと出来ないと思います。今回の記事は、企業文化の概要や注意点や作り方などについて皆さんにご紹介します。

 

1. 企業文化とは?


Tư thế ngồi đúng cho dân văn phòng

 

企業文化とは、企業での価値観や企業規範のことを表します。企業文化は、長い時間の経営者たちの考え方、あるいは企業の伝統とも呼ばれるものによって生まれていきます。さらに、会社全員が仕事をする上での「行動規範」にもなっております。

企業として活動していく前に、企業イメージが大切な要素であることはもちろんだと思います。価値観や行動規範がある企業は、企業イメージにも結びつくことから、企業活動へ与える影響も大きいです。企業に合った最適な企業文化を作っていくことが大切です。

 

2. 企業文化の特徴


欧米で成長するIT企業の特徴とヨーロッパ最新トピックス|ヨーロッパの調査・事業戦略の策定・実行ならプルーヴ

最適な企業文化を作れば、社員のモチベーションが高くなって、少しずつのパフォーマンスの向上、離職抑制、経営の効率性アップというメリットもあると考えられます。そのだけではなく、企業と社員が同じ指針を向くことで、企業全員のチームワークの効果がアップできて、企業全体のムードもどんどん高まります。さらに、離職が減少されると、人材採用のコスト削減にもできるでしょう。これは企業文化の重要な特徴だと思います。

 

3. 企業文化を持つことの重要性


企業文化」は、定量的に測れない、短期間では成果が出ないという面があります。それゆえ、「企業文化」の構築は勢い二の次になってしまうケースが多いようです。

しかしながら、「企業文化」は、集団活動をおこなう組織では、その行動や判断の基準となるものです。その重要性は譲れないところがあります。企業文化を持つことの重要性について考えてみましょう。

 

3.1. 社員の行動指針になる

組織を強固にして、会社が目指した方向に進むためには統一した価値観や行動規範が必要です。日々の仕事で社員に迷いやトラブルが生じた時に、行動規範や指針に基づいて判断・行動することができ、会社と同じ価値観のもとにマネジメントすることができるには、行動指針である「企業文化」が重要になります。

部署や職種が違うメンバー間でも行動指針があれば、それぞれの環境で同じビジョンの達成に向かって行動ができるでしょう。

 

3.2. 社員の能力を向上させる

明確な「企業文化」があると、社員は「会社の為に何ができるか」を考えて自発的に行動することができます。顧客満足(CS)を重視する「企業文化」なら、顧客の心情を読み取って顧客目線の対応を心がける社員が増えるでしょう。

社員のパフォーマンスやモチベーションが上がり、生産性向上へとつながります。それは結果的に「会社の為になる」ことになります。漫然と「会社の為に行動」と指示しても、社員には理解しにくい面があります。

 

3.3 企業内での一体感が強まる

多くの企業が成長過程でチームワークや帰属意識について課題を抱えています。明確な「企業文化」があれば、社員は行動規範や判断基準を共有して、同じ目標に向かって進むことができます。

前述の課題も、コミュニケーション不足による要因が多いというのが実情です。同じ目標を持つことで情報共有やコミュニケーションが活性化し、同士意識が生まれます。様々な個性の社員がいても一体感のある強い組織の形成を図ることができます。

 

3.4. 関係各社からの信頼が高まる

優れた「企業文化」があれば、組織としても会社としても強固になります。その会社のビジョンやミッション、経営理念が明確で社員に浸透していれば、「あの会社は筋が通った安心できる会社だ」というイメージを、顧客や取引先などの関係各社に与えることができます。仕振り「物事をする仕方」がよいとみなされて会社への信頼度が高まるでしょう。

 

3.5. リクルート活動が有利展開できる

良好な企業文化が浸透している会社では、従業員エンゲージメントも高い状態にあります。エンゲージメントとは、仕事や組織に対して自発的な貢献度を持って主体的に取り組んでいる状態のことです。

社員の成果に対する処遇やリワードの制度が整備されていれば、従業員満足度が高まり、社員の不満も少ないでしょう。離職率も低下し、優秀な人材も定着します。それにより会社への評判が高まり、採用活動が有利に展開できます。

 

4. 企業文化を失敗しないために大切な注意点


ここでは、企業文化を構成する4つの要素についてご解説していきます。会社文化を定着させるためにも、まずは大切ななエッセンスを把握しましょう。

Thị trường văn phòng Hà Nội đổi xu hướng mới sau Covid-19

4.1. 価値観

価値観」とは評価基準のことです。企業にとって何が大切で何が大切でないかの価値を示します。そのなかでも中核的な存在の価値観は「コアバリュー」と呼ばれており、企業文化を構成する要素の中心です。

ビジョンが企業の使命を明確に表現しているのに対し、価値観はビジョンを達成するために必要な行動様式や考え方について一連の方針を示しています。また、仕事の質や顧客への誠実さ、社内での言動にも影響を与えます。価値観は、多くの人に受け入れられなければ意味がありません。

 

4.2. 人材

企業文化を作る際に、企業のリーダーと従業員は一緒にビジョンや価値観について検討して、共有するのが大切です。共有してくれる従業員が多いほど、企業文化をしっかりできます。また、このような人材は、離職をしたい人はあまりありませんので、企業の生産性の向上にも維持できます。

 

4.3. 外部からの影響

企業文化は「外部からの影響」を受けて変化することも珍しくないです。。例えば、これまでのビジョンや価値観に変化が起きたときや、企業を取り巻く状況が変化したときには、今後の企業の方向性を合わせて、企業文化を見直してみるのもよいでしょう。

 

4.4. 企業文化のビジョン

ビジョンとは、企業の理想や目標のことです。理念とも呼ばれており、企業文化の根源といえます。ビジョンがしっかりと設定している企業は、それを達成するための価値観もうまく形成していくことが可能です。簡潔明瞭で優れたビジョンは、社員の意思決定の指針となり、ビジネスパートナーや顧客など外部からの支持も得られやすくなるでしょう。

 

5. 企業文化の簡単な作り方


どのように企業文化を作っていけばよいのかを一緒に見ていきましょう。可視化と醸成の2ステップに分けてポイントをご紹介します。

從何處看企業文化- 管理拾穗- udn部落格

 

5.1. 企業文化を可視化する

企業文化を作る前に、最初のことは、企業の現状をしっかり理解することだと思います。この大切な段階は、企業の皆の考えを把握することです。企業全員に企業文化についてのアンケートや話し合いの場を作って、皆の意見をまとめて、ちゃんと確認した方がいいです。

このようなアンケートや話し合いなどの結果により、自社に最適な企業文化を決められます。文字で社員にこの指導を送って、従業員と社外へ提示します。この方法を使えれば、社員人々が企業文化を意識できて、毎日の仕事に活用できて、それに社外へアピールにもしやすいです。

 

5.2. 企業文化を維持する

企業文化を維持させていくには、社内制度や仕組みなどを見直すことが大切です。社内制度や仕組みを企業文化に沿ったものにすることで、日常的に企業文化を意識して行動してもらえるようになります。また、従業員に企業文化作成の背景を知ってもらうことも重要です。社員研修や社内イベントなどを実施して、自社の企業文化のことを深く理解してもらいましょう。

そして企業文化を根付かせるには、企業文化に沿って取られた言動の評価をおこなうことも必要です。そのため、企業文化に共感して業務をおこなう従業員を適切に評価できるように、企業文化作成と並行して、会社の評価基準を見直すことも重要となります。

またオフィス環境の整備も、企業文化を醸成させるのに役立ちます。根付かせたい文化が実現しやすいオフィス環境にすることで、よりいっそう浸透しやすくなることが見込めることでしょう

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。