フレームワークとは? フレームワークについて学ぶ。

 2020年08月31日

フレームワークとは? フレームワークについて学ぶ。

フレームワークは、フレームワークとパッケージ化されたプログラミングライブラリを形成する、事前に記述されたコードである。 リッチなダイナミックWebアプリケーションの開発を最小限に抑えるために、モデリング、API、その他の要素などの組み込み機能を提供する。 フレームワークは、基本的な基礎でプレハブされた家のフレームを持っているようなもので、好きなように構築してインテリアするだけである。

フレームワークの種類

現在、バックエンド、フロントエンド、モバイルアプリケーション用のフレームワークは多数ある。最も人気があるのは、おそらくWebフレームワークとモバイル用フレームワークでしょう。

Webアプリケーションフレームワークは、Webアプリケーションを合理化し、Webサイト、Webサービス、およびWebリソースを開発するために使用されるソフトウェアフレームワークである。 Webアプリケーションフレームワークの一般的なタイプの1つは、Model-View-Controller(MVC)アーキテクチャである。 私たちはウェブサイトをプログラミングすることを知っているので、最大3つのコンポーネント言語を使用する。HTML、CSS、Javascriptは、各メンバーでPHP、ASP.NET、JAVAなどのサーバースクリプト言語と組み合わせる。 このセクションには、さまざまなフレームワークがある。

モバイルアプリフレームワークを使用すると、コードを1回記述してiOSおよびAndroidで実行できる。 これが、ネイティブコードと比較して製品開発時間を短縮できる強みである。 現在、これらのフレームワークのほとんどは、FacebookのReact Nativeなどの著名な開発言語としてJavaScriptを使用している。C#を使用するMicrosoftのXamarinに加えて、FlutterはGoogleのDart言語を使用している。

Webフレームワークのコア機能

このフレームワークはパフォーマンスを向上させ、機能を拡張し、既存のライブラリを提供するため、開発者は最初からやり直す必要がある。

  • ライブラリ:ライブラリは特定の関数(デザインパターン)の組み込みコードであり、再コードすることなくその関数を再利用できる。 NPM、Composerなどの多くのライブラリ管理ツールがある。
  • API:メインアプリケーションと他のアプリケーションの間でデータを交換する方法である。 RESTful APIの詳細については、こちらをご覧ください。
  • 足場:データベース計画を使用するMVCフレームワークにアクセスするための一連のルールフレームワーク。
  • AJAX:ページを再読み込みせずにデータベースの情報を更新する。
  • キャッシング:サーバーへのリクエストを減らし、ページの読み込みを高速化する。
  • セキュリティー:認証およびユーザー許可のためのフレームワーク。
  • コンパイラ:コードからマシン言語へのコンパイラ。

モバイルアプリケーションを開発するためのフレームワーク

「1か所でどこでも実行」は、1つのプラットフォームで1回だけ記述されたコードであるが、さまざまなプラットフォームで実行できる。 ユーザーが多くの異なるプラットフォームに分散しているため、モバイルデバイスの多様化に伴い、開発者はアプリケーションの起動がますます困難になっている。

この記事の目的は、コードを再利用してマルチプラットフォームアプリを作成することである。 クロスプラットフォームモバイルアプリケーションの開発プロセスを支援するために、Android、iOSなどの多くの一般的なプラットフォームで実行できる、今日利用可能な最高のクロスプラットフォームフレームワークを紹介する。

1. React Native

React Nativeは、モバイルアプリ開発者がJavaScriptを使用してクロスプラットフォームのモバイルアプリを設計できるようにするフレームワークである。 React-Nativeを使用すると、プログラマーはiOSおよびAndroidプラットフォームの両方で単一のコードセットを使用できる。

利点:

  • アプリケーションを迅速に開発したい場合の時間効率。
  • パフォーマンスは比較的安定している。
  • 繁栄するコミュニティ。
  • お金を節約。
  • 小さな開発チーム。
  • 信頼性が高く安定したアプリケーション。
  • 最小限のネイティブコードで複数のオペレーティングシステム用に構築されている。
  • 優れたユーザーエクスペリエンスは、ハイブリッドアプリである。

欠陥:

  • それでもネイティブコードが必要である。
  • ネイティブコードアプリではパフォーマンスが低下する。
  • JSに依存しているため、セキュリティは高くない。
  • メモリ管理。
  • 一部のモジュールでは、カスタマイズ性もあまり良くある。

2. Flutter

Flutterは、Dart言語を使用して短時間でiOSとAndroidで高品質のネイティブインターフェースを作成するためのGoogleのモバイルUIフレームワークである。 Flutterは、世界中の開発者や組織によって使用されている利用可能なソースコードで動作し、オープンソースで無料である。

3. Xamarin

クロスプラットフォームのモバイルアプリケーションプログラミングプラットフォームである(つまり、コードはiOSとAndroidの両方で同時に実行できる)。 Xamarinには、ネイティブアクセスとネイティブユーザーエクスペリエンスが依然として問題となっている市場の現在のフレームワークと比較して、ユニークで珍しい機能がある。

利点:

  • Xamarinのサンプルアプリは、よりスムーズな作業に取りかかるのに役立つ。 アプリケーションは非常に明確に記述されており、リファレンスとしても使用できる。
  • Xamarinは、記述されたコードの最大75%を主要なモバイルプラットフォームと共有できるため、時間と費用を大幅に節約できる。
  • 無数のデバイスに機能テストと品質保証を提供し、正しい統合を保証する(Xamarinには独自のAndroidエミュレーターさえある)。

 弱点:

Xamarinでは、互換性の問題により、iOSおよびAndroidの無数のオープンソースライブラリを使用することはできない。 無料版は非常に限られており、大規模なプロジェクトでの使用は困難である。

4. PhoneGap

PhoneGapは、プログラマーがHTML、CSS、およびJavaScriptを使用してモバイルアプリケーションを構築できるようにする、オープンソースのクロスプラットフォームモバイルアプリケーションフレームワークでもある。 プラグインアーキテクチャに焦点を当て、API全体でデバイス機能を使用して際立つアプリケーションを作成することにより、プログラマを支援する。

利点:

  • 一般的なWebテクノロジー(HTML5、CSS3、JavaScript)を使用してハイブリッドアプリケーションを作成できる。
  • iOS、Android、Windows Phone、BlackBerry、Firefox OSなど、さまざまなプラットフォームに単一のコードベースを展開できる。
  • プラグインの適用、デバイスAPIの(モジュールによる)拡張、およびその他の多くの利点を可能にする構造。
  • iOSのApp Store、AndroidのGoogle Play Storeを介して統合/アプリ内支払いを適用できる。

弱点:

アプリケーションのグラフィックサポートが制限されている。 特定の要件に対応するプラグインはまだ見つかるが、一部の重要なプラットフォームのプラグインは古くなっている場合や、省略されている場合がある。