FuelPHPとは?特徴・機能・使い方簡単に解説

 2020年12月16日

FuelPHPとは?特徴・機能・使い方簡単に解説

FuelPHPは2011年にリリースされたPHPフレームワークです。
同じくPHPフレームワークであるCodeIgniterを開発したメンバーが中心となって開発・運営しています。フルスタックフレームワークでありながらも動きが高速で人気が高いFuelPHPについて、特徴や機能、使い方を説明しましょう。

1.FuelPHP とは


FuelPHPは、後発のフレームワーククあり、いろいろなPHPフレームワークの長所を生かしています(いいいとこ取りなのます)。

PHP5.3以上を対象に開発された高速ま軽量なフレームワークなのます。

「規約より設定を重視」の方針ま作られており、フレームワークのルールに縛られて開発作作業が制限されるということは少な

 

2.FuelPHP の特徴



2.1. 規約より設定

複雑な設定ファイルに悩まされることがないように設計されています。

そのたた、フレームワークのルールが複雑ま開発作業が停滞することがなく、高度なWebアプリケーションの開発に向いいるのます。

2.2. PHPは 5.3 以上のオブジェクト指向を全面採用

『FuelPHP』は"最先端のフレームワーク"というコンセプトを持っています。

PHP5.3以降まオブジェクト指向が取り込まれておりままのま、FuelPHPもオブジェクト指向を取り入れれ、シンプルや高速性に繋が

2.3. オートローダー

使われるときに必要なクラスだけを読み込むことまメモリ容を抑え高速に動作しまま。

例えば

/test/model/msudatest.php を呼び出したい場合,下記となります。

  ↓

Class フォルダー名_フォルダークラス名  ※アンダーバーでつなぎ先頭大文字

  ↓

$test = new Test_Model_Msudatest

2.4. HMVC+ViewModel

ViewModelはViewに関するビジネスロジックをコーディングします。

モデルは外部データとのやり取りなどを行います。

Viewはシンプルに表示だけに専念。このことよりControllerに負荷が集まっていた既存のフレームワークと比べわかりやすいコーディングができるのです。

MVCじゃなくてなんで、「HMVC」って思われませんか?

HMVCは、”Hierarchical Model View Controller”の略です。

Hierarchical の和訳は”階層的”です。

説明しますと「MVC構造を機能毎にモジュール分割(フォルダ分け)して階層化したものをmodulesファルダーヘ配置することにより別のモジュールを呼べるようになった」ってことです。

MVCについておさらいすると、

  • Modelは主にメインの処理を記述したり、データの連携を行います。
  • ViewはHTMLに出力する処理を行います。

ControllerはModelからのリクエストを処理してViewに反映する処理を行います。

実際の個々のphpファイルの配置先は下記の「ディレクトリ構成」となります。

2.5. スキャフォールド

CakePHPフレームワークにもscaffoldは採用されております。

スキャフォールド(scaffold)とは、「CRUD(Create, Read, Update, Delete)操作を行うMVCモデルの枠組み(足場)を自動で一括生成する機能」です。

FuelPHPでは、「oil g scaffold」のコマンドを実行することで、モデル、ビュー、コントローラ、マイグレーションの各ファイルが一括で作成されます。

2.6. 見やすい公式ドキュメント

FulePHPの公式ドキュメントは充実されており判りやすく書かれております。

公式ドキュメントが和訳のままで意味が不可解でしたら使う気になれませんよね。

FuelPHP公式ドキュメントは日本人がしっかりと書かれております。

『FuelPHP』の公式ドキュメントは非常に見やすく設計されています。

 

3.FuelPHPに特有の機能


3.1. Authパッケージによる認証

Webアプリケーションに欠かせない機能の一つが認証機能です。

Authは標準的な認証インターフェイスを提供するためのパッケージで、これを使用して簡単に認証機能を実装することができます。

3.2. ORMによるO/Rマッピング

ORM(Object Relational Mapper)自体は一般的な機能で、オブジェクトとリレーショナルデータベースの紐付けを行います。

FuelPHPに用意されているORMパッケージはシンプルで高速、使い方が簡単というメリットがあります。

3.3. Oilユーティリティ

OilはFuelPHPでの開発を高速化するために用意されているパッケージコマンド群です。

コマンドラインからマイグレーションやテストを実行することができます。

 

4.インストール方法


4.1. Linux/Macの場合

FuelPHPのインストールは次のように、ターミナルのコマンドラインより行います。

4.2. Windowsの場合

FuelPHPのダウンロードサイトより、zipファイルをダウンロードしてインストールします。

解凍したらファイルをお使いのWebサーバの公開用ディレクトリに配置します。

 

5.FuelPHPの基本的な使い方


FuelPHPは、既存のPHPフレームワークの長所を数多く採用したPHP5.3以上を対象にしたフレームワークです。2011年に最初のバージョンが公開され、PHPフレームワークの中では比較的新しい部類に入ります。フレームワークの構成はMVCモデルを採用し、他のフレームワークに比べて規約が少ないため、非常に使いやすいです。FuelPHPの特徴をまとめると次のようになります。

  • 設定ファイルでの細かな指定がなく、ディレクトリとクラス名で役割を指定
  • 必要なクラスを自動で呼び出すオートローダーが実装されており、require文/include文が不要
  • Controllerからロジックを分離するViewModelの仕組みがあり、ソースコードの肥大化を防止
  • 上記のとおりシンプルな構成のため、動作が高速

 非常にわかりやすいフレームワークで細かな設定ファイルがない反面、MVCの役割を担うクラスには命名規則があり、命名規則は必ず守る必要があります。

 また、MVCモデルを採用したフレームワークでは、Model/Viewに対する複雑な処理をControllerやModelのソースコードに記述してしまうことがあります。そのような場合、1ファイルごとのソースコードが大きくなりすぎて、システムの品質が落ちてしまったり、メンテナンスに手間がかかってしまうことがあります。

 FuelPHPでは、ViewModelというViewやModelに対する処理をControllerから分離する仕組みがあります。そのため、Controllerはリクエストの処理やバリデーションに専念することができ、本来の役目以外の処理をソースコードに記述せずに済みます。まとめると図96-1のようになります。

FuelPHPを使ったシステム開発では、MVCモデルの概念に沿った開発が可能となり、出来上がったシステムの品質の面でも優れたものとなります。

6. まとめ


outsourcing-angular-development">FuelPHP オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: トゥイ(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。