IoTとは?ベトナムにおけるIoT導入の現状

 2021年03月09日

IoTとは?ベトナムにおけるIoT導入の現状

IoT(アイ・オー・ティー)とは、モノに通信機能を搭載してインターネットに接続・連携させる技術です。腕時計に通信機能を搭載したApple社のApple Watchをはじめ、2010年代にはSony、東京電力、Amazonなど多くの企業がIoT関連の商品やサービスの展開を始めました。今回は、IoTの基本的な概要や仕組み、ベトナムでの活用事例についてご紹介します。

1.IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とは



IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とは、建物・家電品・輸送設備・車両などの物理オブジェクトに、データの収集や交換を行うための電子機器・ソフウェア・センサーなどを組み込んで構築するネットワークのことです。多くの人がインターネットと混同していますが、IoT は コンピュータ対人ではなく、マシン対マシンの通信に限定された考え方です。IoTは、モバイル機器市場と SOC(System-On-Chip)ソリューション・センサー・ネットワーク・電力の急速な発展によりもたらされた技術です。

IoT 機器は直接データをクラウドに送信したり、あるいはセントラル アクセス ポイントでいったん整理統合してからクラウドへ送信します。このセントラル アクセス ポイントはゲートウェイと呼ばれます。

 

2.IoTの仕組みとは?



デジタル機器ではないモノとインターネットを接続させることで、どこからでも操作ができるようになります。また、人が操作してインターネットに接続するだけではなく、モノ自体がインターネットにアクセスすることも可能です。

2.1. モノ(人)からインターネットを通じて情報を取得

IoTではモノ(人)からセンサーでデータを取得し、インターネットを通じて情報の形でまとめます。例えば、Apple Watchを身に着ければ、その人が歩いた道や距離、心拍数、血圧を自動的にデータとして取得できます。

2.2.集めたデータをビッグデータで蓄積

集めたデータは、IoT製品を身に着けた人専用のデータではなく、ビッグデータとしてクラウド上のサーバストレージに蓄積されます。

2.3. 蓄積したデータをAIで分析

集められた大量のデータはAIで分析され、必要な情報としてデジタル化されます。そして、デジタル化された情報をモノに共有することで、新しいサービスを提供します。

 

3.ベトナムでのIoT



現在、企業はベトナムのモノのインターネット(IoT)テクノロジーを生産に適用するように変化しています。 しかし、このプロセスは、Covid-19のパンデミックがビジネスの発展に悪影響を及ぼしているときに、これまで以上に困難に直面しています。

3.1.IoTシステム開発の活用事例

スマートハウス

スマートハウスとは、家電や住宅設備機器にIoTを取り入れた次世代型住宅です。例えば、BKAVとLumiは、国内市場を所有するだけでなく、オーストラリア、シンガポール、インドなどの他の国にも輸出されている、スマートホーム市場のトップ2企業です。Hachiは、自宅で自動パーソナルガーデンを構築するためのソリューションを提供する企業です。

 

都市全体がネットワークにつながるスマートシティ

1軒1軒の家だけでなく、都市全体がネットワークにつながり、公共サービスの効率化や、省エネルギー・CO2削減などを実現するのがスマートシティ(コネクテッド・シティ)です。以前は、IBMに「スマートな惑星」キャンペーンがあり、2012  -  2013年からこのDa Nangを実行することが選択されたスマートシティを主張しました。2019年ハノイのスマートシティ開発が始動ました。
 

バス利用が便利になるバスロケーションシステム

すでにIoTの活用が進んでいるのが、バスの運行状況を見える化する「バスロケーションシステム」です。1台1台のバスにGPSを設置し、位置情報を収集して分析することで、バスの到着時刻や道路の混雑状況を可視化します。

 

ヘルスケア分野でもIoTの活用が進む

 ヘルスケアサービス分野でもIoTへの注目が高まっています。スマートウォッチを始めとしたウェアラブルデバイスを活用し、センサーを通じてユーザーの生体情報をモニタリングすることで、生活習慣のアドバイスや、医療サービスの改善に役立ちます。

 

スマート工場で生産工程の効率化・自律化を実現

スマート工場とは、生産ラインや工作機械にIoT技術を応用することで、生産工程の効率化・省人化を目指す取り組みです。

 

3.2. IoT活用のチャレンジ

実用的な実装フレームワークの欠如:IoT製品/ソリューション開発プロジェクトは、複雑で、一貫性がなく、非実用的なアプローチで実行されます。 それ以来、制御が困難な問題が発生し、問題解決策も効果がありません。

IoT製品の安定性、スケーラビリティ、データセキュリティはあまり良くありません。一部の製品機能は、動作中、動作していないときにうまく機能せず、ユーザーの不満を引き起こします。

研究開発コストと高い生産コストによる高い製品コスト:市場に投入されたときのIoT製品のコストは、ユーザーの受け入れと手頃な価格のレベルよりもはるかに高くなります。さらに、Covid-19のせいで、一般的なビジネスと生産の状況が毎年同時期に比べて大幅に減少したため、IoTソリューションのコストを満たすことは多くのビジネスの範囲を超えました。

 

4.まとめ

IoTの技術は、モノへの搭載で画期的な製品やサービスを生むだけでなく、公共交通機関の管理や農業で畑の管理に導入されるなど、身近な場所で活用の機会が広がっています。
これからはインターネットによってさらに便利になり、IoTの技術は生活の中で当たり前のサービスへと拡大していくでしょう。

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶