×

Linuxってなに?メリット・デメリットやLinux ディストリビューションなどを簡単にご紹介

おそらく、「Linux」というフレーズは、もはや多くの人にとって奇妙ではありません。 最近、オープンソースソフトウェアに関するニュースや記事に何度も登場しますが、誰もが「Linux」を本当に理解し、気にかけているわけではありません。 本記事では、HachinetがLinuxの概要を紹介することで、その利便性について知っていただこうと思います。

Linuxってなに?メリット・デメリットやLinux ディストリビューションなどを簡単にご紹介

 2021年06月18日

Linuxってなに?メリット・デメリットやLinux ディストリビューションなどを簡単にご紹介

おそらく、「Linux」というフレーズは、もはや多くの人にとって奇妙ではありません。 最近、オープンソースソフトウェアに関するニュースや記事に何度も登場しますが、誰もが「Linux」を本当に理解し、気にかけているわけではありません。

本記事では、HachinetLinuxの概要を紹介することで、その利便性について知っていただこうと思います。

 

1. Linuxの基本知識


1.1. Linuxとは

Linuxは、Unixオペレーティングシステムに基づいて1991年から開発され、C言語で記述されたコンピュータオペレーティングシステムです。

Linuxは無料でリリースされており、多くの優れた利点があるため、Linuxは、WindowsやmacOSのような大企業の前に、ユーザーの心に強い足場を維持しています。

 

1.2. Linuxの歴史

Linux は、オープンソースのオペレーティング・システム (OS) および IT インフラストラクチャ・プラットフォームです。Linux は元々、1991 年に Linus Torvalds 氏が趣味として考案し開発したものです。Linus 氏は大学在学中、Unix の原則と設計に基づいた MINIX オペレーティング・システムの代わりとなる、無料のオープンソース版を作成したいと考えました。その趣味が高じて開発されたシステムは、今や最大のユーザーベースを持つ OS、公開中のインターネット・サーバーで最も使用されている OS、そしてトップ 500 の最速スーパーコンピュータで使用されている唯一の OS となっています。

おそらく、Linux の最も優れた点はオープンソースであることです。Linux は GNU General Public License (GPL) で公開されています。つまり、誰もがこのソフトウェアを実行、学習、共有、変更できるのです。変更を加えたコードは再配布することや販売することさえできますが、すべて同じライセンスで行う必要があります。これはプロプライエタリー、ロックダウン、 また現状のまま変更不可で提供されるといった特徴を持つ、従来型のオペレーティング・システム (Unix や Windows など) と大きく異なる点です。

 

1.3. Linuxの用途

Linuxは、WindowsおよびMacOS市場にとって大きな脅威です。 Linuxには、次のような多くの優れた機能があります。

✔️システムリソースを管理および調整します。

✔️Linuxのほぼすべてのコード行をユーザーが表示できるようにします。 各顧客の個々のニーズに基づいたオペレーティングシステムの編集と開発のための最高のサポート。

✔️すべての機能は無料で、ライセンスは必要ありません。

✔️多様なインターフェース、高いセキュリティ、定期的に新しいバージョンにアップグレードされます。

✔️特に、Linuxオペレーティングシステムは比較的軽量です。 したがって、構成が弱いマシンでも、このオペレーティングシステムで安定して動作できます。

 

2. Linuxのメリット・デメリット


2.1. Linuxのメリット

WindowsとMacOSの優位性は、オペレーティングシステムの進化を止めませんでした。 Linuxのようなオープンソースオペレーティングシステムは依然として強力です。 Linuxには、通常の機能に加えて、以下に示す他の多くの優れた利点もあります。

2.1.1. Linuxは無料で使える

Linuxは無料でインストールできるOSです。そのため、WindowsやMacを搭載していた古いパソコンにインストールして新たに使うこともできます。

同じOSのWindowsは有料のため、新たなバージョンが登場すれば買い替える必要があります。しかし、Linuxは無料のため新たなバージョンとは関係がありません。

2.1.2. 安全性が高い

Windowsの場合、ウイルスはこのオペレーティングシステムとの戦いを困難にします。 Linuxでは、ウイルスはこのオペレーティングシステムで安定して動作できなくなります。 ウイルスがあったらコマンドから削除するだけ。

2.1.3. サーバでよく利用されている

Linuxはサーバでよく利用されています。Linuxはオープンソースのため、サーバにかかるコストを抑えることが可能です。

サーバとは、各種のサービスを提供する中心的な役割をもつコンピューターのことです。Linuxは無料で自由度が高く、複数台にインストールもできるため、サーバに適したOSと言えます。

2.1.4. 低スペックでも使用可能

Linuxは、不要なものをそぎ落としている軽量OSで、カスタマイズも自由に行えます。構成が弱いコンピューターは、新しいバージョンのLinuxにアップグレードするときに、完全に安定してスムーズに動作できます。 このオペレーティングシステムは比較的コンパクトであるため、コンピュータのリソースをあまり消費しません。

2.1.5. 動作の安定性が高い

サーバで良く使われているOSのLinuxは、安定性が高いと言われています。この安定性とは、Linuxはオープンソースで出来ているため、メンテナンスし易いこと、致命的なバグが少なく,不具合の修正方法情報の収集も容易に可能であることから言われています。

 

2.2. Linuxのデメリット

多くの利点がありますが、Linuxにはまだ避けられない制限がありますが、hachinetはLinuxのいくつかの制限を以下に示したいと思います。

 2.2.1. サポートが無い

いちばんの違いはカスタマーサポートがないことでしょう。お金を払って手に入れる Windows とは違いLinux は無償で提供されています。つまり Linux はタダで使うことができます。

でもそれは、Linux がボランティアなどのプロジェクトで開発されているためで、商売として OS を販売している Windows のように困ったお客様を相手するカスタマーサービスのようなサポートが無いことを意味しています。

2.2.2. Microsoft Officeは使えない

当然ですが、Linuxでは、Windows用Microsoft-Officeが使えないというデメリットがあります。

Linuxソフトウェアの中にはOfficeとほぼ互換性を持つOfficeツールがあります。完全互換では無い事を理解して使用するようにしましょう。

 

3. LinuxとWindowsの違い


Linux」も「Windows」と同じパソコンのOSとして利用されているものですが、オープンソースとクローズドソース、サポート体制など多くの違いがあります。そのため、パソコンのOSを選ぶ際にはどのような違いがあるのか理解した上で検討することが大切です。LinuxとWindowsの最大の違いは次のとおりです。

 

 

Linux

Windows

ファイル構造

データのツリー

フォルダ

Registry

なし

あり

パッケージマネージャー

Package manager

*.exe

インターフェース

システムから完全に分離されたインターフェース

システム接続インターフェース

アカウントと許可ユーザー

Regular, Administrator (root), service

Administrator, Standard, Child và Guest

他の設定

仕事に適しています:ウェブサーフィン、チャット、メール、...

すべてのニーズ、特にゲームに適しています

 

4. Linux ディストリビューション


Linuxディストリビューションを紹介する前に、まず大前提として考えることがある。「Linuxを使って何をしたいか」だ。そのLinuxで何がしたいかを決めれば選択肢はぐっと狭まってくる。

だから何をしたいかをはじめに決めてしまうといい。これまで生き残っているOSだ。それぞれに長所も短所もある。目的に沿ったOSを選択するのがベストだ。

以下のhachinetは、Linuxのいくつかのディストリビューションを紹介したいと思います。

4.1. Ubuntu (Debian系)

Debianの開発版を元に開発された無償のディストリビューションで“他者への思いやり”がスローガンとなっています。

使いやすさが重要視されており、アプリケーションの観点では、システムツールに加えて写真編集ツール、インターネットブラウザ、メッセンジャーなどが標準で組み込まれています。

Windowsと遜色なく使用でき、デスクトップ用OSとしての利用者が多くシェアが非常に高いです。

日本語環境が充実している他、コミュニティのサポート体制もしっかりとしているので、Linuxをデスクトップとして使用してみたいという入門者ならば選択肢に入るでしょう。

CentOSなどと比べるとセキュリティ面でのアップデートが提供されるサポート期間(保証期間)が短いという点には気を付けておく必要があります。

 

4.2. Linux Mint(Debian系)

Ubuntuから派生したディストリビューションで、元祖の人気を食ってしまうほど人気が出ている。600万ほどのユーザーがいると言われている。Windows、MacOS、Ubuntuに続いて4番目に広く使われているパソコン用OSになっている。

難しい設定が不要で、簡単に使えることが特長だ。一昔前のLinuxの「後は頑張れ」感とは違い、非常に使いやすい出来になっている。

洗練されていて、使いやすいOSというのが特長で、MicrosoftOfficeに似た機能を持ったOfficeアプリケーションも付随している。MicrosoftOffice2003に似せた画面で、MicrosoftOffile2010にも対応しているところは素敵だ。画像編集ソフトのGIMPなどももちろん使える。

 

4.3. Debian(Debian系)

Debian系と名前のつくディストリビューションの本家であり、Ubuntuの元にもなっています。組織的でありフリーでもあることが尊重されており、組織規模も最大級です。

歴史は非常に古く、ほぼ最古といえるSlackwareと肩をならべるほどの長さです。

日本国内ではサーバーとしてのシェアはRed Hat Enterprise Linuxほどではないですが、それでもメジャーといえるでしょう。 

開発の方向性は保守的で、組織内でよく議論されたうえで開発がすすめられるので、安心して使用できます。また、パッケージ管理ツールが非常に優秀で、個々のソフトウェアはコマンドで管理されています。上級者向けのイメージがありますが、長い歴史により日本語の資料も豊富にあるため、解決策を探す際にも苦労することはないでしょう。

 

4.4. Fedora (RedHat系)

ボランティアと開発者の世界的なコミュニティであるFedoraプロジェクト(およびRed Hatが主催)によって構築され、維持されているFedoraは、ARMベースの(通常はヘッドレス)サーバー用のARMバージョンと共に、3つの主要な利用可能なバージョン(ワークステーション(デスクトップ用)、サーバー版、クラウドイメージ)により、長年にわたってトップに使用されているディストリビューションの1つであり続けています。

 

4.5. CentOS (RedHat系)

CentOSはRedHatLinuxのクローンOSだ。クローンOSとはその名の通りほぼ同じOSだと思えばいい。RedHatLinuxの有償部分を取り除いたもので、安定的に使えるOSだ。企業のサーバーとして使われることが多い。

仕事に使うためにLinuxを覚えたいという人や、Linuxエンジニアになりたいという人にはオススメのOSだ。Web系サービスで使われているOSでいうと、Ubuntu、Debian、CentOSの3つがダントツのシェアになっている。日本語も問題ない。

ユーザ画面も洗練されてきているが、画面操作というよりも基本的にコマンドラインで使うために使った方がいいだろう。

4.6. Elementary OS 

実際、「最も美しい」は「最高」と同義ではありません。 ただし、美しさは、オペレーティングシステムを選択するかどうかを決定する重要な理由でもあります。 多くの美しいLinuxオペレーティングシステムがありますが、elementaryOSが最も美しいオペレーティングシステムであり、使用するのも非常に優れています。

macOSに触発され、高速でオープンソースであるという利点を備えた、これはWindowsやMacの価値のある代替手段です。 Ubuntuのような多くのデフォルトアプリケーションが付属していないため、オペレーティングシステムは比較的軽量でスムーズです。 Elementary OSはGNOMEを使用しているため、Plank、Epiphany、Scratchなどのアプリケーションと密接に関連しています。初心者の一般ユーザーに適した基本的な日常のタスクを満たします。

4.7. Manjaro

このオペレーティングシステムをサポートするゲームはほとんどないため、ゲーマーはLinuxに興味がありません。 しかし、Linuxをサポートするゲームが増えるにつれ、これは近年徐々に変化しているようです。

2018年、SteamOSはLinuxを好むゲーマーの一番の選択肢です。 ただし、2020年のランキングはManjaroLinuxのランキングになるはずです。 オペレーティングシステムはデフォルトでSteamに同梱されており、優れたハードウェアサポートを備えています。 NvidiaやAMDのグラフィックカードの多くのラインでも、同社のドライバーも自動的にインストールされます。 Manjaroでは、Linuxカーネルを簡単に切り替えて、最高のハードウェアパフォーマンスを実現することもできます。

このArchLinuxブランチのオペレーティングシステムのユーザーコミュニティも、より大きく、よりユーザーフレンドリーになっています。

 

5. まとめ

Hachinetに関する記事は、Linuxに関するいくつかの一般的な情報を提供しています。 この記事が、Linuxについて学びたいと考えている人が、どのLinuxディストリビューションを使用するのか疑問に思っている人に役立つことを願っています。



オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]