×

.NETとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説

現在、ソフトウェアのプログラミングやWEBサイトのデザインに使用される言語は数多くあります。例えば、Java、Python、PHP、.NETなどを使用されています。しかし、若者の間で一番人気がある言語は 「.NET」です。 それはソフトウェアのプログラミングやWEBサイトのデザインに使用されます。特定の言語について学び、発展させたい場合は、その概念と操作上の特徴を知っておく必要があります。 この記事では、「.NET」について学習するのに役立ちます。

.NETとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説

 2021年06月01日

.NETとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説

現在、ソフトウェアのプログラミングやWEBサイトのデザインに使用される言語は数多くあります。例えば、JavaPythonPHP.NETなどを使用されています。しかし、若者の間で一番人気がある言語は 「.NET」です。
それはソフトウェアのプログラミングやWEBサイトのデザインに使用されます。
特定の言語について学び、発展させたい場合は、その概念と操作上の特徴を知っておく必要があります。 この記事では、「.NET」について学習するのに役立ちます。

1.「.NET」の基本知識



1.1.「.NET」とは一体何か?

「.NET」 とは、Microsoft社が開発したネットワーク上でアプリケーションを構築する基盤システムのことです。2006年11月に同社が Microsoft 「.NET」を発表しました。インターネットとう巨大なコンピューターネットワークが急速に拡大・進化を遂げたことにより、ソフトウェアとネットワークの融合が必要不可欠なものとなりました。

それは、Microsoft社にとっても重要なテーマとなり、このような背景の元、Microsoft「.NET」 が誕生しました。Microsoft 「.NET」 構想は、パソコン、サーバー、携帯、スマートフォン、家電などの電子機器はもちろん、あらゆるデジタル情報機器をネットワークに接続させ、インターネット経由でいつでもアクセスできる状態を目指すものでした。

昨今ではITO(Internet of Things)という言葉として有名な概念でもあります。「.NET」 では、プログラム言語や通信規約なども含めてシステム基盤の構築を目指し、「.NET に対応した情報機器は、プラットフォームに依存することなく、.NETのネットワークに参加することでサービスの提供を受けることが出来ます。「.NET」 では、サービス同士を連携させることで、大規模なサービスを構築することが可能です。

 

1.2.「.NET」に関連する概念

△ CLR(共通言語ランタイム)

CLR(共通言語ランタイム)とは「.NET Framework」に搭載されている動作環境のことです。プログラムコードを「.NET Framework」上に入力すると、入力された言語がCIL(共通中間言語)と呼ばれる共通のコードに変換されます。変換されたコードはCLRで実行できるため「.NET Framework」ではC#やPythonなど様々なプログラミング言語を使ってアプリケーションを作ることが可能なのです。

このほかにも、CLRは「.NET Framework」でスレッド管理、例外処理、セキュリティ管理などを担っています。コードを変換するという意味では、Java仮想マシン(JVM)の仕様にも類似していますが「.NET Framework」は様々なプログラム言語を使用できるという点に違いがあります。

ただし「.NET Framework」もすべての言語に対応しているわけではなく、JavaPHPといった人気の高いプログラミング言語は使うことができません。基本的に「.NET Framework」はWindowsのOSでしか動作せず、使用できるプログラム言語もC#やVisual Basicのように、マイクロソフト社製のものが多くなっています。

△ BCL(基本クラスライブラリ-Base Class Library)

クラスライブラリは、汎用性の高いプログラムを使い回しできるように、クラスとしてまとめたものです。分かりやすい例を挙げるとすれば、文字列を扱う「Stringクラス」。簡単な記述で呼び出せるようになっており、実は基本クラスライブラリが提供している機能なのです。

他にも多数のクラスライブラリが用意されているため、初心者が気づかないところで、開発効率を格段に高めてくれています。

 

2.「.NET」の上にプログラム言語


.NET」はさまざまな言語をサポートしています。以下に、使用される主な言語のいくつかを紹介します。

2.1. VB.NET

VBとは、「Visual Basic」と呼ばれるプログラミング言語のことです。ほかの言語と比較して文法がシンプルで、簡単なプログラムを組みたいときに重宝しますが、高度な技術を要する分野においては不向きという特徴があります。C#と似た文法を使っているため、VBはWebやスマートフォン向けのアプリケーション、ゲーム開発などに適した言語です。Visual Basicの開発当初は.NETに対応しておらず、単に「VB」と呼ばれていましたが、

2002年に行われたバージョンアップで「.NET Framework」の環境下で使用できるようになり、「VB.NET」という名称が使われるようになりました。

2.2. C#.NET

C#とは、マイクロソフトによって開発されたプログラミング言語の一種で 「.NET Framework」上で使うことを想定して設計されています。このC#を用いたコンパイラのことを「C#.NET」と呼びますが、C#とC#.NETは同じ意味合いで使われることがほとんどです。また、VB.NETとC#.NETとでは、C#.NETの習得難易度が高いという特徴があります。 

 2.3. ASP.NET

ASP.NETとは、マイクロソフトが提供するフレームワークで、主にWeb アプリケーションやWebサービスの開発に特化した機能を備えています。ASPとは「Active Server Pages」の略で、サーバー上で Web ページの生成や、対話型のWebアプリケーションの作成することができます。

この技術をフレームワークに応用したのがASP.NETで、Web技術に精通していなくても、高機能な Web アプリケーションを開発できるのが特徴です。ちなみにASPは「アプリケーションをネットワーク経由で提供するサービス」を意味する「Application Service Provider」の略称としても使われますが、ASP.NETで使用されるASPとは関係がありません。

 

3.「 .NET」でできること


.NET」 は、Windowsとの相性の良さから、Windows系のシステム開発で用いられることが多くなっています。特に、業務の効率化や自動化をするシステム開発においては「.NET」が使用されるケースも少なくありません。勤怠管理システム、在庫管理システムといった、業務の根幹を担う開発作業においては.NET、または.NETに対応した言語を扱えるエンジニアが重宝されるでしょう。

また、先に挙げた通り.NET は「複数のプログラミング言語を使える」という特徴があるため、別の言語を使って設計された機器やソフトウェアと連携しやすいというメリットがあります。

ですが.NETはバージョンごとに使用できる言語や搭載されている機能が異なるケースも多く、開発環境によっては新しい(もしくは古い)バージョンのインストールが必要となることもしばしばです。サポートされているWindowsのバージョンや.NET の具体的なインストール方法については、マイクロソフトのホームページ上にある「.NETインストールガイド」をご覧ください。

 

4. 「.NET Core」- 「.NET Framework」はどう違い


4.1. 類似点

  • .NET Core」には、「.NET Framework」 基本クラス ライブラリの大規模なサブセットが含まれています (ファクタリングは異なります)。
  • .NET Core」 と 「.NET Framework」 は、Windows および Windows Server をサポートしています。

4.2. 相違点

  • .NET Core」はオープンソース化されたクロスプラットフォームで動作する最新の.NETランタイム実行環境です。(Windows, MacOS, Linuxで動作します)。「.NET Framework」はWindows上で動作するプロプライエタリー実装の.NETランタイム実行環境です。
  • .NET Framework」は、ウィンドウ更新によって自動的に更新されます。 「.NET Core」は手動で更新されます。
  • .NET Core」 は完全なオープン ソースですが、「.NET Framework」 は一部のみがオープン ソースです。

詳細については、「.NETの既知の問題点および制約事項」を参照してください。

 

5. 最後に


「脱・Windows依存」と掲げましたが、いくらオープンソース化しても、Microsoft社が開発する環境なので、やはり「.NET」はWindowsにおいては大きな強みを持ち続けるでしょう。

また、「.NET」は学校での教育に用いられていることもあり、需要はエンジニア以外の方面で高まる可能性もあります。

今の学生世代が社会人になったら今よりも習得者の割合が増え、メジャーになるかもしれません。

それに、学生に教える先生の間で需要が高まり、開発をしなくても「.NET」なら知ってるという人が多くなる可能性はあります。

これからプログラミング学ぶ人も、開発経験がある人も、自分の将来や新しい仕事に向けて、ぜひ参考にしてみてください。



オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]