Node.jsとは?初心者向け!特徴やインストール方法などを簡単にご紹介

 2021年04月28日

Node.jsとは?初心者向け!特徴やインストール方法などを簡単にご紹介
目次

1.Node.jsとは

2.Node.jsの特徴

2.1. メモリ消費の効率化

2.2. 「V8」エンジンによる高速な実行環境

2.3. 非同期処理による高速な動作

3.Node.jsのメリットとデメリット

4.Node.jsを使えば、できることは何か

4.1. Node.jsが使える場所:リアルタイムWeb

4.2. Node.jsが使える場所:多数のアクセスがある場所

4.3. PHPなどとはまったく違う

5.Node.jsのインストール方法

6.まとめ

近年、Web開発にJavaScriptはITビジネスにとってだんだん重要になってきました。JavaScriptというのを一度聞いた人は多いですが、サーバー側のコントロールも行えるのをご理解でしょうか?それが「Node.js」です。今日、その特徴やインストール方などを初心者でも分かりやすくご紹介して行きます。

 

1. Node.jsとは


この記事の最初は、「Node.js」について簡単な定義から一緒に理解していきましょう。「Node.js」を使うとJavaScriptでサーバー処理の管理をすべてプログラミングすることが可能ですつまり、JavaScriptを使うだけで、サーバー環境を簡単に作ったり大量のデータを管理することができます。今では様々なNode.jsについてのライブラリが提供されており、スマホアプリ開発やIoT開発を利用することも簡単になってきました。このように、Node.jsだけで実現できることが近年は非常に増えていると思います。

 

2. Node.jsの特徴


ここからは、Node.jsの三つのとても大切な特徴を皆にしっかりご解説したいと思います。主な内容は、非同期処理・シングルスレッド・「V8」エンジンです。それぞれ詳しく分析していきましょう!

2.1. メモリ消費の効率化

Node.jsの重要な概念があります。それは、「シングルスレッド」「マルチスレッド」という概念です。普通は、「マルチスレッド」に対応しており、一瞬にたくさんアクセスが来た時にはメモリを割り当てて処理を始めます。でもその反対の「シングルスレッド」の場合は、それぞれのメモリでアクセスを1つずつ処理します。この特徴によって、モリ効率はとても良いです。Node.jsは非同期処理ができますそのためこそ、シングルスレッドによる大量のアクセスを高速に処理できるという特徴がとても重要だと思います。

2.2. 実行環境に「V8」エンジンの役割

Node.jsはJavaScriptをハイスピードに実行させるために、「V8」を利用しています。「V8」はGoogleの開発したエンジンです。これをNode.jsでも簡単に使えます。これまでの実行エンジンに比べてると、JavaScriptをすぐにコンピュータが理解できる機械語に変わって処理を行うために、驚くほど速いです。「V8]という実行エンジンを利用することで、Node.jsをもっと強固なものにしていると考えられます。

2.3. 非同期処理

普通、プログラムには2種類があります。それは「同期処理」と「非同期処理」です。一般的なプログラムは同期処理を使って、動きます。「同期処理」の場合、サーバーへアクセスしてデータの処理を実行した以上、取得できるまでプログラムは一定ストップされます。逆に、「非同期処理」の場合はデータの処理を実行したら別の処理が実行できます。それにより、レスポンスが高速になるわけです。「Node.js」には非同期処理の特徴があることから、大量のアクセスを高速に処理することが簡単になると思います。

 

3. Node.jsのメリットとデメリット


3.1. メリット

最も大きなNode.jsのメリットはC10K問題を解決できることです。C10K問題とは多すぎるサーバーへの接続台数があるとき速度が遅くなってしまうという問題です。C10K問題を解決するカギとなるのは非同期処理です。

3.2. デメリット

一方で、Node.jsにはメリットもあれば、デメリットもあります。Node.jsとフロントエンドのJavaScriptには、処理上の互換性がありません。

 

4. Node.jsを使えば、できることは何か


4.1. Node.jsはリアルタイムWebに使える

Node.jsはリアルアイムWebに順調に使えるので、GoogleスプレッドシートやFacebookのメッセージ等が分かることが問題はないです。リアルタイム性が高い例はLINE、Twitter、instagram、snapchat、Paypalなどと思います。しかし、LAMP開発環境でチャットアプリケーション開発する場合は、簡単ではないです。

  • WebサーバとWebブラウザ側が常時接続
  • データを保存し続け、Webブラウザに表示し続けるのが大切

書かれた以上の問題のために、チャットをする際にはユーザーがチャット画面を見るまでに時間がかかってしまっていた。Node.jsでは情報が来たという知らせを簡単に実装することが可能です。チャットサービスなどが順調に作れます。

4.2. アクセスが多い場所にも使える

JavaやPHP等のようなプログラムでは、接続ごとに新しいスレッドが作ることができます。コンピューターんのRAMによって、ただ一定のユーザー数アクセスだけができます。ユーザーアクセス数を増やそう時、コンピュータを増やさなければなりません。Node.jsはこの問題を解決することが可能です。シングルスレッドで非同期処理により、この問題は解決しやすくなります。

4.3. PHPなどと違う

最初からNode.jsがサーバサイドで動くプログラムという説明自体が多人数に思われますが、それは間違っています。実は、Node.jsはサーバサイドでJavaScriptを実行できるようにしてくれるものだ。プラットフォームという表現の方がが正しいと思います。Node.jsはサーバを構築できるだけではなく、アプリケーションプログラムでも動かせることが簡単です。

 

5. Node.jsのインストール方法


Node.jsをインストールする際に、最初の必要なことはコンパイラ環境がインストールされている状態でNode.jsのサイト(http://nodejs.org/)からインストーラを実行することです。このステップをした後、Windowsでは「C:/Program Files (x86)/nodejs/node.exe」という実行ファイルが、Macでは「/usr/local/bin/node」という実行ファイルがインストールされます。

Node.jsのサイトは全部英語で書かれていますので、インストールの手順は英語があれば、とても分かりやいと思います。同じWindowsのインストーラは二つの種類があります。そそれは32-bitと64-bitです。インストール前に自分のパソコンのスペックなどを確認しておくとインストーラをダウンロードをする際にもっと順調になります。しかし、Macには64-bitしかありません。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。