Spring Framework とは? 特徴からできることまでご紹介

 2021年03月19日

Spring Framework とは? 特徴からできることまでご紹介

アプリケーションやシステム開発においては、開発効率を向上させるためにフレームワークを使用する企業も少なくありません。

そこで今回はJavaの主要フレームワークといわれている「Spring Framework」について解説します。Spring Frameworkの意味や特徴がつかめるでしょう!

 

1. Spring Framework とは


Spring Frameworkとは、2004年にリリースされたオープンソースのフレームワークです。DI(依存性注入)やAOP(アスペクト指向プログラミング)など、システム開発やプログラムの修正がしやすくなる仕組みが導入されており、Java言語のエンジニアが開発に使用することも少なくありません。ほかのフレームワークと比較をすると、Spring Frameworkは汎用性の高さに定評があり、WebシステムやWebサービスのほかにも、クラウドやモバイルシステムなど幅広い開発に適しています。

 

2. Spring Frameworkの開発環境とは


Spring Frameworkには、専用の総合開発環境としてSTS(Spring Tool Suite)が存在します。これは、Javaの開発環境にたびたび使用されるEclipse(エクリプス)をベースとした開発環境です。Eclipseの仕様を踏襲しつつ、Spring Framework向けに機能が追加されています。Spring Frameworkと同様に、STSもオープンソースなので、Springのホームページから無料でダウンロードすることができます。ただし、使用しているJavaのバージョンによってはSTSが起動できないこともあるので、インストールを試みます。

 

3. Spring Framework のメリット


拡張性能が高い

Spring Frameworkは拡張性能が高く利便性を向上させます。拡張性とは機械やソフトウェアなどの本来備えている機能をさらに向上させる機能の事で、Spring Frameworkは機械に影響なく機能追加や性能向上が可能なのです。設定も簡単でフレームワークの単純性と処理能力も強く、XML拡張機能「POJO(Plain Old Java Objects)」管理機能で強力な業務サポートを行います。

テストが簡単

Spring Frameworkはテストが簡単に行えます。「Spring Framework」は、コンテナコンテキストの正しい配線や、データアクセス(正確性、Hibernateクエリ、JPAエンティティマッピング)などの統合テストをサポートしています。テストのサポートはアノテーション駆動型Spring TestContext Frameworkの形式で提供され、さまざまな環境でのさまざまなテストが可能です。

 変更しやすい

Spring Frameworkは、開発中の変更がやりやすいです。Spring Frameworkには「DI(Dependency Injection)」が組み込まれています。コンポーネント間で依存しているコードを排除して外部設定ファイルなどを入れて動作を変えていけるのです。修正範囲を最小限に留め、改修しやすくプロジェクトの途中で修正が発生しても、手間を最小限に抑えられます。

 再利用性が高い

Spring Frameworkは、再利用性が高いです。DIは「設定を利用から分離する(the principle of separating configuration from use)」との原則があります。コンポーネントとはWebアプリケーション開発でページを構成する各部品の事でコンポーネント集合としてプログラムを設計すると「再利用」可能です。Spring Framework共通のプログラムをまとめるので修正が最小限になります。

保守性が高い

Spring Frameworkは保守性が高いです開発の際にコーディングルールを定めておくと結果的に保守性の高いプログラムの実現が可能になります。大きなプロジェクトではコーディング手法を統一する事が成功に繋がるのです。Spring Frameworkは「AOP(Aspect Oriented Programming)」というプログラミングを使ってコードを簡潔にします。それによって不具合の改善がやりやすくなります。

 

4. Spring Frameworkにできること


I/O プロジェクト

Spring Frameworkで「I/O プロジェクト」ができますI/Oとは「Input/Output」の略で「入出力」を意味しています。JavaMEとSEで「GPIO(汎用入出力)」「I2C(集積回路間通信)」「UART(汎用非同期送受信回路)」「SPI(Serial Peripheral Interface)」などのインターフェ;スへのアクセスの標準化を可能にするのです。

ソフト開発

Spring Frameworkで「ソフト開発」ができます。ソフト開発は企業の業務システムやゲームソフトなどを製作するプロセスの事で、システムエンジニア、プログラマーが行ってきました。Spring Frameworkは、Java言語でのソフトウェア開発フレームワークとして活用できます。汎用性が高く機能が豊富にモジュール化されているので、様々な開発プロジェクトに適用できるのです。

アプリ開発

Spring Cで「アプリ開発」ができます。Springを利用して短期間で簡単なWEBアプリを作る事が可能です。Spring Frameworkをベースにした「Spring Boot」ではサーバーが内包されていて豊富なフレームワークを用いてスピーディーにアプリを開発する事ができます。開発環境を準備して、基本的なCRUD(新規、検索、更新、削除)を構築していきます。

 

5. Spring frameworkの使用に関する注意


豊富なプロジェクトを有し、幅広い開発に対応しているSpring Frameworkですが、その規模の大きさゆえに全体を把握しにくい欠点があります。そのため、ほかのフレームワークと比較をすると、Spring Frameworkは難易度が高いと言えるかもしれません。さらにSpring Frameworkは日本語の情報が少なく、学習コストが高い点も、習得の難しさに拍車をかけています。プログラミング言語として、初心者にも人気の高いJavaですが、高度な知識がなければSpring Frameworkを扱うのは困難でしょう。

 

6. まとめ

「Spring Framework」はアプリ開発を効率的にします。複雑なアプリケーションを効率的に作成する事を可能にするツール「Spring Framework」は、目新しい機能を常に取り入れています。アプリ開発に必要な機能を提供し、様々なアプリケーションに適用可能なのです。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

 無料見積もりはこちらから▶