×

システムインテグレーション(SI)とは何か?メリット・デメリットと種類などを簡単にご紹介

「システムインテグレーション」は、規模に関係なくすべての組織で親しまれているフレーズであり、すべての野心的な企業が組織の発展に歩調を合わせるための最大の関心事になり、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションから完全なITシステムのセットアップを低コストで顧客の資本利益率の高いサービスに確立するのに役立ちます。ビジネスの成功の鍵は、自動化とシステム統合と考えております。

システムインテグレーション(SI)とは何か?メリット・デメリットと種類などを簡単にご紹介

 2021年05月07日

システムインテグレーション(SI)とは何か?メリット・デメリットと種類などを簡単にご紹介

システムインテグレーション」は、規模に関係なくすべての組織で親しまれているフレーズであり、すべての野心的な企業が組織の発展に歩調を合わせるための最大の関心事になり、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションから完全なITシステムのセットアップを低コストで顧客の資本利益率の高いサービスに確立するのに役立ちます。ビジネスの成功の鍵は、自動化とシステム統合と考えております。

 

1. システムインテグレーション(SI)とは


what-is-SI

システムインテグレーション(SI)は、さまざまな機能を備えた一連のサブシステムを大規模なシステムに接続し、サブシステムが全体として緊密にリンクされていることを保証します。 各事業の目的に応じて運営してください。 これは、テクノロジーの最も複雑な要件をすべてインテリジェントに満たすソリューションであり、ニーズに応じてカスタマイズすることもできます。

情報技術では、システムインテグレーションは、コンピュータネットワーキング、アプリケーション統合、プロセス管理、プログラミングなどの接続技術を使用して、個別のサブシステムとさまざまなアプリケーションソフトウェアを統合するのに役立ちます。システムインテグレーションは、サブシステム間の相互作用力の統合を通じて親システムの価値と容量を増やすプロセスでもあります。

 

2. システムインテグレーション(SI)のメリットとデメリット


si-advantage-disadvantage

2.1. システムインテグレーション(SI)のメリット

システムインテグレーションの長所は、一部の起業家にとっては明らかかもしれません。いずれにせよ、全体像を理解することが重要です。

2.1.1. 収益性の拡大

SIの主な利点は、組織の効率を大幅にサポートすることです。さまざまなシステムやプロジェクトでの作業にはかなりの時間がかかり、担当者は手の届く範囲にあるプロジェクトではなく、面倒な手動のアクティビティに集中する必要があります。

2.1.2. もっと良い管理と検査

プロジェクトの数が多いと、組織がどのように機能しているかを分析することが非常に困難になります。したがって、プログラムごとにさまざまな調査を実行することは、単に面倒なだけでなく、定期的に無意味です。

そのような試験を調べることはできません。より高い視点にたどり着くには、何らかの方法を整理する必要があります。さまざまなプロジェクトが自由に機能しているため、実際には考えられません。

 2.1.3. 低コスト

さまざまなシステムを維持するための費用はかなり高くなる可能性があります。各プログラムには特定のサポートが必要ですが、これはさまざまな場面で実行できます。計画のサポートとオーバーホールは、退屈で法外なものになる可能性があります。全面的な支援に費やされた時間は、システム全体が機能している時間を超える場合があります。

 

2.2. システムインテグレーション(SI)のデメリット

SIは、さまざまなソフトウェアの利用で特定されたいくつかの問題に対する驚くべき答えですが、いくつかの欠点があります。

2.2.1. セキュリティの問題

セキュリティの問題に関しては、いくつかのプロジェクトを持つことは、1つの組み込まれたシステムよりも優れています。システム統合を行うと、ハッキングや不実表示によって、情報の一部ではなく全体が認められる可能性があります。

システムインテグレーションにより、あるプログラムから次のプログラムに情報が流れるチャネルがあるため、データは以前よりも無防備になります。

2.2.2. 複雑な更新

システムの再設計に関して、あなたのITグループはおそらくいくつかの極端な思い出を作るでしょう。統合は、いくつかのプロジェクトを1つに変換するのではなく、単にそれらを統合するだけです。次に、実際には個別にオーバーホールする必要があります。相互作用は予測不可能で退屈です。

2.2.3.多額の費用

システムサポートはかなり得られますが、プログラムごとに個別に支払う必要があります。たまに、起業家がシステム統合の代わりにカスタムプログラムの進歩を考え始めるかもしれない点までコストが高いです。

 

3. システムインテグレーション(SI)の種類


使用ゾーンと使用の種類を考えると、統合管理は3つの分類に分けることができます。

  • エンタープライズアプリケーション統合(EAI)
  • データインテグレーション(DI)
  • 電子データ交換(EDI)

3.1. エンタープライズアプリケーション統合(EAI

エンタープライズアプリケーション統合は、ヘルプベースの統合です。これは、さまざまな行政機関と話し合い、情報を収集し、その後、必要な活動や作業プロセスに応じて追加の手段を継続する相互作用です。サイクルは、カバーされていない助けを借りて開始することができます。

3.2. データインテグレーション(DI)

理事会が発表したり、子供を明らかにしたりするためのさまざまな情報ベースと管理。街のすべてのメリットから情報を収集し、それらを集めて焦点に変更し、直感的に発表できるようにします。

管理をアクセスの1つの主要な問題に統合する必要がある時点で、情報の統合が必要です。ほとんどの場合、さまざまな情報ソース(またはデータセット)がたくさんあり、それらを1つのアクセススポットにまとめて配置する必要があります。

3.3. 電子データ交換(EDI)

電子データ交換(EDI、Electronic Data Interchange)とは、標準化された規約(プロトコル)にもとづいて電子化されたビジネス文書(注文書や請求書など)を専用回線やインターネットなどの通信回線を通してやり取りすること。とりわけ、企業間の取引を行うこと。初期には企業間における受発注の電子データ交換を意味した。

 

4. 現在のシステムインテグレーションの動向


現代では、開発が新たな高みに達すると、それは通常の「開発」率の定義を超えます。 「技術の進歩」はそれらをシミュレートするために使用されます。

多次元の接続された世界では、テクノロジーが他のすべての開発プラットフォームの最前線にあるとき、「システムインテグレーション」ソリューションは、規模に関係なく、すべての組織で非常によく知られるフレーズです。組織の成長に歩調を合わせることに意欲的なすべての企業にとって最優先事項になります。ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションからサービスまで、最適なコストで完全なITシステムを構築し、顧客の資本回収を促進します。

「巨大な」データシステムを「安全な」方法でバックアップし、それによってリソースを簡単かつ効果的に管理します。高性能の財務リスク防止/管理ソリューション。セキュリティシステムは、情報を絶対的かつ信頼できるものに保つのに役立ちます。システム管理時間を最適化することは、「システムインテグレーション」がビジネスにもたらす際立った利点です。

 

5. 「SI」を実用的応用際、何の課題が会う


システムインテグレーションは組織にとって困難な場合があり、これらの課題は、新しいソフトウェアソリューションを実装した後の全体的な投資収益率を低下させる可能性があります。 これらの課題には、信頼の欠如と他の企業とのデータ共有の意欲、さまざまな業務をサードパーティにアウトソーシングする意欲の欠如、明確なコミュニケーションと責任の欠如、機能が存在する場所に関するパートナーからの意見の不一致、統合の高コスト、発見の難しさが含まれます。 優れた才能と一般的なAPI標準。 これらの課題は、「企業内および企業間のビジネスシステム統合を防止または減速する」というハードルを生み出す結果になります。 明確なコミュニケーションと簡素化された情報交換は、ビジネス要件をサポートできる長期的なシステム統合を構築する上で重要な要素です。

 

6. まとめ

システムインテグレーションを成功させるための核心は、システムインテグレーターの能力にあります。 ソフトウェアの要素として、基盤となるハードウェアは同じです。 次に、統合ソリューションプロバイダーの展開能力は、この個別のシステムを電力の融合に接続する技術です。

ハチネットソフトウェア会社は、各顧客のニーズに合わせたインテリジェントなシステムインテグレーションソリューションのプロバイダーであると確信しています。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。