生産管理システムは一体何か?導入目的・注意点などをご理解します

 2021年04月29日

生産管理システムは一体何か?導入目的・注意点などをご理解します

生産管理システムとは一体何か?「生産管理を活用できるために,企業の生産に伴う情報,価値,現品の手順を統合的と総合的に管理するシステム。」と言いました。生産管理システムはどのように定義されています。
以上の定義だけで生産管理システムを詳細を理解できるのはちょっと難しいですが。今回の記事では、生産管理システムとは一体何か?導入の目的・注意点などをご紹介します。

 

1. 生産管理システムとは



製造業によくある生産管理の課題解決に特化したシステムが、生産管理システムです。生産管理システムは、製造業における「モノの流れ」と「情報の流れ」を統合的かつ総合的に管理するシステムで、効率的かつ精度の高い生産管理を実現し、生産における業務フローを最適化します。

 

2. 生産管理システムのメリット


2.1. 生産管理システムの導入でできること

生産管理システムを導入することで、製造管理に関わる仕事が順調にできるので、様々な成果が期待できます。また、QCD(Quality/Cost/Delivery)のバランスを取ることも簡単になります。以下の三つの生産管理システムができることをご紹介します。

【生産管理システムでできること】

  把握できること 期待できること
納期 いつまでに用意すればいいのか
いつまでに作ればいいのか
納期遵守率向上・納期短縮
在庫 何を幾つ作ればいいのか/どの材料・部品が幾つあればいいのか 余剰在庫削減・欠品防止
工程 どのような工程・手順で作ればいいのか/今どこまで進んでいるのか 品質向上・納期短縮
原価 何にいくらかかるのか/いくらかかったのか 原価低減

 

【導入効果やメリット】

  • 受注から納期までの業務が改善できます。
  • 有効在庫数によって、最適な在庫管理ができます。
  • 社員間の情報共有体制を構築ことが可能です。

 

2.2. 生産管理システム導入による中小企業のメリット

中小企業ならどうでしょうか。「生産管理システムを導入することは、中小企業にとってハードルが高い」と敬遠している企業が多いですが、実は中小企業だからこそ、ITの管理システムを借りることが重要です。

例えば、生産管理システムがうまく稼働すればこれまで煩雑だった業務が大幅に効率化されるため、限られた人員の中で生産性の高いモノづくりを実現することができます。

 

3. 生産管理システムの導入目的


生産管理システムのおかげで、製品における工程を企業の全社員に可視化できて、適正な在庫での生産もできます。人員や生産機械の割当なども最適化されるようになるため、必要な時に必要なだけのものづくりが可能となります。製造業の生産活動をするために、自社にあった生産管理システムを導入することは、これからのグローバル競争がもっと厳しくなるために、生産管理システムは不可欠だと思います。

関連記事:生産管理システムとは?機能から導入のメリットとデメリットまで説明!

 

4. 生産管理システムに欠かせない機能


いまさら聞けない生産管理とは?含まれる工程や業務効率化を叶えるシステムを紹介 | QEEE

 

4.1. 調達・購買を管理できる機能

間接資材や部品や原材料等を良く調達して、生産管理システムで適切に管理できれば、生産コストを削減できるだけではなく、生産効率化も前より改善することが可能です。それで、自社の競合優位性がもっと上昇します。

 

4.2. 工程管理

生産管理システムではとても大切な機能があります。工程管理システムは工程ごとに配置されている要員管理や生産ラインの工程などを正確に管理することが可能です。このシステムはアプリケーションを開発することで工程ごとのパフォーマンス管理も実現できます。工程管理システムがあれば、企業の仕事は簡単になるでしょう。

製造工程における進捗チェック及び品質チェックは、最終的なQCD基準を満たす上で欠かせない管理業務です。工程管理システムでは各生産ラインにおける工程を細かく管理し、かつ工程ごとに配置されている要員管理も行えます。アプリケーションを開発することで工程ごとのパフォーマンス管理も実現するため、生産性向上に欠かせな機能です。

 

4.3. 原価管理

製品の原価を案件別、品目別などで把握したい

製品の原価(材料費・労務費・外注費・経費)をできるだけ抑えたい

標準原価と実際原価を的確に把握したい

このような悩みが生じる理由の一つが、管理方法にあります。「Excel・Access」などを使った属人的な管理を行っている企業が多く、部署間で統一管理ができない、担当者が不在の場合は誰も分からないといった問題が起こってしまいます

 

4.4. 品質管理

生産ラインの管理は問題があれば、製品に不良がある恐れがあります。お客様がこの製品にクレームをした場合は信頼がなくなってしまうだけでなく、対応コストや企業損害なども生避けられません。そのため、生産工程における製品品質を管理するために、生産管理システムを導入することが非常に大切です

 

5. 生産管理システム導入を成功させる注意点


生産管理システム導入を成功させるためのポイントは大きく分けて三つあります。次に私たちが注意点を簡単にご了解します。

5.1. 目的を明確にしたうえでシステムを導入する

システムを最大限に活用できるためにはには、自社が「生産管理システムを導入目的」を明確にすることが重要です。システムは道具です。その道具をどのように活用していくのか、何のために導入するのかという導入目的が明確でないと、企業の仕事が複雑になるかもしれません。

 

5.2. 全社的なプロジェクトとして取り組む

生産管理システムは生産の流れ全体を管理するものです。例えば、製造や調達や営業など様々な部門に正確に管理できます。そのためにも、生産管理システム導入を全社プロジェクトにし、プロジェクトリーダーとなって、部署横断的に一所懸命取り組まなければなりませんでしょう。

 

5.3. 業種・業態に合った生産管理システムを選択する

自社の業種・業態によって管理する機能はそれぞれ大きく違っています。自社の業態に合っていない生産管理システムを導入してしまうと、企業業務が複雑化してしまったり、カスタマイズ費用が非常にかかったりすることなので、この生産管理システム導入について検討する際には導入事例なども参考にすることが重要だと思います。

 

6. まとめ


生産管理システムは、製造から納期までを管理できるシステムであるため、企業に影響を与える業務です。生産管理システムを順調に使用することによって、不要在庫の減少や製造の効率化や顧客サービスなども改善できます。今回の記事では生産管理システムとは一体何か?導入の目的・注意点などをご紹介しました。自社の課題を解決するには、最適なシステムを選択・導入・運用することが重要だといえるでしょう。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。