Webアプリケーションとは?WebサイトとWebアプリの違いは何であるか?

 2020年08月31日

Webアプリケーションとは?WebサイトとWebアプリの違いは何であるか?

1. Webアプリケーションとは?

Webアプリケーションは、WebブラウザーとWebテクノロジーを使用してインターネット経由でタスクを実行するコンピュータープログラムである。

2. 概要

何百万もの企業がインターネットを通信チャネルとして使用してコストを節約している。これにより、企業はターゲット市場と情報を交換し、トランザクションを迅速かつ安全に実行できる。ただし、これらのアクティビティは、企業が必要なすべてのデータを把握して保存でき、このすべての情報の処理手段やユーザー向け結果の表示手段を備えている場合にのみ有効になる。

Webアプリケーションは、情報の格納と取得を処理するのにサーバーサイド・スクリプト(PHPとASP)を組み合わせ、ユーザーに情報を使用するのにサーバーサイド・スクリプト(JavaScriptとHTML)を使う。これにより、ユーザーはオンラインフォーム、コンテンツ管理システム、ショッピングカート等によって使用してビジネスとやり取りできる。さらに、アプリによって従業員は使用して、場所やデバイスにもかかわらず、ドキュメントの作成、情報の共有、プロジェクト上での共同作業、共有ドキュメントの作業を行うことができる。

3.Webアプリケーションはどうのように動作するか?

Webアプリケーションは通常、JavaScriptやHTMLなどのブラウザーでサポートされる言語でエンコードされる。これらの言語は、実行可能プログラムをレンダリングするためにブラウザーベースであるためである。サーバー側の処理を必要とする動的アプリケーションがいくつかあるが、一方の静的アプリケーションはサーバー側の処理をまったく必要としない。Webアプリケーションには、クライアントからの要求を管理するのにWebサーバー、要求されたタスクを実行するのにアプリケーションサーバー、およびたまに情報を格納するのにデータベースが必要な場合がある。アプリケーションサーバーテクノロジは、ASP.NET、ASP、ColdFusionからPHPやJSPまで種類がある。

Webアプリケーションの動作方のフォローは次のとおりである:

  • ユーザーは、Webブラウザーまたはアプリケーションのユーザーインターフェイスを通じて、インターネット経由でWebサーバーへのリクエストをアクティブにする。
  • Webサーバーは、この要求を適切なWebアプリケーションサーバーに転送する。
  • Webアプリケーションサーバーは、データベースのクエリやデータの処理など、要求されたタスクを実行してから、要求されたデータの結果を生成します。
  • Webアプリケーションサーバーは、要求された情報または処理されたデータとともに結果をWebサーバーに送信する。
  • Webサーバーは、クライアントに情報を応答し、ユーザーの画面に表示される要求された。

4.Webアプリケーションの例

Webアプリケーションには、オンラインフォーム、ショッピングカート、ワープロ、スプレッドシート、ビデオ・写真の編集、ファイル変換、ファイルスキャン、(Gmail、Yahoo、AOL等)メールプログラムが含まれる。人気のあるアプリケーションには、Google AppsとMicrosoft 365がある。

Google Apps for Workには、Gmail、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド、オンラインストレージなどがある。その他の機能には、ドキュメントやオンラインカレンダーの共有がある。これにより、すべてのチームメンバーが同じバージョンのドキュメントに同時にアクセスできる。

5.Webアプリケーションの利点

  • Webアプリケーションは、ブラウザーに互換性がある限り、オペレーティングシステムやデバイスに関係なく、複数のプラットフォームで実行される。
  • すべてのユーザーが同じバージョンにアクセスできるため、互換性の問題を削除する。
  • それらはハードドライブに設置されないため、スペースの制限を削除する。
  • 登録に基づいてWebアプリケーション(SaaSなど)の著作権違反を軽減する。
  • とエンドユーザーの両方のコストを軽減する。理由:企業はこれらのWebアプリケーションのサポートとメンテナンスを必要としない。実行可能のためにエンドユーザーのコンピューターに高い要件を必要としないことは言うまでもない。

6.WebサイトとWebアプリの違いは何であるか?

WebサイトとWebアプリケーションの境界が非常に壊れやすいのは事実である。ニュースサイト-tech.vccloud.vnは一例です。読者側ではウェブサイトである。しかし、管理者と編集者の側では、それはWebアプリケーションである。さらに、一部のWebサイトには、ユーザーに検索機能とコメント機能を提供する機能があるが、それでもWebアプリではなくWebサイトのみである。

7.結論

現在、企業や個人の間でのインターネットの使用の増加は、企業の運営方法に影響を与えている。これにより、企業は従来のモデルからクラウドベースのモデルやグリッドモデルに移行する際に、Webアプリケーションが広く採用されるようにつながる。Webアプリケーションは、アクティビティの整理可能、効率を高め、コストを軽減する機能を企業に提供する。

メールクライアント、ワードプロ、スプレッドシート、その他のプログラム等のオンラインアプリケーションはすべて、デスクトップバージョンに向けソフトウェアと同じ機能を提供する可能がある。ただし、複数のプラットフォームで作業できるという利点があり、到達範囲がより広く、いつでもどこでも単にアクセスできる。

 

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: トゥイ(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。