WooCommerceとは? 他のECプラットフォームとの比較

 2021年02月02日

WooCommerceとは? 他のECプラットフォームとの比較

ネットショップを制作する方法として、ツールやCMSなど様々ありますが、もし自社のホームページをWordPressで制作している方であれば、それを活用できるでしょう。

WooCommerceというプラグインを利用することでホームページの管理と平行してネットショップを運営できます。

今回、「WooCommerce」を利用するメリット・デメリットを紹介し、WooCommerceと他のECプラットフォームを比較します。

1.WooCommerceとは


WooCommerceは、WordPress用の無料プラグインで、簡単にオンライン販売を開始することができます。WordPressでWebサイトを作成する場合、マーケティング、経理、配送などのさまざまな機能をインストールできるプラグイン、または既にコーディング済みの差し込むだけで簡単に利用できるコードの二種類を使ってサイトを構築できます。

WooCommerceは上記のプラグインの中の1つで、Webサイトからオンラインストアを構築するための必要な機能を備えています。

 

2.WooCommerceのメリット・デメリット


2.1. メリット

  •  無料で使える

WooCommerceはWordPressの無料プラグインになりますのでWordPressの環境さえあれば固定費は0円で運営することができます。

サイト訪問者へストレスを与えないために、表示速度を改善するためのプラグイン、商品と顧客情報を守るため定期的に自動でバックアップしてくれるプラグイン、必要な機能に合わせてプラグインをチョイスすれば、まさに自分だけのオリジナルショップにカスタマイズできます。

  • 単なるショップサイトではない

WooCommerceはWordPress上にショップ機能を構築するので、コーポレートサイトを作ったり、ギャラリーやブログを作るのもすべて一つのWordPressで行うことができます。

WordPressの自由度の高さにより、TOPページの作り方やブログなどのコンテンツを工夫することでサイト全体でオリジナリティを出して集客強化することもできます。つまり、ターゲットに合わせたサイト作りで他サイトとの差別化ができるということです。

  • 優れたデザインのWooCommerce対応テーマが豊富

無料・有料含めてWooCommerce対応のWordPressテーマがたくさん公開されています。国産の対応テーマはまだまだ少ないですが、海外の有料テーマではもはやWooCommerceに対応しているのは当たり前という状況になっています。

また、海外の有料テーマにはデザイン・機能に優れたテーマがたくさんあります。

  • WooCommerceは進化し続けている

WooCommerceはWordpress開発元のAUTOMATIC社に買収され、WordPressの主要機能の一つとして開発に力が入れられています。

また、世界中で利用者の増加に伴い、サードパーティによる対応テーマや機能拡張のためのプラグインの開発競争も勢いを増しています。このような背景からWooCommerceの利用者は、デザイン・機能に優れた新しいテーマ・プラグインを無料もしくは安価に利用することができます。

2.2.デメリット:

  • デフォルトでは日本語に対応していない
  • 1つの操作の手数が多い
  • 大規模なECサイトを作るなら管理や操作が面倒
  • WordPressはサーバーが必要
  • 最初からECサイトとしてスタートできない
  • ECサイトとしてのカスタマイズは本体のブログデザインから調整しなければならない

まず、woocommerceは本体のWordPressを利用する際にサーバーを調達しなければなりません。

ECサイトとしてカスタマイズしたいときは、WordPressのテンプレートを合わせて調整する必要があるため、Shopifyのようにアプリを導入するだけで楽々とカスタマイズすることができません。

 

3.WooCommerceと他のECプラットフォームとの違い


オリジナリティのある自社サイトを構築したい場合は、いくつかの方法があります。一番お勧めのプラットフォームは、ShopifyとMagentoです。この二つは、自社サイトを構築できるという面では同様のサービスですが、備わっている機能やコスト面で違いがあります。

オールインワンパッケージのECプラットフォームをお探しの場合は、Shopifyが良い選択肢と言えるでしょう。Shopifyは、ビジネスの成長に合わせて簡単にスケーリングできるオプションがいくつも揃っているため、技術面での作業をそこまで必要としないECビギナーに特におすすめです。

一方で、技術的なスキルをお持ちで、コーディング作業をすることに抵抗がない方は、WooCommecreが適していると言えるでしょう。WooCommerceは、コードにアクセスして簡単にカスタマイズできるECソフトウェアです。WooCommerceを始めるには、まずWordPressのアカウントが必要です。そのため既にWordPressのサイトをお持ちの方は、WooCommerceを気軽に始めることができます。

Magentoは、WooCommerceと同様に自社サイト開発用のオープンソースソフトウェアですが、WooCommerceよりもプロフェッショナル向けで、中〜大規模のオンラインショップに適しています。

それぞれのコストを見ていきましょう。WooCommerceは無料プラグインですが、そのために必要なWordPressの月額利用料は6.95ドル〜。Shopifyの場合、月額利用料は29ドル〜。WooCommerce, Shopify 共にマーケティング向けのアプリ利用などには追加料金が発生します。Magentoの場合、ベーシックプランは無料ですが、企業向けのプロフェッショナルプランの場合、年間利用料は22,000ドル以上と高額です。

 

4.WooCommerceは、どんな人におすすめ


  • 手軽にECサイトを作りたい
  • ネットショップ運営の固定費を下げたい・0円にしたい
  • オリジナルショップを自由にカスタマイズしたい
  • 複数店舗を展開していきたい
  • SKUを自由に作りたい
  • 更に売上を大きく伸ばしていきたい
  • LINEログインなど新機能をどんどん取り入れていきたい
  • 業界日本一を目指している

 

5. まとめ

今回紹介したのは、WooCommerceの基本的な部分でした。

WooCommerceはとても便利なシステムですが、その最大の特徴は無料で使えるという事。そして、豊富なプラグインがあるという事です。
WooCommerceでECサイトが作れるとても魅力的なプラグインですので、お勧めです。

無料見積もりはこちらから▶

WooCommerceでECサイトをご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: トゥイ(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。