IT人材の不足問題がこれからどのようになる?原因・難しさ・対策をご紹介

 2021年04月16日

IT人材の不足問題がこれからどのようになる?原因・難しさ・対策をご紹介

IT人材は2030年には最大で「79万人不足」すると経済産業省が発表しています。世界中におけるデジタル環境が拡大になっている中で、日本が後れをとらないためにも必要とされるIT人材の育成は重要な問題と考えられますつまり、高年収の仕事を得られる可能性が高いということです。さらに、「人材不足」の現場では常に人を必要としていますから、転職やキャリア採用も多くになっていることが分かります。男性のみならず、女性が結婚・出産などブランクを経たとしても、スキルアップやブラッシュアップすれば、良い条件での復職も可能になります。今回の記事では、IT人材の不足について深掘りし、この「問題の原因」・「難しさ・「対策」を皆さんにご紹介していきます。

 

1. IT人材とは何か?


Global It Business. Stock Photo, Picture And Royalty Free Image. Image  47075558.

 

IT人材」という言葉は、僕が思うに「IT業界」の作った言葉ではなく、何かしらの分野としてのくくりを設けたかったメディアや政府が使い始めたのではないでしょうか?なぜなら、自分も自分の周りもIT人材とは使わないからです。「IT系」「情報通信」とかなら使います。

例えば、システムコンサルタント・設計者・ソフトウェア作成・情報処理・通信技術などと言うことです。

 

2. IT人材が不足するのはなぜ?


IT人材が不足していることには、「大きく5つの理由」があると考えられます。どのような理由があり、それは今後改善可能なのかどうかをチェックしてみましょう。

 

 

理由 1.:IT技術者の高齢化

現在働いているIT技術者の高齢化が進んでいるため、定年退職などによって現場から人が去ってしまうという事態が起きています。ただでさえ少ないIT技術者が減少していることから、人材不足はより深刻化しているのです。

また、高齢化に加えて日本は少子化の問題も抱えているため、退職していく人と新しく入ってくる人のバランスが取りづらい現状も拍車をかける原因でしょう。そういった人材の高齢化と少子化の問題は、IT技術者の不足を進行させる大きな原因です。

 

理由2:IT市場の拡大

IT市場が年々拡大していることも、結果的に人材不足になる理由になっています。ITの技術を使う事業や業界は数多く、いまや全く関係のない事業の方が少ないと言えるでしょう。

その市場拡大に人材の供給が追いついていないために、IT業界の技術者不足の問題がより大きくなってしまうのです。近年はIoTやAIなど新たな分野の開拓と発展も進んでいて、その市場規模はまた広がりを見せています。

しかし人材の供給状況は変わっていないために、今後も人の不足に悩む企業が増えることになるでしょう。市場の拡大がメリットばかりにならない点は、IT業界特有の問題になっています。

 

理由3:ITの仕事にもたれているネガティブなイメージ

ITの仕事に根付いてしまったネガティブなイメージの存在も、人材不足の原因になっています。いわゆる「新3K」と呼ばれる「きつい」「厳しい」「帰れない」という働き方のイメージが、IT業界に新規で参入する人材を警戒させる理由になっているのです。

人材不足が続いているために、ITの現場もコスト削減に追われてしまい、結果的により厳しくてきつい環境が出来上がってしまいます。

現状がそんな負のスパイラルにあるために、人材不足はより深刻化することになるでしょう。ITの仕事に持たれているネガティブなイメージをどう払拭するのかが、今後の課題になることは明白です。

 

理由4:IT技術の進化するスピードの速さ

IT技術の進化するスピードが速すぎることも、人材不足を招く原因になっています。新しいシステムやアプリは日々誕生・進化していて、IT技術者はそういった変化についていかなければなりません。

日常的に勉強が必要となるため、その努力が困難となって挫折してしまう人も多いです。勉強の対象となる分野もその進化によって広がっていて、Web、アプリ、クラウドなど、習得していくべきスキルは増えています。

今後も新しいIT革命が起これば、また技術者に負担がかかることになるでしょう。IT技術の進化のスピードによって、せっかく業界に入ってきた新人が辞めてしまう可能性が高い点も人材不足を引き起こしています。

 

理由5:割りに合わない年収の低さ

IT業界は、仕事の内容に見合わない年収の低さも問題視されています。大手の企業や波に乗っているベンチャー企業では高待遇も見られますが、まだまだ多くの職場がIT技術者を低賃金で扱う傾向があります。

特にIT業界に途中参戦した別業界の会社や大手企業の下請けをしている会社は、IT技術者の賃金を安く抑えることを当たり前としていることもあるのです。

そういった年収の低さが浮き彫りになると新規でITエンジニアを目指す人は減り、結果として人材不足が加速するでしょう。しかしながら、IT業界の年収の低さは高単価な案件を紹介するエージェントなどの台頭によって、改善は進んできています。

そのためIT技術者自身が現在の報酬で納得するのではなく、積極的に自分の仕事に見合った賃金を求めていくことが重要になるでしょう。

 

3. IT人材の「レベル」という問題


最近、もう一つ切実な問題として浮上しているのが「IT人材レベル」です。本当に必要とされるスキルや経験をもった人材がいない、だから企業は常に「IT人材不足」という問題です。

たとえば、採用する際に中面接や実技を見ても、需要にあったレベルの人材がいないので、「採用できない」わけです。これまでは一定のスキルさえ持っていれば、IT人材として重宝されました。

今ではプログラミング技術を持つ人自体は増えており、必要とされる人材のスキルはより高度になっています。 企業が求めるIT人材になることで、端的にいえば「高収入が得られる」わけです。需要と供給のバランスで、供給が足りず、高度なスキルを持つ人材が少なければ売手市場です。

 

4. IT人材採用の難しさ


採用面接で高評価を得る仕組み」が科学的に解明される | ライフハッカー[日本版]

 

4.1. ジュニアとシニアの開発者

全体的にジュニア開発者の方が採用しやすいです。IT人材としてジュニア開発者を採用するのは難しいと強調していました。しかし、全体的には、ジュニア開発者は仕事に熱心して、新進気鋭です。

基本的なコーディングを安くまたは無料で教えてくれる無料のプラットフォームがオンライン上にたくさんあるので、彼らがまだ若いうちに採用することが大切です。

高齢者は通常に資格のある開発者を見つけたい場合は、より高い賃金を支払って、おそらくすでに快適なポジションから彼らを誘惑しなければなりません。真剣に開発者を募集する準備をしているのであれば、キラータスクに入っていることを知っておいたほうがいいです。

 

4.2. 偏ったインタビュー

それは頻繁に出てくることはありませんし、そのために私たちが常に正確には見落とされることが多いです。面接官も人です。

個人的な理由で弱い候補者をアピールしようとする意図的な努力を無視して、面接官は客観的な基準を調べずに無意識のうちにその候補者を嫌いになったり、好きになったりしてしまうことがあります。

 

4.3. 英語

英語は世界の言語ですが、それを使いこなすことができるかどうかは、一部の人にとってはまだ大きな問題です。しかし、後進国の人々は急速に追いついてきており、この問題が長く続くとは思えません。それでもこのIT人材の難しさのリストに入りました。

 

4.4. ITには時間がかかる

IT人材なら、時間にはお金がかかります。ファストカンパニードットコム過去4年間だけでのインフォメーションによると、リクルートの価格は平均13日から23日に上昇しましたので、誰もが時間のように貴重なものを無駄にしたくありません。

この分野での採用はより難しく、より高価になってきています。採用に関する問題点をより深く理解することを目的に、採用担当者と個人的に話をしてきました。

また、当社のチームと一緒にこれらの問題に取り組み、面接を受けた人たちの経験を共有することで、採用活動における問題の回避や解決の一助としています。最も一般的な不満の一つは、間違いなく次のようなものです。 候補者の調達や選考にかかる時間。

 

5. DEVWORKというIT人材採用プラットフォーム


 

5.1. DEVWORKについて

Devworkは、IT人材紹介に関する全国のHR フリーランサネットワーク接続する採用プラットフォームを開発・運用しております。Devworkには、IT企業の採用支援のため、包括的で全面的なソリューションを提供するという使命をお持ちしております。

また、当社「HACHINET」には、別に求人WEBサイトがあります。詳細を表示するには、以下のリンクをクリックしてください

 無料見積もりはこちらから▶

 

5.2.  DEVWORKというIT人材採用プラットフォームを選ばれる理由

 

スピード

質量

費用

募集期間の最適化 厳しい履歴書のチェック流れ 雇用者が手数料は自由に選択

1万人以上のHR

フリーランサーとの接続

入社後の支払い 市場に最も最適な手数料
簡単な操作 候補者保証

紹介手数料は月収額の

40%~ 

 

5.3. DEVWORKのメリット

DEVWORKというIT人材採用プラットフォームは色々なメリットがあります、今回は、以下の五つの主なメリットをご紹介します。

  • 候補者の探索は早速に
  • 候補者と紹介者への最大アクセス
  • 視聴回数を上がるために優先表示
  • 企業のイメージが拡大的に宣伝可能
  • 採油予算の率先可能

 

6. まとめ


この記事ではIT人材が不足する背景と今後需要が減る、あるいは増えるIT人材について解説しました。IT業界の人材不足は中長期に渡る課題として多くの企業で認知されています。しかし、すべてのIT分野で人材が不足するわけではありません。今後、需要が増える技術、減る技術の動向を把握しながら、求められるスキルを習得し続ける事が重要です。もう一つは、DEVWORKというIT人材採用プラットフォームの概略・メリット・選ばれる理由をご紹介しました。

 

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。