なぜオフショア開発センターが必要でしょうか?ODCのメリット・デメリットを簡単にご紹介 ( Part 2)

 2021年04月23日

なぜオフショア開発センターが必要でしょうか?ODCのメリット・デメリットを簡単にご紹介 ( Part 2)

ラボ系開発とはオフショア開発の中でも開発の柔軟性が高く、より優秀なエンジニアを獲得しやすい開発方法として大きな日本企業に注目されています。安定した長期間の開発であるため、アプリ開発やAI開発などの複雑性の高い開発と相性がいい開発方法と言われています。この記事では、「ODCのメリット・デメリット」「オフショア開発センターモデルなどについて皆にご解説していきます。

 

1. オフショア開発センターモデル


オフショア 開発の課題~リピートされるための解決策はこれだ!~

 

1.1.固定費モデル

このモデルでは、プロジェクトの予算が固定されるため、事前に明確で詳細なプロジェクト計画を立てておく必要があります。 固定価格モデルは、小規模なトライアルプロジェクトで最適に機能し、予算の変動から顧客を保護するオフショア開発センターモデルです。 また、計画は最初から明確にされているため、このプロジェクトについてはあまり監督する必要はありません。

ただし、欠点もあります。 予算を過小評価すると、ベンダーが確立されたものを満たすためにコストを大幅に削減できるため、プロジェクトがうまくいかない可能性があります。

1.2.柔軟な契約ベースモデル

この種のモデルでは、事前に正確な計画を立てる必要はなく、顧客が最終結果に満足するまで途中で調整することができます。 それでも、コストと完成したタイムラインとともに、注意深く記述された仕様と機能のドキュメントが必要です。

1.3.専用チームモデル

ここで理想的なモデルになります。 このモデルは、3つの中で最も柔軟でスケーラブルです。 運用プロセスとチームを完全に制御できます。 製品を完成させるだけでなく、プロジェクトのメンテナンスと定期的な更新を保証します。

関連記事:ベトナムにオフショア開発センターを建設する方法・ODCについてAからZまで ( Part 1)

 

2. なぜODCを必要するのですか?


前回の投稿と同様に、ODCの概要 をご紹介しました。今回の記事には、ODCサービスを詳細にご紹介します。ODCサービスを提供する会社にパートナーシップを構築する際に様々な利益を得られますが、失敗した場合もあるので、ODCのメリットとデメリットをしっかり理解すれば自社のビジネスが必ず順調になるでしょう。

 

2.1. メリット

2.1.1. コストを減少できる

ODCは独自の設備やインフラのみならず、ベテランの専門家チームもいます。貴社はインフラを設立する費用を心配することはありません。それで、ODC案が一々を構築することに比べると、もっと速く開発し始められるだけではなく、コストを抑えることも可能です。

2.1.2. 豊かなITリソース

ハイレベルなITチームを速く探せる所なら、ODCは一番いい選びの一つです。特に、世界中の一流のODCは常に社員のスキルを磨くことに重視し、取引先に最高な手段を与えられるのも確保すると考えられます。

2.1.3. 開発活動を簡単に管理できる

BSCSoftが言及した記事によれば、ODCは親会社からの指導に厳しく守ります。現在の仕事の進捗状況を観察して、判断することができます。結果が期待に一致しない場合はODC会社に契約の条件を再協議できて、ODC会社に追加費用を兼ねるプロジェクトの修理を要求することが可能です。 

2.1.4. 継続的な技術サポート

ODCは全部のプロジェクトの流れに継続的な技術サポートを提供します。仕事を行う際にオフショア会社が専門を使って、課題を完成できます。ODC会社も新しい開発のノウハウを蓄積し、次のプロジェクトを導入することが可能だと思います。

2.1.5. プロジェクトを締め切りに当たる引き渡し

ODC会社は最適なコンディションに活動して、親会社が与えた開始から終了までのプロジェクトのガイドラインとタイムライを追いつけられるので、ODCチームが締め切りにITプロジェクトを引き渡すことができます。

さらに、ODC会社は親会社の「IN-HOUSEチーム」と「効果的」に協力できます。そのおかげで、合計完成時間が短縮することが可能でしょう。

2.1.6. 効果的なIT人材割り当て

各プロジェクトの割り当てはそれぞれが違います。プロジェクトの要求に応じられるために、親会社の人材が再割り当てる時もあります。自分の内部グループの社員人数を増減するかどうか決めることが必要です。

ODCは有能な助手のように親会社のIN-HOUSEチームの課題を行われて、IT部分の拡大に効果的なサポートを与えます。ODCがなければ、IT人材の割り当てが大変なことになるでしょう。

 

2.2. デメリット

2.2.1. リモートからの管理が複雑

リモートからの開発ができるようにテクノロジーが発展しても、コミュニケーショの障壁が発生することはないわけではないです。そこで、親会社の管理者はアイデアを発表する際にリモートからのエンジニアチームに自分の意欲を理解させなければなりません。

2.2.2. 文化障壁

文化差別は仕事の流れに消極的な影響を与えられる恐れがあります。例えば、分権化型の職場文化に慣れたインド又は中国のプログラマーはアメリカでの快適な作業環境に不満するかもしれません。

2.2.3. 法律障壁

いくつかの国は外国会社が彼らの領土にビジネスを設立することを断ります。新しい法人を登録することにとって、大きな挑戦だと考えられます。そこで、外国企業に対するオープンポリシーがあるかどうか確認したければ、大切な注意点は会社のリーダーがその国をあらかじめ詳細な調査を行わなければなりません。

2.2.4. セキュリティの危険

遠くからの情報セキュリティーは本当に簡簡ではありません。データ漏えいが発生する恐れがあって、オフショア会社が所在している所の政府はあなたが隠している秘密情報のアクセス権を提供させる申し出という場合もあります。

 

3. 結論


なぜODCを設立するのか、メリット・デメリット、発注先などについて紹介しました。ODCは、日本の優秀なエンジニア不足を解決できる契約形態です。仕様変更や修正があることを前提として開発するプロジェクトに向いています。特に、新規サービスの立ち上げにはとても相性がいい契約形態です。新規サービスでは、サービスを立ち上げた後、ユーザーのフィードバックを受けて何度も改善や機能の追加をおこなわなくてはなりません。柔軟性に長けた契約形態であることから、ラボ型契約を試してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:ODC会社の雇用前に注意する事とODCをセットアップする方法についてご紹介( Part 3)

オフショア開発をご検討されている方々はぜひ一度ご相談ください。

※以下通り弊社の連絡先

アカウントマネージャー: クアン(日本語・英語対応可)

電話番号: (+84)2462 900 388

メール:  [email protected]

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。