ラボ開発サービスとは?

 2020年03月27日

ボ形の開発は、ベトナムのオフィスにおけるお客様の案件を担当できるような独占エンジニアチームを確保する形となる。お客様は、日本語で直接に仕事をエンジニアに指示できる。 ラボ開発の利点: 開発資料の仕様は自由に変更できる。プロジェクトの進捗はPMに完全に依存することになる。 優れたエンジニア人材が確保でき、多くの開発経験を蓄積することができる。 ラボ開発の価格は、ソフトウェアオフショア開発の短歌よりも安価。

もっと読む

重要:新型コロナウィルス感染症に関する日本政府のベトナムに関する水際対策の強化

 2020年03月26日

重要:新型コロナウィルス感染症に関する日本政府のベトナムに関する水際対策の強化

もっと読む

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(外出禁止等)

 2020年03月26日

【ポイント】 ●報道によれば,ベトナム政府は,今後, ①市民の外出を最大限制限する, ②外出せざるを得ない場合,マスクを常に着用し,他人と接触する際にはできるだけ2メートルの間隔をあける, ③20名以上の会議・イベント等の開催を中止し,特に,事務所ビル,学校,病院等の周辺で10人以上が集まることを禁止する, ④ハノイ市,ホーチミン市等において,食料,薬品,医療サービスを除き,全ての各種サービスの商店等を閉店する,等の措置を求めるとのことです(以下2に詳細)。 ●ベトナム在住の方にあっては,ご注意ください。 ●本件に関し,現時点で当館が入手している情報は,記載のとおりです。

もっと読む

アウトソーシングサービスとは?

 2020年03月26日

ソフトウェアのアウトソーシングは、企業の存在と開発のニーズを満たす最適なソリューションだと言われるようである。 ソフトウェアプロジェクトは、ある企業とクライアントの要件を満たしているソフトウェアを作る社の契約合意である。ベトナムにおけるアウトソーシングプロジェクトプロセスを把握することで、企業は品質の高いパートナーを見つけ、注文した製品に満足することができるかと思う。

もっと読む

【第29回Japan IT Week 春、幕張メッセにて延期開催のお知らせ】

 2020年03月24日

第29回Japan IT Week 春の延期開催をお知ら致します。 2020年4月8日ー10日に東京ビックサイトにて開催を予定しておりました。 「第29回Japan IT Week 春」につきまして、事務局では、新型コロナウイルスに関する様々な事情を勘案し、関係者と協議を重ねた結果、開催の延期を決定させていただきました。

もっと読む

JAPANーMEKONG経済協力カンファレンス

 2020年03月23日

第5回日越の経済・文化交流プログラムにおいて、11月30日、ベトナム商工会議所(VCCI) 、及びホーチミン市の日本貿易振興機(JETRO) は、メコンデルタの13県の投資・観光振興センターと協力して、JAPANーMEKONG経済協力カンファレンスを開催した。

もっと読む

BrSE(ブリッジSE)とは?

 2020年03月23日

現在、BrSE(ブリッジSE)は、多くのベトナムITエンジニアの選択である。それでは、なぜ多くの人がBrSE(ブリッジSE)になりたいか、そしてベトナムのエンジニアが職業の要件が何であるかを知っておく必要かを次の記事を読んでみよう。 1. BrSE(ブリッジSE)とは?

もっと読む

Hachinet社員の最初の4名がBlockchainのトレーニング修了証書を取得

 2020年03月23日

第四次産業革命インダストリー4.0において、ブロックチェーンはデジタルテクノロジーの“キー“と言われ、未来のテクノロジーベースの構築に貢献するものです。そこで、2018年10月03日付き、Hachinet社は、Sophiaソフィア先端技術学院により開催されたBlockchain のトレーニングコースに、エンジニアの最初の3名を参加させました。本コースは1ヶ月半に行われ、講義が12回しかありません。自学習時間は主になります。

もっと読む

Outsource - 人材採用の困難を解決

 2020年03月23日

近年、日本をはじめ、多くの先進国が抱えている問題の1つは少子高齢化です。日本は若手の労働人口が少なくなってきているようですが、ベトナムは若い力に溢れ、年代別人口では、20代がトップであり、中長期をみると、IT人材の確保先として有望視されています。

もっと読む

Covid19の状況とIT業の対応策

 2020年03月20日

また、日本をはじめとする先進国の多くが抱えている問題の1つが、少子 高齢化です。特に日本はその傾向が強く出ており、子供が少ない というだけでなく若手の労働人口自体も少なくなってきています。 その反面、約9000万人の人口を誇るベトナムは若い力に溢れ、年代 別人口では20代がトップであり、中長期でみてもIT人材の確保先 として有望視されています。

もっと読む