CAB Concession Application Business(上野俊介)は稼げるのか?内容、口コミ、評判を検証

上野俊介氏のCAB Concession Application Businessは稼げるのか?内容、口コミ、評判を検証しました。

 

こんにちは、中山唯人です!

 

今回は大手ASPの1つであるアドモールから購入できる、上野俊介氏のCAB Concession Application Businessという副業案件を取り上げていきます。

 

2024年になって初めてのアドモール公認コンテンツで、Google Documentを使ってスマホ一台で参入できる「利権ビジネス」をコンセプトとしています。

 

結論から申し上げると購入しても全く問題なく、稼ぐことができる良案件です。

 

  • 上野俊介氏によるCAB Concession Application Businessの内容が気になる方
  • 上野俊介氏によるCAB Concession Application Businessがおすすめできる理由を知りたい方
  • 稼げる副業案件の事例を学ぶことで副業案件の良し悪しを自分で見分けられるようになりたい方

 

は、ぜひ当記事をご覧ください。

 

個別の副業案件やおすすめの副業についての質問はこちら↓へどうぞ。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の利権ビジネスの販売者情報

スマホ一台で参入できる利権ビジネスをコンセプトとしたCAB Concession Application Businessの販売者情報について見ていきます。

 

こちらがCAB Concession Application Businessの特定商取引法に基づく表記です。

 

販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 上野俊介
サポート連絡先 https://lin.ee/2RdyL7k
販売URL https://kenrikin.xyz/lp/
返金について 情報商材という特質上、購入後はいかなる理由や状況においても返金などには一切対応しておりません。また、通信販売ですのでクーリングオフは法的に認められておりません。販売ページに返金規定が記載されている場合の返金の交渉は情報提供者と行ってください。 返金をめぐり販売者とトラブルが起きた場合は アドモール へご連絡ください。返金の実行の有無の権限はアドシステムが有しています。
プライバシー保護 個人情報に関しましては、弊社で厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。当該個人情報は法律によって要求された場合、権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供する事はありません。
表現、及び商品 に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。いかなる場合においても返金規定以外の購入後の返品、返金は受け付けません。尚、購入後、利用サイトの仕様変更や規約変更、情勢的なものの変化により実践が困難になる場合には、最新版のマニュアルとツールを用意しますが、その際には、お時間を頂く場合がございます。その点は予め了承下さい。あくまでも本商品は制作した時点での作者の見解による著作物です。常に販売している以上、管理は継続しますが、予期せぬ問題の場合は販売者は、購入者に対して最善の仕様変更などを行うものとします。また実践に関する過失や損害などは、一切販売者、または販売会社も責任を負うものではなく購入者は、いかなる権利も行使しないものとして購入してください。ここに記載された内容を確認して承諾し、ご自身の判断で活用するものとします。購入された時点で上記内容全てに同意したものと見なします。

 

販売ページのURLから「/lp」を取った「https://kenrikin.xyz/」にアクセスしてみたところ、1月10日夜時点では記事がありませんでした。

コンテンツファイルはPDFファイルで提供されているか、別ディレクトリのWEBファイルにて提供されている可能性があります。

 

CAB Concession Application Businessの特定商取引法に基づく表記を見て、

 

運営責任者と顧客対応担当者の違いって何?

 

あれ、他の記事でレビューしてたKMM キングオブマネーメーカーもアドモールじゃなかったっけ?アドモールの商品はすべて株式会社アドシステムが販売しているの?

 

と疑問に思った方もいると思いますが、アドモールには、特定商取引法に基づく表記を代行する「アドモール公認コンテンツ(特商法代行サービス)」というサービスがあります。

 

商品を販売する際に「自宅の住所をネットに公開したくない」「事務所を借りる余裕がない」といった販売者に対して、株式会社アドシステムが販売元として代行を行うというものです。

 

もちろん、商品の提供やサポートについては、実質的な商品提供者の顧客対応担当者が行います。

 

この代行サービスを利用するためには通常の商品よりも厳しい審査基準をクリアする必要があり、アドモール公認コンテンツとして販売されている商品のほとんどは非常にコスパの良い稼げるノウハウまたはツールとなっています。

 

もちろん、今回のCAB Concession Application Businessもアドモール公認コンテンツです。

 

上野俊介氏によるCAB Concession Application Businessの販売者情報を検証した結果、アドモールが公認したコンテンツであることから、CAB Concession Application Businessについても良い商材であると容易に推測ができます。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の利権ビジネスの内容とは?

上野俊介氏のCAB Concession Application Businessは、利権ビジネスです。

 

スマートフォンからGoogleドキュメントを使って、たった一つのドキュメントファイル(記録ファイル)を作成して申請するだけで、年間7000円~8000円の権利所得を受け取ることができる「利権」を専有することができます。

 

このビジネスでは、文字、文章、プログラムの作成や入力などは一切不要で、他の場所で作成した「記録情報」をそのままコピーしてGoogle Document上に貼り付けて申請するだけで実践できます。

 

CAB Concession Application Businessの特徴
  • インターネット上でメディアを作成・運営する必要がないため、顧客の集客や商品の売買などに関係なくビジネスを展開できます。
  • 不確定要素がないため、安定した権利収入を得ることができます。
  • 利権の管理・管轄は法人団体とのやりとりだけで完結するため、煩雑な作業が少ないビジネスモデルです。
  • 他の人の誘導活動や広告などに頼らず、独自に報酬を得ることができる「自己完結型」に近いビジネスです。
  • ドキュメントファイルの作成・申請や利権の保持・相続には一切費用がかかりません。
  • 「権利(知的財産権)」を第三者に委ねることで「利権(権利収入)」を得るビジネスモデルです。
  • 利権による収入は第三者の購入だけでなく、売買や使用とは関係なく得ることができます。
  • ドキュメントファイルが使用されるかどうかに関係なく、同じ金額の権利収入を得ることができます。
  • 一つの利権から得られる年間収入はおおよそ600〜700円で、年間で7,000〜8,000円程度です。
  • 一日に一件の権利申請を行えば、1年後には年収250〜300万円相当の利権を積み上げることも可能です。
  • その利益を管理している組織が公表している現金は、権利者が受け取っている利益と同じくらいの割合で増え続けています。
  • 2020年のコロナショック以降、その現金の規模は年間2兆円を超えており、今後さらに拡大する可能性が高いです。
  • ブログやウェブサイトなど、プログラムの作成が不要なコピペ作業メインのドキュメントファイルで権利申請が可能です。
  • 申請手順のマニュアルおよびドキュメントファイル作成用のテンプレートは、400回以上の申請経験に基づいて提供されています。
  • 販売者が提供するテンプレートを使用すれば、「ドキュメントファイルの作成作業」はほぼ思考を必要としない「機械的なコピペ作業」で完了できます。
  • スマートフォンの使用に慣れていれば、テレビや本を見ながらのちょっとした隙間時間でも対応可能です。
  • 権利者同士が特定の利益を争うのではなく、相乗効果によってこの利益ビジネスそのものの存在価値も高まると考えられるビジネスモデルです。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)のビジネスモデルは非公開

副業案件をレビューするにあたり、その案件のビジネスモデルが何であるかは極めて重要な情報ですが、上野俊介氏のAB Concession Application Businessのビジネスモデルは非公開となっています。

 

守秘義務がありますので、当サイトでもその内容を明かすことはできません。

 

僕の感覚では、一昨年くらいからアドモールにはこうしたビジネスモデルが非公開の案件が増えてきている感じはします。

 

ビジネスモデルが分からない副業案件は中身が何かモヤモヤしますし、僕自身も気になるタイプです。

 

ただし、守秘義務がある以上、この商材の良し悪しと購入するべきか否かは、この記事と販売ページをご覧になって最終的に判断してくださいとしか言いようがありません。

 

ビジネスモデルが分からない商材には手を出したくない方ガチで稼げるコンテンツがどのようなものかを無料で見てみたい方は、ぜひ当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)を手に取ってみてください。

 

マーケティングの入門ガイド、アフィリエイトや転売のノウハウ、副業で稼ぐにあたってのマインドセットなど、14点の有料級コンテンツを揃えています。

 

ただ、この商材に関しては、確かにビジネスモデルが分からないものを絶対に購入したくはないというスタンスの方はその考えを貫き通すべきですが、

 

  • 0→1を達成したい方
  • 何を試してもうまくいかなかったものの、稼ぎたいという意気込みと作業をする気概がある方

 

は、購入して全く損はありませんし、むしろ能動的におすすめできます。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)のメリット

上野俊介氏のCAB Concession Application Businessのメリットは、なんといっても稼ぎやすいことです。

 

作業の大部分はコピペで実践できますし、創造性や独創性もいりません。

 

しかも、できあがったものを販売したり、ブログやSNSを使って集客してアフィリエイトするなどといった工程は必要なく、とある法人団体に申請するだけで収益をゲットできます。

 

僕も今まで色々な商材を買ったことがありますが、これほど手軽に稼げるビジネスは初めて見ました。

 

ただし、このビジネス自体がコピペで完結する類のものというわけではなく、上野さんが提供してくれているドキュメントファイルを作るためのテンプレートによる効果が大きいです。

正直、テンプレートがあるとないとでは手間が全然異なると思います。

 

しかも、CABで得られる収益は一度きりではなく、継続収入にもなります。

 

企業に属して働いていても、能力や実績がある人以外はなかなか給料が上がらない昨今において、「継続収入」という言葉は誰もが憧れるものです。

 

しかし、巷にはゴミといっても差し支えないくらいクオリティの副業案件も多く、継続収入を得られるとされる副業案件も例外ではありません。

 

継続収入をゲットできるとされる案件の大多数は詐欺まがいのものか、割に合いません。(継続収入を稼げること自体は嘘ではないものの、再現性がなかったり、多額を稼げるようになるまで時間がかかったりする割には、参加費用が割高)

 

そのような中で、再現性が高くてコピペベースの作業で継続収入を稼げるようなスキームを築きあげた上野さんにはガチで脱帽。

一件あたりのドキュメントファイルで稼げる金額が比較的少なめだからということもありますが、CABの販売価格も他のアドモール公認コンテンツの商材と比べると安めです。

 

もう一つこのCABですごいことは、ドキュメントファイルをいったん申請して受理されれば、継続して得られる報酬がほぼ減らないことです。

 

継続収入を得る方法でメジャーなものとして、ブログの資産化や転売のフル外注化などがありますが、どちらも収益にムラがありますし、ブログは定期的にメンテナンスしないと収益は減ります。

 

しかし、CABでは一度受理されれば放置でOK。

権利収入の性質上、収益性がほぼ変わることなく維持されます。

 

報酬を得るまでのハードルが低く、継続収入(資産化)もでき、センスもほぼいらない。

稼ぎやすさ、取っつきやすさ、気軽さを重視する方にはうってつけと言っても過言ではありません。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)のデメリット

CAB Concession Application Businessのデメリットについても触れておきましょう。

 

僕が考えるCABのデメリットは次の四つです。

 

  • 一つの利権(申請ファイル)から得られる金額が少ない
  • コピペベースの作業が多いため、他の副業にも応用できるスキルが身に付きづらい
  • 作業を伴うものであり、作業なくしては稼げない(どの副業案件でも同じですが)
  • 作業内容の創造性はそれほど高くなく、クリエイティブな仕事を求める人には向いていない

 

順番に説明しますが、まずCABでは一つの利権となるドキュメントファイルから得られる金額が少ないです。

 

一つあたりのファイルで得られる平均収益は月600〜700円程度で、年換算しても7,000円~8,000円しかありません。

まとまった収益を得るためには大量の申請を行う必要があります。

 

また、上野俊介氏はこのビジネスを始めてから半年強ですが、現時点での月収は30万円を突破した程度に留まります。

月収30万円稼ぐことはそれほどハードルが高いというわけではありませんし、半年~1年弱で月収30万円程度なら十分目指せるスキームはいくらでもあります。

 

したがって、将来的に月収50万~100万円以上稼げるようになりたいという方には向いていません。

 

二つ目のデメリットは、CABでの作業はコピペベースになるため、転売やアフィリエイトなど他の副業に応用できるスキルが身に付きづらいことです。

 

ドキュメントファイル自体は需要があるものですし、マニュアルとは別の方法でマネタイズすることも十分可能です。

 

しかし、マニュアルに書かれているデフォルトのやり方を実践するだけでは、ドキュメントファイルを作るまでの手順は決まっていますし、慣れればほぼ流れ作業でできるようになる可能性が高いため、将来的に他の副業やビジネスに活かすことが難しいと思います。

 

三つ目は、作業が必要であり、作業なくしては収益を得ることができないという点です。

 

これはどの副業案件でも共通していますが、CABも例外ではありません。

 

副業である以上、一定の作業量をこなさなければ収益を得ることはできません。(作業なしで楽して稼ぎたい方は「投資」がおすすめ。詳しくはトップページをお読みください

 

また、CABはほとんどが決まった手順に従って行う形になりますので、創造性や独創性を見出しにくいです。

 

したがって、クリエイティブなことをして稼ぎたい方にとってはつまらなく感じてしまうと思います。

 

これらのデメリットをまとめますと、自分が持っている才能や能力を活かして月50万~100万円以上ガッツリと稼ぎたいという方や、副業を通じて自己成長することを重視する方には向いていません。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の利権ビジネスで提供されるコンテンツ

CAB Concession Application Businessでは、実質的な販売者の上野さんがこの利権ビジネスに参入した半年余りの期間で培った経験に基づき、以下の基本コンテンツが提供されます。

 

提供コンテンツ一覧
  • 利権申請マニュアル&ドキュメントファイル作成用テンプレート
  • グーグルドキュメントを使ったスマホでの「申請用ファイル」の作り方
    ※規定のドキュメントファイル(記録ファイル)の作り方
  • ドキュメントファイルに貼り付ける「記録」を無料で取得する方法
    ※その「記録情報」を取得する際に入力していく指定情報のテンプレート
  • 作成したドキュメントファイルによる「権利申請」の進め方
    ※利権の管理・管轄を行っている法人団体への権利申請のステップ

 

加えて、以下の特典が付いています。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の特典1:テンプレートのアップデート

CAB Concession Application Businessでは、テンプレートのアップデートを定期的に行われるとのこと。

 

現時点のテンプレートでは、権利申請に必要な条件を満たすために、40回から60回の取得条件が設定されていますが、今後のアップデートにより、取得条件がより少なくなる可能性もあります。

 

購入者が常に最新のテンプレートを利用できるように、コンテンツページで共有される予定です。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の特典2:購入から30日間の回数無制限LINEサポート

購入日から30日間は回数無制限のLINEサポートを受けることができます。

 

返信ペースは概ね最低1日1回で、土日祝日の場合や混雑状況によってはもう少し時間がかかる可能性があるとのことです。

 

マニュアル内で分からない点やテンプレートの使い方、作業に関する疑問などがあれば、ガンガン聞いていきましょう。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の特典3:ドキュメントファイルの作成代行(一回のみ)

サポート期間中に限り、取得情報を貼り付ける「ドキュメントファイルの作成」を上野さんが一度だけ代行してくれます。

 

CAB Concession Application Businessで行う、「テンプレート」と「取得情報」をコピー&ペーストして、ドキュメントファイルを作成し、それを申請するという一連の作業自体はそれほど難しくありませんが、実質的な販売者の上野さんにお手本としてやってもらえるほど参考になるものはありません。

 

上野さんのサポートと作成代行特典をフル活用することで、サポート期間中にCAB Concession Application Businessのビジネスフローをマスターしてしまいましょう。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の利権ビジネスについてよくある質問

スマートフォンだけで実践できますか?

はい、CABはスマホのみでも利用できます。

スマホがあればPCは必ずしも必要ありませんし、逆もしかりです。

ただし、パソコンの方が圧倒的に作業が早いですし、上野さんも同じ見解を述べています。

もしスマートフォンで同じ作業をする場合、作業時間には2倍から5倍以上の差が出る可能性がありますし、CABのマニュアルでは作業環境をパソコンで想定しています。

したがって、PCを持っている方は、基本的にはPCで作業を行い、外出中でPCがないときはスマホで作業する、というようにPCとスマホを使い分けることが一番良いと思います。

 

文章やプログラムの作成・入力が必要なビジネスですか?

いいえ、文章やプログラムの作成・入力が必要な工程はありません。

必要なドキュメントファイルには、特定のウェブサイトを通じて取得できる「記録」が表示され、それをそのまま貼り付けるだけです。

文章やプログラムを入力する必要はありません。

 

インターネット上にメディアを構築・運営する必要はありますか?

いいえ、CABでは、インターネット上にメディアを構築・運営する必要はありません。

また、SNSなどを使用する必要もありません。

利権を管理・管理する法人団体とのやり取りだけで完結するビジネスモデルです。

 

見込み客の集客やアフィリエイトなど、第三者の誘導は必要ですか?

いいえ、「集客」「販売」「契約」「アフィリエイト」といった第三者の誘導作業は不要です。

このビジネスは、完全に「自己完結型」であり、不確定要素はありません。

 

権利収入を得られる仕組みについてもう少し詳しく教えてください。

CABのビジネスモデルは非公開になりますが、「知的財産権」と呼ばれる権利を介して収益を得ることができます。

流れとしては

、申請者は利権の

6090

使

すなわち、そ使得られるということです。

 

どれくらい稼げるようになりますか?


日1ましょう

1(3030

は、

  • 30× 7,0008,000  2124

になり、17,00020,000

 

CABを本業にして生活することは可能ですか?

販売者の上野さんは、ら半年時点での30るとのこと。

仮に111は、

  • 365 × 70008000/ = 250300/

となり、1りに換算すると2025は不可能ではありません。

 

この利権(知的財産権)に伴う権利所得は、いつまで受け取れますか?

7070

 

相続によって受け取れる権利所得の総額はいくらくらいになりますか?

30408090501170008000

503540

70

70008000 × 50  3540
+
70008000 × 70  5055
_________________________________

8595

 

法人が権利者になることは可能ですか?

請した

70

 

CABの実践において必ずGoogleドキュメントを使う必要はありますか?

PCで作業をする場合、他のドキュメントエディタでも代用できますが、スマホで作業をする場合はGoogleドキュメントが最も手軽です。

ドキュメントファイルには文章や文字を入力する必要がなく、あくまで規定の記録情報をそのまま貼り付けていくだけですし、その記録情報はスマホから利用できるサイトで、無料で取得できます。

このようなサイトを利用して記録を取得し、スマートフォンでいつでも自由にそのまま貼り付けることができるため、CABではGoogleドキュメントが推奨されています。

 

利権を申請するためのドキュメントファイルの作成にはどれくらい時間がかかりますか?

作業としては、以の二つのコピペ約40~60

業1
  

業2
  

約1~2約40~60

るまでにかかる時間の目安はそ1~2間程度です。(ただし慣れないうちはもう少し時間がかかると思います)

 

申請したドキュメントファイルは受理されないこともありますか?

ドキュメントファイルが受理するためには、所定の規定を満たしている必要があります。

したがって、ドキュメントファイルが規定を満たしていない場合は差し戻されます。

申請後、数日以内にに結果が届きます。

、規定を満たしていない場合は差し戻されます。

ますのでご安心ください。

 

なぜコピペで作ったドキュメントファイルが長期的な権利所得を生み出せるような知的財産になるのか分かりません。

ドキュメントファイルで貼り付けることで作っていく記録は、

  • 取得する記録が異なるウェブサイトの違い
  • 取得する記録の日時やタイミングの違い

により、毎回内容が異なる記録になっていきます。

記録を無料で取得できるサイトについては、実質的な販売者の上野さんが紹介してくれますのでそれを使えばOKですが、取得するサイトや時期によって、実際に得られる記録には差異が生じるため、取得作業には40回から60回ほどの時間の前後がかかることになります。

また、同じサイトを対象に同じテンプレートを使用して記録を取得する場合でも、数十回分の取得作業のタイミングが完全に一致することはありません。

つまり、記録は常にそのサイトの特定のタイミングでのみ取得可能です。

だからこそ、このような記録が一定の情報量で集められたドキュメントファイル(記録ファイル)は、知的財産権(利権)の条件を満たす対象物になるというわけです。

 

申請して受理されたドキュメントファイルは、その後どうなりますか?

申請ファイルを法人団体に申請した時点で、その使用権利を委ねたことになり、その後は第三者に使用される可能性はあります。(ただし、申請者の個人情報が公開されるようなことはありませんのでご安心ください)

CABで実践する利使

使

え実践者使使

 

CABでの利権ビジネス自体が成り立たなくなる可能性はありますか?

よほどの天変地異などが起きない限り、ビジネス自体が成り立たなくなる可能性はゼロに近いです。(ただし、僕も立場上「絶対」と言い切ることは無理)

具体的には、書籍の出版や販売に関わる業界が存在しなくなることや、その業界で執筆された文章から印税を得られる「著作権」という制度自体が廃止される可能性と同じくらい低いですね。

著作権を含む知的財産権を保護する制度や法律は、年々権利者側に有利な形で整備されていますので、むしろ将来的には拡大する可能性の方が高いです。

実際、この権利を管理・監督している団体が公表している情報によると、この権利に関連するお金の流れは年々増加しています。

特に、2020年のコロナショック以降、その収益規模は年間2兆円を超えており、将来的にはその規模がさらに拡大すると考えられています。

 

CABの実践者が増えることで競合しませんか?

CABでの利権ビジネスは、使る類のものはないため特定の市場のパイを奪い合うというものではありません。

、CABのビジネス

 

CABを購入して実践すれば必ず稼げますか?

この案件に限らず、立場上利益保証はできません。

CABで提供されるのは、あくまでも実質的な販売者の上野さんの知識と経験に基づいたノウハウと実践を楽にするためのテンプレートです。

したがって、ノウハウを実践して結果を出せるか出せないかは自分次第になることをご了承ください。

 

完全無料で実践できますか?

はい、CABは(商材の代金を除けば)完全無とができます。

ただし、一すので、お金をかけるか否かは各自に委ねられます。

 

CABを実践する上で、何かを売買することは一切必要ありませんか?

基本的には一切売買をしなくても稼ぐことができます。

また、何かをアフィリエイトする類のものでもありません。

しかし、権利の基になるファイルを作成すれば、様々な形で報酬を得ることが可能になり、その手段の一つとして売買することも可能です。

 

これまでの説明では何をするかよくわかりません。もう少し詳しく教えてください。

先ほどから何度も触れているように、CABのビジネスモデルは非公開ですので、ビジネスモデルが分からないと購入したくないという方にはおすすめしません。

僕自身も「すぐに種明かししてほしい!」というタイプなので、気持ちは分かります。

しかし、上野さんはこのスキームの希少性や稼ぐための難易度などを考慮して、実質的な販売者として非公開にする判断にしていますので、我々は「販売者がそう判断した」と受け止める以外にはありません。

 

返金はできますか?

この商品に限らず、アドモール公認コンテンツのほとんどは返金ができません。

しかし、アドモール公認コンテンツは審査がそれなりに厳しいので品質面については問題ありませんし、他のASPで販売されている商材よりもコストパフォーマンスが良いモノが多いです。

もちろんCAB Concession Application Businessも例外ではありません。

 

CAB Concession Application Businessの価格はいくらですか?

価格は随時変わりますので、販売ページを直接ご確認ください。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の利権ビジネスについて口コミと評判を検証

上野俊介氏のCAB Concession Application Businessについて稼げるのかどうか、他の人はどのような意見を持っているのか、口コミと評判を見ていきます。

 

まず、GoogleとSNSで口コミを調べてみましたが、自身が稼げたという趣旨の口コミは一件もありませんでしたが、CABを紹介している複数のサイトにて、成果報告が取り上げられていました。

 

続いて、CAB Concession Application Businessの評判について調べたところ、稼ぎやすい、実践しやすい、たくさん稼ぐことも可能といった肯定的な内容が大多数を占めていました。

 

これから徐々に口コミや評判の投稿が増えていくと思いますので、新たな情報があれば追記していきます。

 

CAB Concession Application Business(上野俊介)の利権ビジネスについて終わりに管理人の一言

CAB Concession Application Business(上野俊介)は、ガチで稼ぐことができるおすすめの副業案件です。

 

ブログやサイトを立ち上げることは不要で、思考もゼロに限りなく近いコピペ作業を中心に収益をあげられます。

 

僕も「こんな方法があるんだ...」と率直に驚きました。

 

既にコピペで利用できる状態になっているので、「考える必要なんてほとんどないというのは本当だったのか」と感じました。

 

今回の方法は、収益性は他のアドモール系の案件に比べると低くなりますが、かなり簡単な方法だと言えるでしょう。

空いた時間をお金に変えるにはかなり良い副業と感じました。

 

まさに2024年の初めにふさわしいともいえる、スタートにぴったりの案件です。

 

ただし、CABはすべての方におすすめできるかというと、そういうわけではありません。

いくらコストパフォーマンスが良いといっても、この商材の価格は数万円します。

 

  • 継続収入を稼ぐ方法を既に築きあげていて、毎月ガッツリ稼ぐことができている方
  • 仕事において「楽しさ」を重視する方(⇒CABの作業で「楽しい」という感覚は持ちにくいかもしれません)
  • すでに他の副業に取り組んでいて、新しいことに取り組む余裕がない方(⇒まずは今やっていることに注力してしましょう)
  • 何もしなくても稼げると考えている方(⇒作業をしたくない方は投資がおすすめです)
  • 他力本願の方(⇒副業はあくまでも自分がやるビジネスですので、自分でやっていく必要があります)

 

は、正直言ってお金をかけて買うことはありません。

 

ガチで稼げるコンテンツがどのようなものかを無料で見てみたい方は、ぜひ当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)を今すぐ手に取ってみてください。

 

メールアドレスとニックネーム(イニシャルでもOK)以外の個人情報は一切なしで入手できます。

 

 

もちろん、後から高額な悪徳商材を売りつけるようなことは絶対ありませんのでご安心ください。

 

一方で、

 

  • 空き時間に手軽にできる副業を始めたい方
  • 今まで副業をしたことがなくて、0→1を達成したい方
  • 楽しさよりも、作業の単純性や堅実性を重視する方(⇒稼ぐ額ではなく報酬を得るまでのハードルという意味です)
  • すでに他の副業に取り組んでいて、稼ぐ柱をもう一つ築いて収益の分散をしたい方

 

にとって、このCAB Concession Application Businessは大変良いと思います。

 

2023年に続き、2024年も特にAI関連でとてつもないツールがアドモールから続々と販売されることが見込まれますので、かなり楽しみにしています。

 

もしCAB Concession Application Business(上野俊介)について気になることがある方や、副業・投資全般について相談したいことがある方は僕のLINEまで気軽に連絡くださいね。

 

中山に相談

投資や副業など、お金を稼ぐことに関してお悩みのことはありませんか?

 

LINEでこんな投資・副業案件を勧められたけど、本当に実践しても大丈夫なの?

 

私に合いそうな副業のジャンルって何だろう...

 

今ホットな投資・副業案件を教えて!

 

など、些細なことでも構いませんので、聞きたいことや相談したいことがある方はお気軽にご相談くださいね。

  中山にLINEする
おすすめの記事