KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)はガチおすすめ!最新AIツールをレビュー

飯田純也氏のKMM キングオブマネーメーカーは本当に稼げる!おすすめの最新AIツールをレビューします。

 

こんにちは、中山唯人です!

 

今回は大手ASPの1つであるアドモールから購入できる副業案件を取り上げていきます。

 

2023年になって便利なAIツールがたくさんリリースされてきましたが、年末になってまたとんでもないAIツールが爆誕しました。

 

飯田純也氏による「KMM キングオブマネーメーカー」という名称のAIライティングツールで、指定したURLの文章を基にコンテンツを生成するというものです。

 

機能はシンプルですが、効果は画期的。

 

結論から申し上げるとおすすめです!
ブログアフィリエイトをやっている方、これからブログアフィリエイトを始めたい方はぜひ読み進めてみてください。

 

  • 飯田純也氏によるKMM キングオブマネーメーカーの内容が気になる方
  • 飯田純也氏によるKMM キングオブマネーメーカーがおすすめできる理由を知りたい方
  • KMM キングオブマネーメーカーと他のAIツールの違いを知りたい方
  • 稼げる副業案件の事例を学ぶことで副業案件の良し悪しを自分で見分けられるようになりたい方

 

は、ぜひ当記事をご覧ください。

 

>> KMM キングオブマネーメーカーの公式ページはこちら

 

個別の副業案件やおすすめの副業についての質問はこちら↓へどうぞ。

 

 

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールの販売者情報

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールの販売者情報について見ていきます。

 

結論から言うと、飯田純也氏は超絶便利なAIツールであるブレインライター(当サイト内蔵AIツールで試用可能)GPTサイトビルダーをリリースしている実績のある販売者です。

 

コンテンツも信頼できますので、ツールそのもののレビューをすぐにご覧になりたい方は読み飛ばしていただいて構いません。

 

僕も特にブレインライターを愛用していますが、超絶便利。

 

商品も購入後にダウンロードできるPDFからアクセスしてダウンロードするだけですので、購入しても商品が納入されないといったトラブルは一切ありません。

 

こちらがKMM キングオブマネーメーカーの特定商取引法に基づく表記です。

 

販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 飯田純也
サポート連絡先 https://lin.ee/2RdyL7k
販売URL https://rewritetools.xyz/lp2/
返金について 情報商材という特質上、購入後はいかなる理由や状況においても返金などには一切対応しておりません。また、通信販売ですのでクーリングオフは法的に認められておりません。販売ページに返金規定が記載されている場合の返金の交渉は情報提供者と行ってください。 返金をめぐり販売者とトラブルが起きた場合は アドモール へご連絡ください。返金の実行の有無の権限はアドシステムが有しています。
表現、及び商品 に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。いかなる場合においても返金規定以外の購入後の返品、返金は受け付けません。尚、購入後、利用サイトの仕様変更や規約変更、情勢的なものの変化により実践が困難になる場合には、最新版のマニュアルとツールを用意しますが、その際には、お時間を頂く場合がございます。その点は予め了承下さい。あくまでも本商品は制作した時点での作者の見解による著作物です。常に販売している以上、管理は継続しますが、予期せぬ問題の場合は販売者は、購入者に対して最善の仕様変更などを行うものとします。また実践に関する過失や損害などは、一切販売者、または販売会社も責任を負うものではなく購入者は、いかなる権利も行使しないものとして購入してください。また本ツールはOPENAIのAPIとサーバを利用して稼働するツールです。これらのサービスのトラブルなどは、一切責任をとれません。ここに記載された内容を確認して承諾し、ご自身の判断で活用するものとします。購入された時点で上記内容全てに同意したものと見なします。

 

ちなみに飯田純也氏のURLは、販売ページのURLから「/lp」を取った「https://rewritetools.xyz/」になりますが、こちらではすでに発売されているブレインライターやGPTサイトビルダーに関する記事が更新されています。

 

KMM キングオブマネーメーカーの特定商取引法に基づく表記を見て、

 

今まで中山さんのサイトでレビューしてきた稼げない副業案件と表記の内容が少し違うけど、運営責任者と顧客対応担当者の違いって何?

 

アドモールの商品はすべて株式会社アドシステムが販売しているの?

 

と疑問に思った方もいると思いますので、アドモールの商品の販売者情報について解説しますね。

 

アドモールの商品の販売者情報について

ASPのアドモールには、特定商取引法に基づく表記を代行する「アドモール公認コンテンツ(特商法代行サービス)」というサービスがあります。

 

商品を販売する際に「事務所を借りる余裕がない」「自宅の住所をネットに公開したくない」といった販売者に対して、アドシステムが販売元として代行を行うというものです。

 

アドモール公認コンテンツでは、会員が販売したい電子書籍などの商品を審査し、アドモールが販売を行います。

 

つまり、会員が作成した商品はアドモールがモール運営をする法人として販売を行うため、販売契約はアドモールと購入者の間で結ばれるということです。

 

一方、商品の提供やサポートについては、商品提供者の顧客対応担当者が行います。

 

整理すると、アドモール公認コンテンツについては、

 

  • 販売者:株式会社アドシステム(アドモールの運営会社)
  • 運営責任者:久米 妥(株式会社アドシステムの代表者)
  • 顧客対応担当者:商品の実質的な販売者(商品を実際に作る側)

 

という形になっています。

 

このサービスを利用するためには、通常の商品審査よりも厳しい基準を設けており、購入者側も商品に対して安心感を持つことができます。

 

また、販売者が約束を守らない場合や突然音信不通になった場合でも、ASP側で催促や対応を行うため、より安心して購入することができます。

 

ただし、アドモールで販売されているすべての商品がアドモール公認コンテンツというわけではなく、特商法代行サービスを利用せずに自身で販売している商品もあります。

 

アドモールで販売されている商品が審査の厳しいアドモール公認コンテンツであるかどうかを見分ける方法としては、特定商取引法に基づく表記を見たら簡単です。

 

  • 特定商取引法に基づく表記の販売社名の欄が「株式会社アドシステム」になっている:アドモール公認コンテンツ(特商法代行サービス)の商品
  • 販売社名が株式会社アドシステム以外になっている:アドモール公認コンテンツ以外の商品

 

という形で見分けることができます。

 

もちろん、今回のKMM キングオブマネーメーカーもアドモール公認コンテンツです。

 

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)の販売者情報を検証した結果、

 

  • KMM キングオブマネーメーカーはアドモール公認コンテンツであり、
  • 飯田純也氏はブレインライターやGPTサイトビルダーといった優れたツールをリリースしている

 

ことから、KMM キングオブマネーメーカーについても良い商材であると容易に推測ができます。

 

簡単に言えば、手数料を払う代わりにアドモールが販売元としての役割を代行してくれるシステムです。自分で販売するよりも審査が厳しくなるため、アドモール公認コンテンツはそれなりの品質とコストパフォーマンスを保った商材が多いです。

 

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールの特長

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールの特長について解説します。

 

とはいっても、機能はものすごく単純。

 

生成したい文章コンテンツの元ネタ記事のURLを貼り付けて、ボタンを押すだけですw

 

それだけで新しい記事ができあがっちゃいます。

 

しかも、元ネタのURLの内容を単にリライトするだけではなく、AIが1から新しい文章を作りますので、コピペになる心配もまずありません。

 

KMM キングオブマネーメーカーは、参照元URLをリライトするのではなく、参照元URLを基に文章コンテンツを生成するというコンセプトになっていますので、ブレインライターで1つのURLを丸ごとリライトした場合に比べて文章のオリジナリティが向上しています。

 

思考はゼロレベルで、URLを指定するだけで、データを自動で読み込み、そのデータを元にコンテンツを生成するシステムツールです。

 

そしてこのKMM キングオブマネーメーカーの機能は、この1つのみ。

 

初心者でも迷ったり悩んだりする要素は一切なく、ビギナーの方でも短時間でAIが怒涛のスピードでコンテンツを生成してくれます。

 

もう一度手順を説明しますと、

 

  1. 特定のURLをコピーする
  2. コピーしたデータをKMM キングオブマネーメーカーの入力画面に貼り付ける
  3. クリックする

 

たったこれだけです!めっちゃ楽ですよねw

 

この作業の後は、次のURLをすぐに入力して生成に取り掛かる、そのままパソコンの電源を切って休んでも問題ありません。

 

文字通り、わずか3つのステップで自動的にAIが作業を行ってくれるツールになります。

 

WordPress(ワードプレス)との連携機能

KMM キングオブマネーメーカーには、「WP SMARTLink機能」というWordPressとの連携機能があります。

 

この機能により、KMM キングオブマネーメーカーで生成されたコンテンツは、クリックするだけでWordPressの指定したカテゴリに直接投稿されます。

 

「WP SMARTLink機能」で管理するサイトの登録数に制限はありませんし、KMM キングオブマネーメーカーの管理画面から直接WordPressサイトにアクセスすることも可能です。

 

さらに、WordPressのサイトに存在するカテゴリ情報も自動で読み込まれ、指定したカテゴリに記事が瞬時に生成されます。

 

もちろん、自分自身でコピーしてペーストして投稿することもできますが、KMM キングオブマネーメーカーで最終確認を行い、クリックするだけで希望するカテゴリに反映させることができるのです。

 

利用できるAIは3種類

KMM キングオブマネーメーカーで利用できるAIはGPT3.5が2種類とGPT4の合計3種類。

 

個人的には、通常はGPT3.5Turboで問題ありません。

何しろGPT3.5Turboは生成速度が速く、API利用料の単価も激安です。

 

一方、GPT4は生成が遅くてAPI利用料の単価も少し高くなりますが、文章の精度はGPT3.5に比べるとかなり良くなります。

 

とはいっても、GPT3.5Turboでもそれなりの品質を保っていますので、通常はGPT3.5Turboを使い、特に大事なコンテンツを作るときはGPT4を使うというように適宜使い分ける形がおすすめです。

 

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールのメリットは?

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールのメリットは、なんといってもブログ記事の作成時間を大きく減らせることです。

 

僕自身も、AIツールが出る前は1つの記事の更新に3~4時間くらいかかっていました。

 

それが、KMM キングオブマネーメーカーがあれば、自分の意見やキャラを入れたり文言を調整したりする時間をいれても、30分~1時間くらいで出来上がってしまいます。(記事の内容を抜本的に変えるなら話は別です)

 

今年の前半にリリースされたブレインライターやラビットといったアドモール販売のAIツールでも、もちろん大きな時間短縮にはなります。

 

しかし、これらのツールは、リライト元の文章をコピーしたり記事の見出しや構成を考えたりするなど、文章を生成する前に多少の作業は必要でした。

 

KMM キングオブマネーメーカーではそういった作業が一切必要なく、URLを貼り付けるだけで一気に生成できるのでメチャクチャ楽です。

 

自分の独自のコンテンツを1から作ることには向いていませんが、誰が書いても似たような内容になる一般的な集客記事を作る分には、ガチで大きな時間短縮にになります。

 

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールにデメリットはあるのか?

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)は一見万能なツールに見えますが、実はデメリットもあります。

 

副業案件やツールを紹介する上では、メリットだけではなくデメリットもきちんと説明する必要がありますので、こちらではKMMのデメリットを解説します。

 

ツールが商品になっているため、活用ノウハウの説明が希薄

こちらはツールとして提供されている商品全般に言えることですが、商品の主軸はあくまでもツール。

 

KMM キングオブマネーメーカーのマニュアルでは活用方法が簡単に書かれてはいますが、インターネット副業で稼ぐためのノウハウについてはあまり詳しく説明されていません。

 

したがって、すでに取り組んでいるブログアフィリエイトで活用するか、これからブログアフィリエイトを始める方は、稼ぐためのノウハウを別途考える・入手する必要があります。

 

参照できるのはサイト・ブログの記事のみ

KMM キングオブマネーメーカーはURLを貼り付けることでそのURLの内容を基に新しい文章コンテンツを一括で作ってくれますが、参照できる対象はあくまでもサイト・ブログの記事のみです。

 

こちらのページで機能の一部を試用できるブレインライターのように、SNSの投稿、PDF、YouTubeの台本、エントリーシートといった多彩な文章をリライトできるというものではありません。

 

KMM キングオブマネーメーカーはURLを貼り付けてボタンを押すだけで文章を生成できる分、汎用性が限定されています。

 

それに対して、ブレインライターは手動でリライトする文章を自由に決められます。

 

ブレインライターは、KMM キングオブマネーメーカーと似たような感じでサイト記事を丸ごとリライトすることもできれば、記事の一部や他の種類の文章もリライトできますので、汎用性が極めて高いです。

 

小回りが利きやすい分、あらゆる場面に対応できるといえばブレインライターの方に分があります。

 

それでも、URLのコピペ+ワンボタンでURLの記事を基に新しい記事を1から生成できるというKMM キングオブマネーメーカーは超絶スグレモノです。

 

僕もブレインライターを日々使っていますが、1つの記事を端から端まで毎回手動でコピーしてブレインライターの入力欄に貼り付けるのは面倒です。

 

その点、KMM キングオブマネーメーカーはその作業がいらなくなるのではるかに楽。

 

ブログアフィリエイトをやっている方は、KMM キングオブマネーメーカーとブレインライターの2つを両方持っていても全く損はありません。

 

KMM キングオブマネーメーカーとブレインライターのどっちが良いかとまとめますと、

 

KMM キングオブマネーメーカー
  • ブログアフィリエイトを効率化したい方
  • 1つのURLの文章を基に新しい記事を作成したい方
  • AIの操作やブログアフィリエイトを始めたばかりの方、これから始める方
  • 汎用性よりも利便性を重視する方
ブレインライター
  • ブログ記事だけではなく他の文章もリライトしたい方
  • ブログ記事の一部分のみを取り出してリライトしたい方
  • リライト元の文章を自由自在に設定したい方

 

がおすすめになります。

 

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールのよくある質問

KMM キングオブマネーメーカーはスマホでも利用できますか?

はい、KMM キングオブマネーメーカーはスマホでも利用できます。

初期設定のみPCが必要ですが、手順は簡単ですのでご安心ください。

 

KMM キングオブマネーメーカーを利用するためにはサーバーやドメインは必要ですか?

はい、KMM キングオブマネーメーカーの販売ページに記載されているサーバーに対応しています。(ロリポップの安価なプランなら月額数百円程度)

ツールの利用のみに限定する場合は、独自ドメインは必要ありません。

 

AIを利用するためのAPI費用(OpenAIのAPI利用料)はどれくらいかかりますか?

利用頻度や参照元のURLの文字数、利用AIにもよりますが、GPT3.5の場合、四六時中使い倒す方でも月1,500円~2,000円程度で済んでいます。

副業で1日数回利用する程度でしたら、概ね1,000円以内に収まると思います。

ただし、GPT4については費用が少し高くなります。(GPT3.5でも十分すぎるほど便利ですので問題はありません)

 

KMM キングオブマネーメーカーをスマホで利用するにはどのくらいのスペックが必要ですか?

IPhoneでもAndroidでも、OSのサポート対象内の機種であれば全く問題ありません。

インターネットやメールを閲覧することができるスペックであれば十分です。

 

KMM キングオブマネーメーカーは出会い系・アダルトコンテンツの記事も生成できますか?

はい、出会い系やアダルトジャンルにも対応しています。

 

KMM キングオブマネーメーカーを利用すればどれくらいで稼げるようになりますか?

ブログアフィリエイトのジャンル、現状のブログの育ち具合、記事の質、SNSでの集客力(拡散力)など様々な要素で変わってくるため一概には言えませんが、報酬額を問わないなら最短で1~2週間程度で初報酬を得ることも十分可能です。

 

KMM キングオブマネーメーカーを使いこなせるかどうか不安です...

利用手順はかなり簡単ですし、マニュアルも用意されていますのでご安心ください。

ブレインライターやラビットXなど今年リリースされた他のAIツールに比べても、使い方はかなり簡単です。

 

KMM キングオブマネーメーカーで生成した文章が元のURLのパクリになってしまわないかどうか不安です...

コンテンツは元のURLのリンク先とは異なるものになりますのでご安心ください。

生成されるコンテンツには見出しと本文があり、元のURLの目的を継承しつつ独自のコンテンツが作成されるようになっています。

不安な方は、生成された文章をコピペチェッカーで確認するとなお安心です。(基本的にはしなくてもOKですが)

 

返金はできますか?

この商品に限らず、アドモール公認コンテンツのほとんどは返金ができません。

しかし、アドモール公認コンテンツは審査がそれなりに厳しいので品質面については問題ありませんし、他のASPで販売されている商材よりもコストパフォーマンスが良いモノが多いです。

もちろんKMM キングオブマネーメーカーも例外ではありません。

ブログアフィリエイトで稼ぎたいなら、持っていてもまず損はないツールと断言できますのでご安心ください。

 

KMM キングオブマネーメーカーの価格はいくらですか?

価格は随時変わりますので、販売ページを直接ご確認ください。

ただし、一つ言えるのは、飯田さんのツールは他のASPや企業が販売している他のAIライティングツールに比べてかなり割安です。

しかも、KMMは買い切り型のツールですので、一度購入すれば前述のサーバー代とAPI費用以外のランニングコストは一切発生しません。

 

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)最新AIツールについて終わりに管理人の一言

KMM キングオブマネーメーカー(飯田純也)は、激烈におすすめできるツールです。

 

なんといっても、URLを貼り付けるだけでそのURLの内容と同等レベルの文章を生成できるのですから。

 

この記事よくできてるから、パクリにならないようにそっくり似たような記事を一瞬で作ってくれたらなぁ...

 

自分で1から記事を書くと時間かかるからしんどい...良い記事を一瞬で生成できるような神ツールがあればなぁ...

 

といった、多くのブログアフィリエイターが一度は思ったことはあるであろう願いを叶えてくれるツールがついに誕生したのです。

 

おそらくですが、機能や稼げるポテンシャルを考えると、一般的な営利企業では20万~30万くらいで販売されてもおかしくありません。

 

それに対して、KMM キングオブマネーメーカーは現時点では20万円の1/3以下の6万円すら行っていないので、激安であることは間違いありません。

 

2023年はAIれましたが、2024AI

 

そして、いずれは多ていくことが予想される中、今のうちにAIを活用できるようになれば、1人の個人でも下剋上を果たすことが十分に可能です。

 

KMM キングオブマネーメーカーは、個人的にに超絶便利なル。

 

は半端ではありません。

 

ぜひ、こちらからKMM

 

もしKMM キングオブメーカーについて気になることがある方や質問したい方は僕のLINEまで気軽に連絡くださいね。

 

 

>> KMM キングオブマネーメーカーの公式ページはこちら

 

中山に相談

投資や副業など、お金を稼ぐことに関してお悩みのことはありませんか?

 

LINEでこんな投資・副業案件を勧められたけど、本当に実践しても大丈夫なの?

 

私に合いそうな副業のジャンルって何だろう...

 

今ホットな投資・副業案件を教えて!

 

など、些細なことでも構いませんので、聞きたいことや相談したいことがある方はお気軽にご相談くださいね。

  中山にLINEする
おすすめの記事