Report Incentive Business(藤田仁)は詐欺?RIBの内容と評判を調査

藤田仁氏のReport Incentive Business(RIB)は詐欺なのか、本当に稼げるのか?内容、口コミ、評判を検証してみました。

 

こんにちは、中山唯人です!

 

今回は大手ASPの1つであるアドモールから購入できる、藤田仁氏のReport Incentive Business(RIB)という副業案件を取り上げていきます。

 

Report Incentive Business(RIB)は、通信型の専用ソフトウェアをインストールしたパソコンに表示される情報の中から2つの情報を選び、その情報を「撮影」して「報告」することで、指定された報告内容に応じた報酬を確実に受け取るという「通信ビジネス」です。

 

結論から申し上げると、RIBは詐欺ではありません。購入しても全く問題なく稼げる超有良案件です。

 

  • 藤田仁氏によるReport Incentive Business(RIB)の内容が気になる方
  • 藤田仁氏によるReport Incentive Business(RIB)がおすすめできる理由を知りたい方
  • 稼げる副業案件の事例を学ぶことで副業案件の良し悪しを自分で見分けられるようになりたい方

 

は、ぜひ当記事をご覧ください。

 

当サイトでは、巷にある副業案件や投資案件にするため、随時記事を更新しています。

 

気になる副業・投資調した上でご報告いたします。

 

また、僕のLINEに登録してくださった方に本当に稼げるコンテンツを完全無料でプレゼントしていますので、稼ぐ方法としてどのようなものがあるかを無料でチェックしたい方は、良かったら僕のLINEに登録してみてくださいね。

 

気になる副業案件があるので検証してほしい方、おすすめの副業を教えてほしい方、僕の無料コンテンツで稼いでみたい方はこちら↓へどうぞ。

 

この記事の目次

Report Incentive Businessの藤田仁は誰か?RIBの販売者情報について

Report Incentive Business(RIB)の販売者はアドモールで顧客担当責任者は藤田仁

専用ソフトウェアをインストールしたパソコンに表示されている画面を撮影・報告して報酬を得ることをコンセプトとしたReport Incentive Business(RIB)の販売者情報について見ていきます。

 

こちらがReport Incentive Business(RIB)の特定商取引法に基づく表記です。

 

販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 藤田仁
サポート連絡先 https://lin.ee/nxpLlQJ
販売URL https://hachinet.jp/riblp
返金について 情報商材という特質上、購入後はいかなる理由や状況においても返金などには一切対応しておりません。また、通信販売ですのでクーリングオフは法的に認められておりません。販売ページに返金規定が記載されている場合の返金の交渉は情報提供者と行ってください。 返金をめぐり販売者とトラブルが起きた場合は アドモール へご連絡ください。返金の実行の有無の権限はアドシステムが有しています。
プライバシー保護 個人情報に関しましては、弊社で厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。当該個人情報は法律によって要求された場合、権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供する事はありません。
表現、及び商品 に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。いかなる場合においても返金規定以外の購入後の返品、返金は受け付けません。尚、購入後、利用サイトの仕様変更や規約変更、情勢的なものの変化により実践が困難になる場合には、最新版のマニュアルとツールを用意しますが、その際には、お時間を頂く場合がございます。その点は予め了承下さい。あくまでも本商品は制作した時点での作者の見解による著作物です。常に販売している以上、管理は継続しますが、予期せぬ問題の場合は販売者は、購入者に対して最善の仕様変更などを行うものとします。また実践に関する過失や損害などは、一切販売者、または販売会社も責任を負うものではなく購入者は、いかなる権利も行使しないものとして購入してください。ここに記載された内容を確認して承諾し、ご自身の判断で活用するものとします。購入された時点で上記内容全てに同意したものと見なします。

 

販売ページのURLから「/lp」を取った「https://check888.xyz/」にアクセスしてみたところ、2月12日昼間時点ではパスワードがかかっていました。

おそらくこのパスワードがかかっているページの中にコンテンツが書かれているものと思われます。

 

Report Incentive Business(RIB)の特定商取引法に基づく表記を見て、

 

運営責任者と顧客対応担当者の違いって何?

 

と疑問に思った方もいると思いますが、アドモールは、特定商取引法に基づく表示を代行する「アドモール公認コンテンツ(特商法代行サービス)」というサービスを提供しています。

 

このサービスは、商品を販売する際に自宅や事務所の住所を公開したくない販売者向けに、株式会社アドシステムが代行して販売を行うものです。

 

実際の商品の提供やサポートは、販売者である株式会社アドシステムではなく、「顧客対応担当者」である藤田仁氏が行います。

 

この代行サービスを利用するためには、通常の商品よりも厳しい審査基準をクリアする必要があります。

そして、アドモール公認コンテンツとして販売されている商品のほとんどは、非常にコスパの良い稼げるノウハウまたはツールとなっています。

 

むろん、今回のReport Incentive Business(RIB)もアドモール公認コンテンツです。

 

藤田仁氏によるReport Incentive Business(RIB)の販売者情報を調査した結果、アドモールが公認したコンテンツであることから、Report Incentive Business(RIB)も良い商材であると推測できます。

 

Report Incentive Business(RIB)の仕掛け人「藤田仁」とは?

続いて、このReport Incentive Business(RIB)の仕掛け人の藤田仁氏についてですが、藤田仁氏は田んぼや山が主な風景であった長野県育ちで、現在は上京しています。

 

試行錯誤を経て、独自の手法を考案したということで、今回の商材を発売することになったとのことです。

 

藤田仁という名前で検索したところ、同姓同名の人物が何人かいますが、この情報だけでは絞り込むことが困難でした。

 

もっとも、この「藤田仁」という名前自体、本名とは別のハンドルネームである可能性が高いです。

 

ただし、今回の案件では、藤田仁氏はあくまでも「顧客対応担当者」という位置付けとなり、法律的な意味合いの販売者は株式会社アドシステムになります。

 

したがって、藤田仁氏の素性を知ることの重要性は必ずしも高くありませんが、販売ページなどでもう少し詳しく自己紹介した方が読者の信頼をより得られやすいものと感じました。

 

Report Incentive Business(藤田仁)はどんな副業?RIBの内容について

藤田仁氏によるReport Incentive Business(RIB)は、パソコンに表示された情報を撮影して報告するだけで報酬を稼ぐというノウハウです。

 

ビジネスモデルは非公開ですのでネタバレはできませんが、パソコン上で情報を表示するための専用ソフトウェアを利用し、そのソフトウェアに表示された情報をスマホなどで撮影し、所定の手続きで報告することで報酬が確定します。

 

Report Incentive Business(RIB)の特長
  • 作業は主に撮影と報告作業がベース
  • 再現性が高い
  • 本業のかたわらスキマ時間でも十分に取り組める
  • 月収100万円以上稼ぐことも可能(藤田仁氏は昨年2月に参入、1年で月160万円稼げるように)
  • ビジネスの対象となる市場の需要が高く、将来的に取り組むことができる
  • VIPプランではサポートが非常に充実している(通常プランでも3週間のサポートあり)

 

Report Incentive Business(RIB)は本当に撮影と報告で稼げるのか?

当サイトでも「写真をタップするだけ」「スタンプを押すだけ」などの簡単な作業で稼げると謳われている詐欺まがいの案件をたくさんレビューしてきました。

 

それらの案件のレビュー記事をご覧になった方や大変な目に合った方は「詐欺ではないか?」と怪しく感じるかもしれません。

 

僕も最初みたときは「本当か?」と思いましたw

 

しかし、撮影と報告という作業には一切嘘はありません。

 

藤田仁氏は初月から約137,000円もの報酬を稼いでいます。

 

ちょっと待って!なんで撮影と報告だけで大金を稼げるの?

 

当然の疑問ですよね。

 

普通に考えると、そんな簡単そうなことでお金を稼げるわけがないし、それも毎月10万円はおろか時間をかければ100万円以上という高額な報酬がもらえるなんて信じられないと思います。

 

そのタネは、Report Incentive Business(RIB)のコンテンツとして提供される専用ソフトウェアにあります。

 

このビジネスモデルで一番のハードルとなるのは「報告」するための情報を「表示」すること。

 

この部分を専用ソフトウェアがやってくれるので、相当楽になるというわけです。

 

しかも、このソフトウェアには初期費用や維持費が別途かかることはなく、無期限アップデート付きですので半永久的に利用することができます。

 

このReport Incentive Business(RIB)もそうですが、今年になってリリースされたアドモールの案件はすべてビジネスモデルが非公開になっています。

 

販売ページの内容がトンチ系だと分かりにくいですし、僕自身も「これ怪しいけど大丈夫なのか?」と思ったこともしばしばありましたが、このReport Incentive Business(RIB)はガチで稼げるスキーム。

 

作業工程が比較的単純ですので、このビジネスは初めて副業をする方にとっても取っつきやすいです。

 

ビジネスモデルが分からない商材には手を出したくない方ガチで稼げるコンテンツがどのようなものかを無料で見てみたい方は、ぜひ当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)を手に取ってみてください。

 

マーケティングの入門ガイド、アフィリエイトや転売のノウハウ、副業で稼ぐにあたってのマインドセットなど、14点の有料級コンテンツを揃えています。

 

Report Incentive Business(藤田仁)で何がもらえるの?RIBで提供されるコンテンツ

Report Incentive Business(RIB)では、実践するために必要な専用ソフトウェアと、実質的な仕掛け人の藤田仁氏が培った経験に基づく攻略ノウハウが提供されます。

 

提供コンテンツ一覧
  • 専用ソフトウェア
  • マニュアル
  • 会員サイトでのビジネス最新情報の共有
  • 専用ソフトウェアのバージョンアップ権利

 

加えて、通常プランでは購入日から21日間VIPプランでは購入日から60日間の回数無制限LINEサポートが付いています。(VIPプランの方が返信頻度も高いようです)

 

なお、今回の専用ソフトウェアはReport Incentive Business(RIB)のビジネススキームを実践するためのツールという位置づけで提供されますが、このソフトウェアには別の本来の用途があります。

 

そしてその「本来の用途」は、Report Incentive Business(RIB)のビジネスとは全く別の営利活動で利用できるものとなっており、マニュアルにはソフトウェアの本来の用途での使い方も解説されています。

 

Report Incentive Business(藤田仁)について知りたい!RIBのよくある質問

藤田仁氏のReport Incentive Business(RIB)について、よくある質問を記載します。

 

※公式ページのQ&Aからの引用・リライトも含みます。

 

RIBを実践するために必要なパソコンのスペックはどれくらいですか?

Windowsパソコンをお使いであれば、OSが「Windows 7」以上であれば問題ありません。

一方、Macをお使いの場合は、稀に互換性の問題が生じる場合がありますので、ソフトウェアの稼働は保証できません。

ただし、Macのパソコンでも安定して動作させるための月額2,000~3,000円程度のサービスがありますので、そちらを使えば、Macからでも問題なくソフトウェアを利用できます。

 

RIBを実践するためにはパソコンが必須でしょうか?スマホだけでも実践できますか?

はい、ソフトウェアを利用するためにはパソコンが必須になります。

一方、パソコン画面の撮影や報告はスマートフォンからできますので、パソコン上ではソフトウェアを起動して画面を表示させておくだけでOKです。

 

RIBの参加と実践にはどれくらいの費用がかかりますか?

結論から言うと、RIBの商材代金以外は一切必要ありません。

本来、RIBのビジネスに完全新規で参入する場合、専用のソフトウェアを入手するためには多くの労力や技術的な費用がかかる可能性があります。

ただし、今回は専用のソフトウェアを譲渡する形をとっているので、既にこのソフトウェアを手にしている状態から始められます。

また、このビジネスでは初期負担の費用や継続的な費用などは一切かかりません。

つまり、専用のソフトウェアの譲渡が前提条件となっているため、特にリスクや継続的な費用を心配する必要はありません。

 

専用のソフトウェアのセットアップは簡単ですか?

RIBで利用するソフトは、わずかなクリックでインストールとセットアップができ、すぐに利用できますのでご安心ください。(分からなければ僕の方でサポートも可能です)

その後は、インストールが完了したソフトウェアのアイコンをダブルクリックするだけで、いつでも自分のパソコンでソフトウェアを起動することができます。

 

ソフトウェアは常に動作させておく必要がありますか?

常時起動でも作業をするときのみ起動する形でも問題ありません。

 

RIBではどれくらい稼げるようになりますか?

仕掛け人の藤田仁氏は、このビジネスに参入してから約1年間で月収が100万円を超えています。

また、販売ページに記載されている参入後の5ヶ月間の収入履歴を見ると、毎月収入が増加していることがわかります。

 

実際に稼いだ報酬はどのように確認できますか?

報酬の確定額は、専用の管理画面を通じてほぼリアルタイムで確認できます。

 

稼いだ報酬はいつ入金されますか?

毎月の収入は翌月1日以降に、任意の指定口座にいつでも自由に送金することができます。

 

どのくらいの頻度でパソコンをチェックすべきですか?

作業の頻度は自由ですが、作業は1日に何十回も行う必要はなく、毎日行わなければならないわけではありません。

ただし、より多くの確定報酬を稼ぎ出したり、早く報酬単価を引き上げたいのであれば、できるだけ頻繁にパソコンをチェックすることが望ましいです。

 

報告の対象となる情報はどのくらいの頻度や時間間隔で表示されますか?

パソコンの画面に表示される情報が報告の対象となるタイミングは通常、1か月を目安としており、そのうちの約3分の1が報告の対象となります。

具体的には、30日間のうち約10日間が作業(報告)の対象であり、実際に作業が必要となるのは1日については大体3回程度です。

したがって、このビジネスにおける作業は、日によっては1日に何度も報告を行うことがある一方で、全く報告の必要のない情報が表示される場合もあります。

ただし、報告が必要な表示情報が数分や数秒しか表示されないわけではないため、日常的にパソコンに張り付いて待ち続ける必要はありません。

実際に報告の対象となる情報が表示された場合、それは通常数時間にわたって表示されることがほとんどです。

また、場合によっては24時間にわたって常に報告の対象となる情報がパソコンの画面に表示され続けることもあります。

 

できるだけ効率的に稼ぎたい場合は、どのような頻度で作業を行えば良いですか?

収入を最大限に増やすためには、効率的に作業を行う必要があります。

藤田仁氏は1日に1回以上、あるいは2回か3回程度、定期的にパソコンを確認することをおすすめしています。

これによって、リアルタイムな情報を逃すことなく報告できます。

ノートパソコンを持っている場合は、外出先でもソフトウェアをインストールして確認することができます。

 

報告内容を間違えたり、報告しなかった場合にペナルティはありますか?

いいえ、報告すべき情報を報告しなかったり、報告すべきでない情報を報告してしまった場合でも、ペナルティはありません。

ただし、表示される情報をひたすら撮影した報告する方法は効率的ではありません。

なぜなら、報告すべき情報とそうでない情報を明確に区別する「基準」が存在しますので、すべての情報を報告するよりは、それらを区別する方がはるかに「効率的」かつ「簡単」だからです。

 

個人差はありますか?

RIBは作業が伴いますのでやらないことには報酬は発生しません。

もちろん、作業時間やスピードには個人差がありますし、利益保証もありませんのでご了承ください。

 

一連の作業をやっても規定の報酬が確定しないことはありえますか?

一連の作業をやって規定の報酬が確定しない場合はありません。

報告すべき情報を確認し報告する作業と共に、規定の報酬も確実に確定します。

もちろん、必要な情報は画像を通じて読み取る必要がありますが、このビジネスではその情報を読み取り報告する時点で規定の報酬がほぼ「即時」に確定します。

したがって、このプロセスでは、報酬を受け取るまでの流れにおいて一切の不確定要素はありませんので、一連の作業を正しい手順で行ったにもかかわらず、報酬を受け取れないことはまずありえません。

 

どのような情報を撮影・報告するのでしょうか?

確認と報告の対象は、パソコンの表示画面上に表示される「記号」や「数字」などのコードナンバーです。

それらが読み取れるように画像を撮影し、その画像を報告すれば問題ありません。

なお、報告に付随する作業としては必要なテキスト入力やクリックなどの作業がありますが、ブログの記事を作ったりココナラの商品出品ページを作ったりする大層な作業は不要です。

 

画像情報を報告することで確定する報酬に何らかの不確定要素はありますか?

報告する画像情報と確定報酬には、不確定要素はありません。

報告作業は単に条件を満たした画像の事実を報告するだけであり、他の第三者が売買するような不確定要素は影響しません。

報酬はそういった不確定要素とは無関係に確定します。

 

これまでの説明では何をするかよくわかりません。もう少し詳しく教えてください。

RDBのビジネスモデルは非公開ですので、ビジネスモデルが分からないと購入したくないという方にはおすすめしません。

僕自身も「すぐに種明かししてほしい!」というタイプなので、気持ちは分かります。

しかし、藤田仁氏はこのスキームの希少性や稼ぐための難易度などを考慮して、実質的な販売者として非公開にする判断にしていますので、我々は「販売者がそう判断した」と受け止める以外にはありません。

RDBは代行ビジネスや画像情報の買い取りといった特定の委託元・買取業者に依存するものではありません。

 

返金はできますか?

この商品に限らず、アドモール公認コンテンツのほとんどは返金ができません。

しかし、アドモール公認コンテンツは審査がそれなりに厳しいので品質面については問題ありませんし、他のASPで販売されている商材よりもコストパフォーマンスが良いモノが多いです。

もちろんReport Incentive Business(RIB)も例外ではありません。

 

Report Incentive Business(RIB)の価格はいくらですか?

2024年2月25日時点では通常プランが41,800円、VIPプランが54,800円ですが、価格は随時変わりますので、販売ページを直接ご確認ください。

 

Report Incentive Business(藤田仁)の口コミは?RIBの評判を調査

藤田仁氏のReport Incentive Business(RIB)について稼げるのかどうか、他の人はどのような意見を持っているのか、口コミと評判を見ていきます。

 

まず、GoogleとSNSで口コミを調べてみましたが、現時点では口コミは一件もありませんでした。

 

続いて、Report Incentive Business(RIB)の評判について調べたところ、稼ぎやすい、実践しやすい、たくさん稼ぐことも可能といった肯定的な内容が大多数を占めていました。

 

これから徐々に口コミや評判の投稿が増えていくと思いますので、新たな情報があれば追記していきます。

 

Report Incentive Business(藤田仁)のデメリットは?

藤田仁氏のReport Incentive Business(RIB)は、購入しても全く問題のない稼げる超有良案件です。

 

一方で、RIBにもデメリットもあります。

 

僕が考えるReport Incentive Business(RIB)のデメリットは三つ。

 

ビジネスモデルが非公開

第一のデメリットは、販売価格が35,000円(2月12日時点)と有料でありながら、ビジネスモデルが非公開であることです。

 

いくらコストパフォーマンスが良いといっても、アドモールの副業案件はすべて有料。

 

守秘義務があるため、残念ながら当サイトでも詳細な内容を明かすことができかねます。

 

したがって、ビジネスモデルが分からない案件にお金を出したくないという方にはおすすめできません。

 

  • Report Incentive Business(RIB)には興味あるけど、購入資金に余裕がない方
  • ビジネスモデルが分からないノウハウにお金を出したくない方
  • ノウハウにお金をかけずに副業に取り組んでみたい方
  • ガチで稼げるコンテンツがどのようなものかを無料で見てみたい方

 

は、ぜひ当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)を今すぐ手に取ってみてください。

 

パソコンが必須

二つ目のデメリットは、実践するためにパソコンが必須であることです。

 

しかし、パソコンを持っていないがために副業を始める選択肢を逃すのは大きな機会損失。

 

スマホだけで実践できると言われている副業でも、パソコンを使った方が効率的に実践できますので、パソコンを持っていない方はこの機会に購入を検討しても良いでしょう。

 

副業で必要な最低限のスペックの中古パソコンなら2~3万円程度で買えます!

 

実践者が増えると多少影響はある

最後のデメリットは、Report Incentive Business(RIB)は実践手順が難しくないため、実践者が増えると実践者同士の競合になるということです。

 

もちろん、Report Incentive Business(RIB)の市場はとてつもなく大きく、今後も需要が増えることが予想されるため、実践者が数百人増えたところで稼げなくなるということは絶対にありません。

 

ただし、1円も影響がないかと言われるとそうではありません。

 

だからこそ、同じReport Incentive Business(RIB)の実践者と差別化をはかる戦略戦術をとっていくことが極めて大事になります。

 

そこで、当サイト経由でReport Incentive Business(RIB)を購入してくれた方に、ライバルと差別化をするための特典を用意しました!

 

Report Incentive Business(藤田仁)のデメリットを補うRIB当サイトオリジナル特典【Rival Speed Dash】

当サイト経由で藤田仁氏のReport Incentive Business(RIB)を購入いただいた方に、以下の特典をお渡しします。

 

名前はRival Speed Dash(RSD)というコンテンツで、文字通りライバルとの差別化をはかっていくための内容です。

 

ぜひ僕のRSDとRIBを併用して競合を引き離して進めていきましょう。

 

RIBの特典「Rival Speed Dash(RSD)」のコンテンツ一覧

1.無期限サポート

Report Incentive Business(RIB)の実践について、無期限でサポートします。

 

僕自身RIBの分野には精通していますし、RIBの「報告」で利用する某媒体Aでそれ相応のポジションを築いています。

 

RIBを媒体Aで実践する上で、僕だから知っていることやアドバイスできることもあります。

 

どんな些細なことでも構いませんので、分からないことがあれば僕にご相談ください。

 

2.RIBで成約しやすくするための「兵器」の提供

RIBの報酬はその時々によって異なりますが、基本的には報酬=単価×成約率で決まります。

 

そして、成果率を上げるためには兵器として、●●を活用することが鬼大事です。

 

この特典では成約率を上げてライバルを引き離すための●●をお渡しします。

 

おそらくですが、この「兵器」は当サイトでしか渡せないものと自負しています。

 

3.某媒体Aで上手く立ち回るための実践コツ集

RIBでは報告する「場所」としてAを含むいくつかの媒体が紹介されていますが、一番取り組みやすいのがAであることに間違いはありません。

 

しかし、Aはかなり奥深いプラットフォームですので、極意を知っているか否かで取り組みの効果が全然違ってきます。

 

そこで、自称媒体Aのプロである僕が、媒体Aで有利に進められていくためのコツをお渡ししますので、ぜひ参考にしてください。

 

4.某媒体Aで「報告」の露出を大幅アップする一回きりの必殺技(任意)

不要に思う方もいるかもしれませんが、自称媒体Aのプロだからこそできる、報告内容の露出を大幅アップできる可能性が高い一回きりの必殺技を使います。

 

もちろん、行使するかどうかはあなた次第です。

 

5.実践者が鬼少ない某媒体での実践方法

RIB本編で取り上げられている媒体以外に、別の媒体Gでも実践できます。(ただし、実践する方法は少し異なります)

 

媒体Gでの実践者数は鬼少ないので、そちらの媒体で同じように実践することで一気に引き離すことも可能です。

 

時間のある方、他の人がやっていないことをしたい気迫のある方は挑戦する価値ありです。

 

6.月100万円以上を狙うための戦略とは?

本編の実践だけでも月100万円以上稼ぐことは可能ですが、全員が1年間実践したところで稼げるか?と言われると首をかしげざるをえません。

 

そこで、より確実に100万円~数百万円以上目指すための戦略についてお伝えします。

 

7.月100万円前後稼いでいる模範例の紹介

ビジネスでもスポーツでも料理でも、手っ取り早く成果を出すためには上手い人の良いところを取り入れることが常道。(ただしガチの盗作はNG。犯罪です)

 

そこで、媒体ごとに模範例を紹介し、この模範例を元にどのように実践したら良いのかについて解説します。

 

Rival Speed Dash(RSD)の受け取り方法

本ページのリンク経由で購入いただき、ダウンロードできる案内フォームから僕宛に特典を申請してください。

 

※当サイト経由購入者限定特典を入手したい方は、必ず商品の決済ページで以下の内容が表示されることを確認してください。表示されていない状態で購入した場合は特典適用対象外になります。

 

>> Report Incentive Business(RIB)の特典を入手する

 

Report Incentive Business(藤田仁)について終わりに管理人からの一言

藤田仁氏のReport Incentive Business(RIB)は素晴らしいノウハウです。

 

しかし、副業案件である以上、作業が必要であり、作業なくしては収益を得ることができません。

 

これはどの副業案件でも共通していますが、RIBも例外ではありません。

 

副業である以上、一定の作業量をこなさなければ収益を得ることはできないのです。

 

この記事の読者の中には、副業には興味があるものの、目の前のことで忙しくてなかなか行動に移せていない方や、不安で迷い続けている方も多いと思います。

 

そういう方は

 

  • 意を決して副業の時間を作り、RIBを始める
  • 落ち着くまでは副業の検討をいったん脇に置き、目の前のことに集中する
  • 自分は副業をやらないと割り切り、「作業なしで稼ぐ方法」(=投資)を探す:投資に興味がある方はこちら

 

のどれかを早めに決めた方が良いです。

 

なぜなら、悩めば悩むだけ時間の無駄になるから。

 

人間誰しも1日24時間しかありません。

 

やるならやる。

やらずに目の前のことにとりあえずは集中する。

作業をせずに稼ぎたいなら「作業なしで稼ぐ方法」を始める。

 

時間を無駄にしないためにも、このどれかをできるだけ早めに決めて、決めた通りに行動することをおすすめします。

 

>> 当サイトのサポートと特典付きでReport Incentive Business(RIB)を始める

 

RIBに興味があるけど購入するかどうか迷っている方は、僕のLINEまでお気軽にご相談ください。

中山に相談

投資や副業など、お金を稼ぐことに関してお悩みのことはありませんか?

 

LINEでこんな投資・副業案件を勧められたけど、本当に実践しても大丈夫なの?

 

私に合いそうな副業のジャンルって何だろう...

 

今ホットな投資・副業案件を教えて!

 

など、些細なことでも構いませんので、聞きたいことや相談したいことがある方はお気軽にご相談くださいね。

  中山にLINEする
おすすめの記事