Recycle Transfer Systemは稼げるのか?工藤信也のRTSリサイクルデータビジネスを検証

こんにちは、中山唯人です。

工藤信也氏のRecycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム、RTS)は詐欺なのか、本当に稼げるのか?内容、口コミ、評判を検証してみました。

 

今回は大手ASPの1つであるアドモールから販売している、工藤信也氏のRecycle Transfer System(RTS)という副業案件を取り上げていきます。

 

Recycle Transfer System(RTS)は、とあるWEBサービスを介したほぼ自動のリサイクルデータ収集作業など3つのルーティン作業から、完全在宅で時給換算2000円超えを達成したノウハウです。

 

結論から申し上げると、RTSは詐欺ではありません。購入しても全く問題なく稼げる良案件です。

 

  • 工藤信也氏によるRecycle Transfer System(RTS)の内容が気になる方
  • 工藤信也氏によるRecycle Transfer System(RTS)がおすすめできる理由を知りたい方
  • 稼げる副業案件の事例を学ぶことで副業案件の良し悪しを自分で見分けられるようになりたい方

 

は、ぜひ当記事をご覧ください。

 

当サイトでは、巷にある副業案件や投資案件にするため、随時記事を更新しています。

 

気になる副業・投資調した上でご報告いたします。

 

気になる副業案件があるので検証してほしい方、おすすめの副業を教えてほしい方はこちら↓へどうぞ。

 

この記事の目次

Recycle Transfer System(RTS)の工藤信也とは誰か?販売者情報について

商材の良し悪しを見極めるためには、商材の作成者や販売者が信用できそうか?ということも大事な要素になります。

 

そこで、Recycle Transfer System(RTS)の販売者と仕掛け人の「工藤信也」氏について見ていきます。

 

Recycle Transfer System(RTS)の販売者はアドモールで顧客担当責任者は工藤信也

リサイクルデータを使った3つのルーティン作業で稼ぐことをコンセプトとしたRecycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム、RTS)の販売者情報について見ていきます。

 

こちらがRecycle Transfer System(RTS)の特定商取引法に基づく表記です。

 

販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 工藤信也
サポート連絡先 https://lin.ee/MxFzm5o
販売URL https://hachinet.jp/rtslp
返金について 情報商材という特質上、購入後はいかなる理由や状況においても返金などには一切対応しておりません。また、通信販売ですのでクーリングオフは法的に認められておりません。販売ページに返金規定が記載されている場合の返金の交渉は情報提供者と行ってください。 返金をめぐり販売者とトラブルが起きた場合は アドモール へご連絡ください。返金の実行の有無の権限はアドシステムが有しています。
プライバシー保護 個人情報に関しましては、弊社で厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。当該個人情報は法律によって要求された場合、権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供する事はありません。
表現、及び商品 に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。いかなる場合においても返金規定以外の購入後の返品、返金は受け付けません。尚、購入後、利用サイトの仕様変更や規約変更、情勢的なものの変化により実践が困難になる場合には、最新版のマニュアルとツールを用意しますが、その際には、お時間を頂く場合がございます。その点は予め了承下さい。あくまでも本商品は制作した時点での作者の見解による著作物です。常に販売している以上、管理は継続しますが、予期せぬ問題の場合は販売者は、購入者に対して最善の仕様変更などを行うものとします。また実践に関する過失や損害などは、一切販売者、または販売会社も責任を負うものではなく購入者は、いかなる権利も行使しないものとして購入してください。ここに記載された内容を確認して承諾し、ご自身の判断で活用するものとします。購入された時点で上記内容全てに同意したものと見なします。

 

販売ページのURLから「/lp」を取った「https://naishohimitu.xyz/」にアクセスするとパスワードがかかっているページが表示されますが、この中にコンテンツが書かれています。

 

Recycle Transfer System(RTS)の特定商取引法に基づく表記を見て、

 

運営責任者と顧客対応担当者の違いって何?

 

と疑問を持った方もいると思いますが、アドモールは特定商取引法に基づく表示を代行する「アドモール公認コンテンツ(特商法代行サービス)」というサービスを提供しています。

 

簡単に言うと、自宅や事務所の住所を公開したくないコンテンツ作成者向けに株式会社アドシステムが代行して販売を行うシステムですね。

 

実際の商品の提供やサポートは、販売者である株式会社アドシステムではなく、「顧客対応担当者」である工藤信也氏が行います。

 

アドモール公認コンテンツとしての代行サービスを利用するためには、通常の商品よりも厳しい審査基準をクリアすることを求められており、アドモール公認コンテンツとして販売されている商品のほとんどは非常にコスパの良い稼げるノウハウまたはツールになっています。

 

今回のRecycle Transfer System(RTS)もアドモール公認コンテンツですので、良い商材であると推測できます。

 

Recycle Transfer System(RTS)の仕掛け人「工藤信也」とは?

続いて、このRecycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム、RTS)の仕掛け人の工藤信也氏について見ていきます。

 

販売ページやホームページを見てみましたが、工藤信也氏のプロフィールは特段掲載されていませんでした。

 

工藤信也という名前で検索したところ、同姓同名の人物が何人かいますが、この情報だけでは絞り込むことが困難でした。

 

この「工藤信也」という名前自体、本名とは別のハンドルネームである可能性が高いです。

 

ただし、今回の案件では、工藤信也氏はあくまでも「顧客対応担当者」という位置付けとなり、法律的な意味合いの販売者は株式会社アドシステムになります。

 

したがって、工藤信也氏の素性を知ることの重要性は必ずしも高いわけではありませんが、販売ページなどでもう少し詳しく自己紹介した方が読者の信頼をより得られやすいものと感じました。

 

Recycle Transfer System(RTS)とは?工藤信也の副業案件の内容について

さて、本題として工藤信也氏のRecycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム、RTS)について見ていきます。

 

残念ながらRecycle Transfer System(RTS)のビジネスモデルについては、守秘義務があるので購入前には教えることができませんが、一言でいうと

 

  • リサイクルデータの取得
  • リサイクルの実行
  • Transfer

 

上記3つの手順を経ることで、時給換算2000円以上の収入が実現可能なAIツールとノウハウになります。

 

RTSの要になるのがこのAIツールです。

 

Recycle Transfer System(RTS)の特長

工藤信也氏によるRecycle Transfer System(RTS)の特長は下記の通りです。

 

  • 特定のWEBスペースのみで有効なシステム
  • データ収集、データリサイクル、データトランスファー機能(収益化)の3つの作業で難しい操作は不要
  • 3つのサイクルは長くても20~30分で完結
  • 1サイクルの単価で換算すると1,000円以上も実現可能
  • 5~10分の設置で、即日で始められる
  • システムの設置を除けばスマホでも利用可
  • 有効範囲は狭いがそこで得られるデータは「消えない」「増えている」「他人が取得したものでも利用できる」ので取り放題
  • リサイクルデータは特定の条件の元で0円で取得可能

 

ポイントとしては、操作が簡単ということと、リサイクルデータはパイの奪い合いになって減るような類のものではないということです。

 

また、当サイトとしてはパソコンでの実践が推奨ではありますが、設置以外の工程ならスマホでも実践可能です。(ただし画面は見にくいでしょうが)

 

もちろん、Recycle Transfer System(RTS)は誰かに雇われて給与が保証される「労働」ではありません。

自分自身が責任を持って実践していくビジネスですので、脳死状態でコピペやクリックだけで稼ぐのは無理です。

 

しかし、実践の難易度はそれほど高くありませんので、他の副業で挫折した方も挑戦する価値はあると思います。

 

Recycle Transfer System(RTS)のツール利用の3ステップ

僕がバッサリ斬っている副業詐欺まがいの案件みたいで恐縮ですが、Recycle Transfer System(RTS)のツールは大別するとたった3つのステップしかありません。

 

Recycle Transfer Systemで稼ぐスキームは、ツールができる以前も理論上では実践可能ですが、非常に面倒です。

RTSというツールがないと毎回手間がかかる作業をしなければならなかったのを、RTSによって作業の負担を大幅に軽減してくれているというわけですね。

 

ステップ1:システムの設置と初期設定

サーバにシステムファイルをアップロードし、設定を行います。【この工程はパソコンが必須です】

 

時間でいうと5~10分くらいで完了できる簡単な作業ですし、分からなければ僕の方で設置代行でもできますのでお申しつけください。

 

ステップ2:リサイクルデータの取得

システム内で必要な情報を確認し、リサイクルデータが保存されているWEBスペースに移動してデータを抽出し、システムにログインします。

 

1つのデータにつき1つのコードを取得し、システム内に貼り付けます。

 

データの取得先には、管理画面からすぐに移動できるようになっています。

 

ステップ3:リサイクルデータの修正と転送

システムを稼働させた後、リサイクルデータを確認し、修正が必要な箇所があれば修正した後、管理画面で3回ほどクリックしてTransferします。

 

もちろん、これはあくまでもツールの操作が3つのステップだけというだけで、それぞれのステップでは考えてやらないといけない作業があります。

決して脳死状態でできるわけではありませんのでご留意ください。

 

また、ステップ2とステップ3は一回きりではなく、その都度実践する必要がありますので誤解はしないようにお願いします。

 

実はこの記事を執筆している僕自身も、詐欺まがいの副業案件に騙されて失敗したことがあります。

そのときは悔しさのあまり手のひらが出血するほど爪を食い込ませてしまい、本当にむなしく感じました。

 

だからこそ、僕と同じように騙される人を一人でも減らしたいと思っています。

 

また、僕は胸を張って語れる壮絶な過去や輝かしい逆転ストーリーを持っていませんが、平凡に育ったからこそ悩むような、今となってはくだらないコンプレックスを長年持っていました。

そのコンプレックスに悩み続けてどうだったのか、どうやって打開したのか、そしてそれが稼ぐことにどう活きているのかについて、プロフィールに書いていますので、よろしければご覧ください。

 

Recycle Transfer Systemで何がもらえるの?工藤信也のRTSリサイクルデータビジネスで提供されるコンテンツ

Recycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム)では、実践するための専用ツールと、実質的な仕掛け人の工藤信也氏が培った経験に基づく攻略ノウハウが提供されます。

 

提供コンテンツ一覧
  1. RTSシステム本体
  2. RTSシステム設置手順ガイドマニュアル
  3. RTS設定手順ガイドマニュアル

 

加えて、購入日から30日間の運用サポートとテクニカルサポートが付いています。

 

Recycle Transfer System(RTS)の価格は、現時点では42,800円です。

巷にある悪質な副業案件のように、後から数十万円~百万円以上の高額プランに誘導されることは絶対ありませんのでご安心ください。

 

Recycle Transfer System(RTS)について知りたい!工藤信也のリサイクルデータ収集ビジネスのよくある質問

工藤信也氏のRecycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム、RTS)について、よくある質問を記載します。

 

僕のレビュー記事では公式ページのQ&Aからの引用・リライトも多いですが、その理由は僕がいただくアドモール商材関連の質問の多くは公式ページに答えが書かれているからです。

 

RTSのビジネスモデルは非公開だから内容がさっぱり分からない...と嘆く前に、ぜひこのQ&Aをご一読ください。

 

レンタルサーバーと独自ドメインは必要ですか?

独自ドメインは必ずしも必要ありませんが、レンタルサーバーは必須となります。

工藤信也氏によるとロリポップ、ヘテムル、シンサーバー エックスサーバでは動作確認済みとのことです。

 

パソコンは必要ですか?

はい、RTSのシステムを設置するためにはパソコンが必ず必要になります。

 

スマートフォンでもできますか?

システムの設置以外はスマートフォンでも実践可能です。

ただし、画面が見づらいため、パソコンまたはタブレットなど画面が大きい端末での作業を推奨します。

 

MACのパソコンでも実践できますか?

はい、MACのパソコンでも実践できます。

 

RTSの実践に費用は必要ですか?

利用頻度によって変わりますが、月額1,500円~2,000円程度になります。

 

どれくらいの作業時間でいくら稼げますか?

他の副業案件でも同様ですが、内職やアルバイトではありませんので、一概に何分の作業で何円稼げるとはいえません。

また、得られる報酬は必ずしも作業時間に比例しませんので、報酬は時間や作業量ではなく成果ベースで決まるものとご認識ください。

 

リサイクルデータの取得は時間帯を問わず可能ですか?

はい、時間帯を問わず可能です。

 

投資、アダルト、ギャンブル、出会いなどのジャンルは扱っていますか?

RTSではいずれのジャンルとも無縁で実践できます。

 

最短で報酬が得られるまでどれくらいかかりますか?

法人から報酬として、末日締めの翌月または翌々月払いで振り込まれる形が多いものと思われます。

 

リサイクルデータがなくなることはありませんか?

天変地異や戦争などの不可抗力がない限り、少なくとも数年間の間でなくなることはまずないです。

 

リサイクルデータは他人と共有しても問題ありませんか?

特に問題はありません。

 

リサイクルデータとはどのようなものですか?

守秘義務があるため、購入後のマニュアルで内容が明かされる形になります。

 

これまでの説明では何をするかよくわかりません。もう少し詳しく教えてください。

Recycle Transfer System(RTS)のビジネスモデルは非公開ですので、ビジネスモデルが分からないと購入したくないという方にはおすすめしません。

僕自身も「すぐに種明かししてほしい!」というタイプなので、気持ちは分かります。

しかし、ノウハウ発案者の工藤信也氏はこのスキームの希少性、稼ぎやすさ、参加することで得られる先行者利益などを考慮して、実質的な販売者として非公開にする判断にしていますので、我々は「販売者がそう判断した」と受け止める以外にはありません。

 

返金はできますか?

この商品に限らず、アドモール公認コンテンツのほとんどは返金ができません。

しかし、アドモール公認コンテンツは審査がそれなりに厳しいので品質面については問題ありませんし、他のASPで販売されている商材よりもコストパフォーマンスが良いモノが多いです。

もちろんRecycle Transfer System(RTS)も例外ではありません。

 

Recycle Transfer System(RTS)の価格はいくらですか?

2024年5月31日時点では42,800円ですが、価格は随時変わりますので、販売ページを直接ご確認ください。

 

ビジネスモデルが分からない案件の最大の情報源はなんといっても販売ページですので、RTSの販売ページもぜひご覧くださいね。

 

Recycle Transfer System(工藤信也)のRTS当サイトオリジナル特典

当サイト経由で工藤信也氏のRecycle Transfer System(RTS)を購入いただいた方に、以下の特典をお渡しします。

 

Recycle Transfer System(RTS)のツール自体は圧巻です。

 

しかし、副業たるものツールだけでは稼げません。

それを上手く活用して初めて稼げるのです。

 

本特典では、ツールを最大限に活用するための秘訣を提供します。

 

Recycle Transfer System(RTS)の特典コンテンツ一覧

1.無期限サポート

Recycle Transfer System(RTS)の実践について、無期限でサポートします。

 

僕自身RTSの分野には精通していますし、具体的なアドバイスが可能です。

 

些細なことでも構いませんので、分からないことがあれば僕にご相談ください。

 

2.RTSの設置代行

副業や投資を始める上である意味最初のハードルになるのが初期設定や設置だったりします。

 

公式サイトからの設置代行は4,980円かかりますが、当サイトでご購入いただいた方には無料で設置代行いたします。(ただし、レンタルサーバーはご自身で用意してくださいね)

 

3.RTSで有利に立ち回るための小技

完全に任意ですし別途経費はかかりますが、RTSで有利に立ち回るための小技として〇〇〇〇〇〇があります。

 

正直工藤信也氏はなぜこのことを書かなかったのか?と思いますが、この点について解説します。

 

ちなみにこの小技は僕自身も活用して効果も実感しています。

 

4.リサイクルデータの修正で意識すべきこと

工藤信也氏はなぜこのことを書かなかったのか?パート2です。

 

基本中の基本ではありますが、これはやらないとむしろ不利になります。

 

無料でできますので必ず意識するべきこと、それを解説します。

 

5.競合を引き離すためのコツ

RTSを使って〇〇をやる方も多いのではと思います。

 

その際に、ちょっとしたことを2つするだけで競合を大きく引き離すことが可能になります。(1つは無料で実践可、もう1つは経費あり)

 

これはある意味基本的な原則に則ったものではありますが、やらない人が多いです。

 

その2つの方法とは何か?解説します。

 

6.RTSを活用できるもう1つのプラットフォームAとは?

実は、RTSを活用できるプラットフォームは〇〇〇だけではありません。

とある別のプラットフォームAでも活用できます。

 

そのプラットフォームAとは何で、どのように活用すれば良いのかを解説します。

 

7.RTSを活用する某行為についてのマニュアル

RTSを活用する某行為について、RTS本編でも語られていますが、こちらについてもう少し詳しく原則や基本的な考え方を記載したマニュアルを進呈します。

 

特典の受け取り方法

本ページのリンク経由で購入いただき、ダウンロードできる案内フォームから僕宛に特典を申請してください。

 

※当サイト経由購入者限定特典を入手したい方は、必ず商品の決済ページで以下の内容が表示されることを確認してください。表示されていない状態で購入した場合は特典適用対象外になります。

 

>> Recycle Transfer System(RTS)の特典を入手する

 

Recycle Transfer System(RTS)のデメリット:工藤信也のリサイクルデータ収集ビジネス以外のおすすめの副業は?

工藤信也氏のRecycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム、RTS)は、購入しても全く問題のない稼げる良案件です。

 

RTSの購入を検討している方は、ぜひ僕のLINEまで連絡ください。

 

ツールのセットアップのサポートもできます!

 

一方で、RTSにもデメリットもあります。

 

僕が考えるRTSのデメリットは2つ。

 

第一のデメリットは、販売価格が42,800円と有料でありながら、ビジネスモデルが非公開であることです。

 

いくらコストパフォーマンスが良いといっても、アドモールの副業案件はすべて有料。

 

守秘義務があるため、残念ながら当サイトでも詳細な内容を明かすことができかねます。

 

したがって、ビジネスモデルが分からない案件にお金を出したくないという方にはおすすめできません。

 

  • Recycle Transfer System(RTS)には興味あるけど、購入資金に余裕がない方
  • ビジネスモデルが分からないノウハウにお金を出したくない方
  • ノウハウにお金をかけずに副業に取り組んでみたい方
  • ガチで稼げるコンテンツがどのようなものかを無料で見てみたい方

 

は、ぜひ当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)を今すぐ手に取ってみてください。

 

メールアドレスとニックネーム(イニシャルでもOK)以外の個人情報は一切なしで入手できます。

 

 

もちろん、後から高額な悪徳商材を売りつけるようなことは絶対ありませんのでご安心ください。

 

そして二点目のデメリットは、Recycle Transfer System(RTS)は副業案件である以上、作業が必要であり、作業なくしては収益を得ることができないという点です。

 

これはどの副業案件でも共通していますが、RTSも例外ではありません。

 

副業である以上、一定の作業量をこなさなければ収益を得ることはできないのです。

 

この記事の読者の中には、副業には興味があるものの、目の前のことで忙しくてなかなか行動に移せていない方や、不安で迷い続けている方も多いと思います。

 

そういう方は

 

  • 意を決して副業の時間を作り、Recycle Transfer System(RTS)当サイトコンテンツDoor to Beneficial Spaceを手にとって始める
  • 落ち着くまでは副業の検討をいったん脇に置き、目の前のことに集中する
  • 自分は副業をやらないと割り切り、「作業なしで稼ぐ方法」(=投資)を探す

 

のどれかを早めに決めた方が良いです。

 

なぜなら、悩めば悩むだけ時間の無駄になるから。

 

人間誰しも1日24時間しかありません。

 

やるならやる。

やらずに目の前のことにとりあえずは集中する。

作業をせずに稼ぎたいなら「作業なしで稼ぐ方法」を始める。

 

時間を無駄にしないためにも、このどれかをできるだけ早めに決めて、決めた通りに行動することをおすすめします。

 

>> 当サイトのサポートと特典付きでRecycle Transfer System(RTS)を始める

 

作業なしで楽して稼ぎたい方の選択肢は「投資」一択です。

 

それは、Unicorn(ユニコーン)というEA(自動売買ツール)です。

 

Unicornは直近で良い成績を上げている爆益型EAで、初期費用、月額費用、利用手数料のいずれも無料で運用できます。

 

一般的に、爆益型EAはリスク管理に弱いというデメリットがありますが、Unicornには3つのリスク管理の機能が付いていますので、あらかじめ設定しておくことでEAのオン・オフを切り替えることなく比較的安全に運用することも可能です。

 

EA(自動売買ツール)は怪しい、危険、稼げないというイメージを先入観で持っている方も少なくありませんが、それは大きな誤解です。

 

ロジックがしっかりしているEAを選び、資金管理を適切に行った上で運用すれば裁量トレードよりはるかに稼ぎやすいです。

 

Unicornの解説ページで毎月の運用実績を載せていますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

サイトの記事を見るのが面倒で「自分の現状に合わせた投資や副業のおすすめ案件を手っ取り早く教えてほしい!」という方は、僕のLINEを登録して聞いてもらえれば相談に乗りますので、お気軽に連絡くださいね。

 

中山に相談

投資や副業など、お金を稼ぐことに関してお悩みのことはありませんか?

 

LINEでこんな投資・副業案件を勧められたけど、本当に実践しても大丈夫なの?

 

私に合いそうな副業のジャンルって何だろう...

 

今ホットな投資・副業案件を教えて!

 

など、些細なことでも構いませんので、聞きたいことや相談したいことがある方はお気軽にご相談くださいね。

  中山にLINEする
おすすめの記事