FXでHFT(高頻度取引)はできるのか?仕組み、問題点、取扱業者を検証

こんにちは、中山唯人です。

 

当サイトではFXのEA(自動売買)を取り扱っていますが、HFT(高頻度取引)を行う投資案件の取り扱いについて先日お問い合わせをいただきました。

 

結論から申し上げると、2024年5月時点では当サイトにおいてHFT(高頻度取引)の案件はありません。

 

一方で、HFTはこれから普及していくと思われる発展途上のトレード技術でもありますし、今後HFTの案件を扱う可能性はゼロではありません。

 

そのため、本記事では、HFT(高頻度取引)について、その仕組みや問題点、そして取り扱い業者について検証していきます。

 

HFTは金融市場で急速に広がっており、その影響力が注目されています。

 

しかし一方で、HFTには市場の安定性や公正性に関する懸念があり、その検証が求められています。

 

また、HFTを取り扱っている業者についても、その信頼性や透明性が問われています。

 

本記事では、HFTの仕組みを詳しく解説し、その利点や問題点を明らかにするとともに、HFTを取り扱っている業者の特徴や取り組みについても紹介していきますね。

 

  • HFT(高頻度取引)の仕組みや課題について気になる方
  • HFT(高頻度取引)を取り扱っている業者を知りたい方
  • 投資における新しい取引手法に興味がある方

 

は、ぜひ本記事をご覧ください。

 

当サイトでは、巷にある副業案件や投資案件にするため、随時記事を更新しています。

 

気になる副業・投資調した上でご報告いたします。

 

気になる副業案件があるので検証してほしい方、おすすめの副業を教えてほしい方はこちら↓へどうぞ。

 

FXのHFT(高頻度取引)とは

HFT(高頻度取引)は、FX市場において非常に高速な取引を行う手法です。

 

具体的には、コンピュータプログラムが自動的に市場の変動を監視し、短時間で大量の取引を行います。

 

HFTの仕組みは、大きく分けて2つの要素から成り立っています。

 

高速なデータ取得

まず、高速なデータ取得が重要です。

 

HFTのプログラムは、膨大なデータをリアルタイムで取得する必要があります。

 

そのため、専用のデータフィードや通信回線を使用して、市場の情報を瞬時に入手することが可能です。

 

高速な取引実行

次に、高速な取引実行が不可欠です。

 

HFTでは、プログラムが市場の変動を検知した瞬間に、数ミリ秒単位で取引を行います。

 

これには、低レイテンシ(遅延時間の短さ)を実現するための技術が必要です。

 

例えば、専用の取引ソフトウェアや取引所の機器を使用することで、取引の処理時間を最小限に抑えることができます。

 

HFTの目的とは

HFTの目的は、微小な価格変動を利用して利益を生み出すことです。

 

HFTのプログラムは、価格の変動を非常に短時間で検知し、その差を利用して取引を行うことで、多数のトレードを繰り返し、小さな利益を積み重ねます。

 

このような取引手法の特徴は、取引回数が非常に多いため、個々のトレードの利益は小さいものの、短時間で大きな利益を上げることができることです。

 

まとめると、HFTのメリットは次の通りになります。

 

HFT(高頻度取引)のメリット
  1. 速い取引実行:高速な取引実行を可能にする技術を用いることで、取引の価格変動に素早く対応することができます。
  2. 高い取引量:同時に大量の取引を行うことができるため、小さな価格変動でも多くの利益を生み出すことができます。

 

しかしながら、HFTは高度な技術と大量の情報処理能力を要するため、一般的なトレーダーよりも大きな投資が必要となります。

 

また、市場の変動に関する情報の正確性やタイミングが非常に重要なため、プログラムの開発や監視にも高い専門知識が求められます。

 

HFTの利用者について

HFTの利用者は、主に大手金融機関や投資ファンドなどの機関投資家が中心です。

 

彼らは、高頻度取引のメリットを最大限に活かし、市場の変動を敏感に捉えることで利益を上げています。

 

総じて言えることは、HFTは非常に複雑な仕組みを持ち、高度なテクノロジーと専門知識が求められる取引手法であるということです。

 

FXのHFT(高頻度取引)のロジックとは

HFT(High-Frequency Trading)のロジックとは、高頻度取引を行う際に使用される取引戦略やアルゴリズムのことを指します。

 

HFTは、コンピューターが非常に高速で大量の取引を行うことを可能にし、数十から数百の取引を1秒間に実行することができます。

 

そのため、取引のスピードや正確性が非常に重要になります。

 

HFTのロジックは、市場の機会やパターンの特定、売買のタイミングの設定、価格の変動の予測などに基づいて構築されます。

 

以下に、HFTの主なロジックの一部を紹介します。

 

マーケットメイキングロジック

マーケットメイキングロジックは、市場の流動性を確保するために使用されます。

 

自動化された取引システムは、売り手と買い手の注文の間に差を作り、スプレッドを縮めることで、相場の変動に迅速に対応します。

 

アービトラージロジック

アービトラージロジックは、異なる市場間の価格差を利用して利益を得ることを目的とします。

 

例えば、同じ商品や証券が異なる取引所で異なる価格で取引されている場合、HFTトレーダーは低価格で買い、高価格で売ることによって利益を得ることができます。

 

ブレイクアウトロジック

ブレイクアウトロジックは、価格がある範囲から突破した際に取引を行います。

 

取引システムは、事前に設定された範囲を監視し、価格がその範囲を突破すると自動的に注文を実行します。

 

これにより、トレーダーは価格の急激な変動を捉えて利益を得ることができます。

 

ストラテジックオーダーフローロジック

ストラテジックオーダーフローロジックは、大口注文の情報を利用して取引を行います。

 

HFTトレーダーは、市場の大口注文の動向を分析し、その情報を元に取引を行うことで、相場の動向を予測し利益を得ることができます。

 

これらのロジックは、実務で使用されるHFTトレーディングシステムの機能の一部です。

 

しかしながら、HFTのロジックの詳細やアルゴリズムは非常に複雑で独自的なものであり、各トレーダーや企業が独自の戦略を持っています。

 

高頻度取引は高速かつ競争が激しい世界で行われるため、トレーダーは常に最新のテクノロジーや情報を活用し、短時間で的確な取引を行う必要があります。

 

FXのHFT(高頻度取引)の問題点とは

HFT(高頻度取引)は、コンピュータプログラムを使用して短期間で大量の取引を行うことで、瞬時の価格変動に基づいて利益を追求することが特徴ですが、いくつか問題点があります。

 

市場の不安定化

まず、高頻度取引の問題点の1つは、市場の不安定化です。

 

HFTの活発な取引が価格変動を引き起こすことで、市場の不安定化が生じることがあります。

 

短期的なトレンドに基づく大量の売買が行われるため、価格変動が急激になり、値幅拡大や相場の乱高下が起こることがあります。

 

これによって、一般的な投資家や市場参加者は予測が困難になり、リスク管理が難しくなる場合があります。

 

市場の公正性の担保

また、HFT(高頻度取引)は市場の公正性にも懸念があります。

 

高速で多くの取引が行われるため、一部のHFTトレーダーは他の市場参加者よりも早く情報を取得し、不利な取引条件での取引が行われることがあります。

 

これは、市場の公正性を損なう可能性があり、投資家の信頼を揺るがすこともあります。

 

市場の透明性の毀損

さらに、HFT(高頻度取引)は市場の透明性を損なうこともあります。

 

HFTは高速で自動化されたトレードが行われるため、取引の詳細や戦略が不透明になる場合があります。

 

これによって、市場の参加者はHFTトレーダーの行動や意図を把握することが困難になり、マーケットの透明性が低下する可能性があります。

 

リスク管理

最後に、高頻度取引はリスク管理における課題も抱えています。

 

短期的なトレードが主体となるHFTでは、リスク管理が困難な場合があります。

 

大量の取引が短時間で行われるため、リスク管理の効果的な運用が求められますが、

 

トレードの高速化や複雑化によって、リスク管理の厳密性が低下し、市場の安定性に悪影響を及ぼすことがあります。

 

以上が、FXのHFT(高頻度取引)の問題点について簡単に解説しました。

 

高頻度取引がもたらす市場の不安定化、公正性の損失、透明性の低下、リスク管理の課題など、様々な懸念事項が存在します。

 

FXのHFT(高頻度取引)とスキャルピングの違いについて

HFT(High-Frequency Trading、高頻度取引)とスキャルピングは、両方とも短期間で大量の取引を行うトレード手法ですが、そのアプローチや目的にはいくつかの違いがあります。

 

トレードのスピード

HFTとスキャルピングの最大の違いは、トレードのスピードです。

 

HFTはミリ秒単位での取引を行い、より高速な取引を可能にするために、コンピューター技術やアルゴリズムを活用します。

 

一方、スキャルピングは数秒から数分の短い時間枠で取引を行うため、トレーダー自身の素早い反応力が求められます。

 

利用する市場の違い

また、HFTはFXでも使われ始めているとはいえ、主に株式市場や先物取引市場において活用される傾向があり、大口取引や市場のマイクロ構造を利用することが特徴です。

 

一方、スキャルピングは主にFX市場で用いられ、参加者の数が多いフリーローカル市場の特性や通貨ペアの高い流動性を利用します。

 

総じて言えば、HFTとスキャルピングはどちらも短期間で大量の取引を行う手法ですが、HFTはより高速なトレードを目指し、株式や先物市場で活用されます。

 

一方、スキャルピングは短期的な利益を追求し、FX市場でよく見られる手法です。

 

そのため、個々のトレーダーのスキルや市場の特性に応じて最適な手法を選択することが重要です。

 

HFT(高頻度取引)とEA(自動売買)の違い

高頻度取引(HFT)とEA(自動売買)は、両方とも金融市場で用いられる取引手法ですが、その特徴や目的において異なる点があります。

 

HFTとEAのどちらもシステムを利用して自動的にトレードを行うという点で共通していますが、最大の違いは、目的と使用される場所にあります。

 

HFTは主に大手金融機関や専門家によって使用され、高速で大量の取引を行いながら微細な利益を追求します。

 

一方、EAは個人投資家や小規模トレーダーによって使用され、自動的に取引を行うことで効率的なトレードを実現します。

 

要するに、HFTはスーパーコンピュータや専門知識を必要とする高速で大量のトレード手法であり、微細な利益を追求します。

 

一方、EAは個人投資家や小規模トレーダーによって利用され、自動的に取引を行うことでトレードをより効率的に行います。

 

FXのHFT(高頻度取引)を扱う業者について

金融庁のホームページによると、2024年3月25日現在ではHFTを取り扱う業者として51社が高速取引行為者登録一覧に記載されています。

 

そのうち、国内の業者はダルマ・キャピタル株式会社のみです。

 

海外の有名どころの業者ではXTX Marketsなどがありますが、日本人ユーザーが多いメジャーな海外FX会社は現時点では見当たりませんでした。

 

有名どころのHFM(Hot Forex)やXM Tradingも現時点ではHFTを扱っていません。

 

ダルマ・キャピタル株式会社は2015年に設立された東京都中央区日本橋室町に本店がある会社で、JPXやPTSなどの取引所に設置されたサーバーを利用し、数千銘柄に及ぶ現物株式や金融派生商品の取引を行っています。

 

僕もこのダルマ・キャピタル株式会社のことをあまり知らなかったのでホームページを拝見してみたのですが、かなりハードルが高い求人募集を行っていました。

 

募集職種はリサーチャーやエンジニアで、正社員とアルバイト・インターンを随時募集しているとのことですが、

 

  • 時給10,000円以上
  • 勤務期間は2週間から長期まで様々
  • 遠方の場合は交通費と宿泊費が全額支給

 

とかなりの好条件です。笑

 

ただし、当然のことながら求められるスキルのハードルも高いので、相当優秀な人材でないとやっていくのは難しいと思います。

 

高速取引は、市場の流動性と効率性を向上させる役割を果たしており、その一翼を担っているのが現時点ではダルマ・キャピタル株式会社を始めとする51社ということですね。

 

HFTの取扱業者は今後も増減する可能性がありますので、金融庁の高速取引行為者登録一覧で新たな傾向が確認でき次第、随時情報を追記していきます。

 

FXのHFT(高頻度取引)の台頭に対して個人投資家が意識するべきこととは?

HFT(高頻度取引)はまだ途上であるとはいえ、特に海外では近年急速に増え続けており、市場の風景を大きく変えつつあります。

 

したがって、個人投資家としても、HFTの台頭に対して意識することが大事です。

 

HFTの知識を身に着ける

まずは、HFTについて十分な知識を持ちましょう。

 

HFTがどのような仕組みで動いているのかを理解することで、HFTが市場に与える影響やリスクを把握することができます。

 

HFTは短期的な利益を追求するため、短時間での大量の取引を行い、微細な価格差を利用することが特徴です。

 

そのため、個人投資家としては、短期的な利益に固執するだけではなく、長期的な投資戦略や戦術を実践していくアプローチが大事です。

 

HFTとの関わり方を考える

次に、個人投資家は自身の投資スタイルに合わせてHFTとの関わり方を考える必要があります。

 

HFTの台頭により、個人投資家の成行注文が直面するリスクが高まっています。

 

HFTは高速で取引を行うため、市場における株価の変動が瞬時に起こることがあります。

 

そのため、成行注文を出す際には、一気に株価が大きく変動する可能性があることを認識し、慎重に行動する必要があります。

 

また、HFTが市場の価格形成に与える影響も考慮する必要があります。

 

一部の批判者は、HFTが価格操作や市場の不安定性を引き起こす可能性があると主張しています。

 

個人投資家は、HFTが市場に及ぼす影響を正しく評価し、自身の投資判断に反映させることが重要です。

 

自身の投資スキルを向上する

最後に、個人投資家は自身の投資スキルの向上を図ることでHFTに対抗することができます。

 

HFTは高度なテクノロジーやアルゴリズムを駆使しているため、個人投資家が手動で対抗することは難しいです。

 

しかし、市場の動向や企業の業績を深く分析し、投資戦略を練ることで、HFTに対してアドバンテージを持つことが可能です。

 

また、投資スキルを向上させることは、裁量トレードだけではなくEA(自動売買)を活用したシステムトレードでも大事です。

 

EA(自動売買)では、トレードそのものは自動的にやってくれますが、資金管理は自分でやらなければなりません。

 

資金管理や運用プラットフォームの操作を円滑に行うことも投資スキルの1つです。

 

自分が運用している投資の商品や取引手法を問わず、投資のスキルアップは常に行っていきましょう。

 

投資では資金管理が一番大事なスキルといっても過言ではありません。

 

FXのHFTについて個人投資家が意識するべきことのまとめ

まとめると、HFTの台頭に対して個人投資家が意識するべきことは以下の3点です。

 

  • HFTについての知識を深める
  • 自らの投資スタイルとの関係を見極め、適切な行動を取るように心掛ける
  • 自身の投資スキルの向上を図る

 

個人投資家として、HFTの台頭に適切に対応することが、投資の成功に繋がるのです。

 

FXのHFT(高頻度取引)についてのまとめと当サイトのコンテンツ紹介

以上、本記事ではHFT(高頻度取引)について、仕組み、問題点、取扱業者などを簡単に検証しました。

 

HFT(高頻度取引)はIT技術が発展したからこそ実現できる取引手法で、今後の進展が期待されます。

 

冒頭で述べた通り、現時点では当サイトにおいて紹介できる株式やFXのHFT(高頻度取引)投資案件はありません。

 

そもそもHFTを扱っている業者が少なく、投資案件として打ち出すためのハードルも高いことから、コピートレードやMAM/PAMM案件のようにリリースしづらいという側面もあると思います。

 

ただし、今の時点ではなくても、将来出てくる可能性はあります。

 

もし将来出てきた案件が当サイトで紹介するに値する場合は紹介しますので、今後詳細な情報が分かり次第、情報を追記していきます。

 

当サイトでは、巷にある投資・副業案件の検証結果など、投資や副業に役立つ記事を更新していると同時に、優良な投資・副業案件の紹介も行っています。

 

完全無料で副業に取り組んでみたいなら、当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)をぜひ手に取ってみてください。

 

マーケティングの基礎、アフィリエイト・転売ノウハウ、マインドセットなど、副業を始めるにあたって必要なコンテンツをひと通り揃えた、超有料級のコンテンツです!

 

僕のDBSを実践するだけでも、月5万~10万円くらいなら比較的早い段階で稼げます。

 

メールアドレスとニックネーム(イニシャルでもOK)以外の個人情報は一切なしで入手できますので、興味ある方は今すぐこちら↓からチェックしてみてください。

 

そしてもう一つの選択肢として、スマホ副業やLINE副業に興味がある方は「楽に稼ぐこと」に関心があると思いますが、楽に稼ぐ有力な手段は何といっても「投資」です。

 

なぜなら、ブログの記事やSNSの更新といった作業をしなくても稼ぐことが可能だからです。

 

一言で投資といっても、商品や運用方法は色々ありますが、当サイトでおすすめしているのはEA(自動売買ツール)です。

 

FXの自動売買って最近よく聞くけど、大丈夫なの?

 

EAって危ないイメージがあるし、自分で運用した方が良いと思うけど...

 

このように、EAは危険、不安、心配といったイメージがあると思いますが、実は多くの方が誤解しています。

 

実際には、マーケットに精通してルール通りに粛々と取引ができる上級者を除けば、EAを使う方が自分で運用するよりもはるかに安全です。

 

なぜなら、EAを使うことで、投資では極めて危険な「感情の干渉」と「判断ミス」を防ぐことができるから

 

自分の手で運用して利益を上げることは華やかに見えますが、実際は相当しんどいです。

僕も自分で運用して大金を溶かした経験がありますが、運用している間はガチでメンタル削られます。まさに負けが負けを呼ぶという感じですね汗

 

文章で書くと当たり前のことですし、自分は大丈夫と思うかもしれませんが、感情とは恐ろしいもの。

 

たとえ今までは上手くいっていたとしても、「欲望」や「恐怖」といった感情が心を支配し、無謀な取引を行ってしまうことでお金を溶かしてしまうトレーダーは後を絶ちません。

 

また、人間の手でトレードする以上、どうしても判断ミスや操作ミスを起こしてしまう可能性もあります。

 

その点、EAは人間の感情や判断ミスに左右されることなく、プログラムに基づいたルールでトレードを行うため、FX初心者や感情に流れやすい人にとっては裁量トレードよりもはるかに勝ちやすいです。

 

2024年7月上旬現在では、UnicornというEAが好調です。

 

興味がある方は仕様や実績を載せていますので、Unicornの解説ページをご覧ください。

 

ただし、EAに限らず投資にはリスクがありますし資金も必要ですので、リスクを負うことがイヤな方運用資金がない方は、まずは副業でお金を稼ぎましょう。

 

副業と投資のどちらをやるべきか、当サイトのおすすめ案件としてどのようなものがあるか気になる方は、こちらのページにガイドラインとして簡単にまとめていますのでぜひご覧ください!

 

 

サイトの記事を見るのが面倒で「自分の現状に合わせた投資や副業のおすすめを手っ取り早く教えてほしい!」という方は、僕のLINEを登録して聞いてもらえれば相談に乗りますので、お気軽に連絡くださいね。

 

中山に相談

投資や副業など、お金を稼ぐことに関してお悩みのことはありませんか?

 

LINEでこんな投資・副業案件を勧められたけど、本当に実践しても大丈夫なの?

 

私に合いそうな副業のジャンルって何だろう...

 

今ホットな投資・副業案件を教えて!

 

など、些細なことでも構いませんので、聞きたいことや相談したいことがある方はお気軽にご相談くださいね。

  中山にLINEする
おすすめの記事