ミッション mission はおすすめしません!写真を送るだけで稼ぐ副業の実態を調査

こんにちは、中山唯人です!

前回に引き続き、LINEから登録する副業案件を取り上げていきます。

 

LINEから気軽に登録でき、簡単に始められると謳う副業案件が数年前から増えています。

しかし、そのほとんどが稼げない案件です。

 

この記事では、好きな写真を選んで送るだけで報酬がゲットできるとされる、合同会社virtual(吉田亮)のミッション (mission)という案件を見ていきます。

 

さて、このミッション (mission)は稼げるのか?稼げないのか?

まずは結果発表です!

結論から申し上げるとおすすめできません。
購入しないようにしましょう!
  • 合同会社vitrual(吉田亮)のミッション (mission) の内容が気になる方
  • ミッション (mission)がおすすめできない理由を知りたい方
  • 稼げない副業の事例を学ぶことで副業案件の良し悪しを自分で見分けられるようになりたい方

は、ぜひ当記事をご覧ください。

 

個別の副業案件やおすすめの副業についての質問はこちら↓へどうぞ。

 

ミッション (mission)の内容とは?

ミッション (mission)の内容とはどのようなものでしょうか?

まずLINEアカウントからの説明に書かれているキャッチフレーズから見ていきます。

  • 国から認可をもらった即日収益副業
  • 写真を載せていく、誰でもできる簡単な作業
  • 1枚あたり2,000円~5,000円の程度の収益につながる
  • 最短即日出金可

 

次に、実施手順を見てみます。

  • missionガイドを入手(仕事の始め方から収益の受け取りまで記載)
  • missionガイドを見ながら作業開始(ガイドを見ながら作業できる)
  • 収益発生

 

気になる費用は、missionガイドという名称のWEBテキスト代として1,980円。

ただWEBテキストを見てやっていくとしか書かれていないので、何の副業かさっぱり分からない...

 

詳しい内容が分からない以上何とも言えないじゃないかと思うかもしれませんが、これだけの情報でも怪しいことがわかります。

 

稼ぐことができずに電話サポートと称して高額商品の購入を勧められることになりますので、絶対におすすめはできません。

以下、おすすめできない理由を説明していきますね。

 

ミッション (mission)がおすすめできない理由

WEBテキスト代の価格が1,980円と安すぎる

価格が安いなら別に良いじゃん!

と思うかもしれませんが、教材を提供する側も慈善事業でやっている訳ではありません。

 

販売者の視点に立って考えてみてください。

 

情報商材の販売者の大きな収入源は、言うまでもなく情報商材そのものの販売代金。

教材を作成するにも経費がかかりますし、簡単な作業で稼げる方法を教えるための対価を取るのは至極当然のことです。

 

しかし、単価が1,980円というのはあまりにも低すぎます。

 

29,800円とか9,800円でもなく、たったの1,980円ですよ。

たとえ百人購入したとしても19万8千円、千人購入しても198万円。

 

とても元が取れる金額ではありません。

にもかかわらず、なぜこの値段で売ると思いますか?

 

答えは、購入した人に対して更に高額な商品を販売するためです。

 

数十万円単位の高価な商品をいきなり不特定多数に売ろうとしても、普通なかなか買ってくれません。

そこで最初の入口を緩くして買い手を安心させ、その入口から入った人(=購入者)を対象に更に効果な商品を売り込む。

 

マーケティングの常道です。

 

安い商品を単品で販売してもメリットは少ないですよね。

しかし抱き合わせでより高価な商品を購入してもらえる可能性を高めるための広告塔という位置付けにすれば、その安い商品を売り込む大きなメリットが表れます。

 

情報商材に限らず、他者からモノやサービスを購入する際は、購入することで相手がどのようなメリットがどれくらいあるかを考えることが大事です。

マーケティングの分野では全員が購入可能な安価な商品をフロントエンド、購入者のみに案内する高価な商品をバックエンドと言います。

簡単に短期間で稼げると謳い、まずはフロントエンドを買わせてから、手厚い個別サポートや更に稼げると称してバックエンドを売るケースが多いです。

 

ミッション (mission)の内容が不明

内容が全く分からないコンテンツに対してお金をかけることは危険です。

なぜなら、内容を一切明かさない形でコンテンツを提供すればどんな実現性が低く難しい方法でも違法でさえなければ通ってしまうからです。

 

たとえばあなたが「不労所得で毎月100万円稼げる!」というノウハウを購入するとしましょう。

そのやり方が

  1. まず資産が3億円になるまで貯金する
  2. 3億円貯めたら、不動産を購入する
  3. 例えば購入した不動産の年間平均利回りが4%の場合、年間で約1,200万円の家賃収入が得られ、月に換算すると100万円稼げることになる

といったお金持ちか高収入以外の人にとって非現実的な方法だったら、どう思いますか?

 

「冗談じゃない!!」となりますよね!

 

でも売り手からすれば、嘘を書いている訳ではないし違法でもないから問題ないと説明することができてしまいます。

 

そもそも詳細までは言えなくても、その副業の内容が

  • 投資なのか
  • アフィリエイトなのか
  • 転売なのか
  • コンテンツ販売なのか
  • 上記のどれでもないのか

など、少なくとも大まかなジャンルが分からなければ、何をするのか、本当に稼げるのか不安になりませんか?

 

優良な副業案件であれば、読み手の不安を解消して安心してもらうために、少なくともジャンルくらいは分かるようにLINEアカウントからの説明を書いているケースが多いです。

ですが、ミッション (mission)の説明では写真を送ることくらいしか書かれていないですよね。

 

同じ写真を扱う副業でも、

  • 写真自体を販売する
  • 写真に撮ったものを販売(転売)する
  • 写真で集客し、関連するものを販売する
  • メディアの一つとして写真を利用してWEBコンテンツを作る

のように色々ありますが、LINE説明に書かれている内容ではこのうちのどれになるか分かりません。

 

この商材を売る側からすれば中身がどんなジャンルでどんな手順(新たに高額商材を売りつけることも含む)だろうと写真を扱うことが工程に入っていて違法でなければ問題ないということになってしまいます。

 

したがって、何が出てくるか分からないパンデラの箱のようなものということです。

 

鬼が出てくるか蛇が出てくるか...

そんなコンテンツにお金をかけるのはリスクが高いと思いませんか?

何をやるかがはっきりとしていて、初心者でも安心して実践できる副業を知りたい方は私まで連絡ください^^

 

「国から認可をもらった」とは?

LINEアカウントからの説明やトップ画像では、国から認可をもらっている旨のことが書かれています。

 

これはずばり、会社設立の登記したということを国から認可をもらったと言っているだけです。

 

事業内容や規模に関わらず、合同会社を設立したら必ず登記をしなければなりません。

認可をもらうとかどうこう以前に、会社法という法律で決められていることです。

 

必要従業員数や資本金に下限はなく、所定の書類を準備して法務局に届出を行うだけで済みます。

もちろん、従業員が自分一人だけでもOKです。

 

しかも、会社の事業内容について厳格な審査がある訳ではなく、事業の内容を事細かに説明する必要もありません。

「通信販売業務」とか「インターネットでの広告宣伝業務」などといったざっくりとした書き方で通ります。

 

会社法やビジネスに詳しくない方からすれば、「国から認可をもらった」って言われると「信頼できそう!」ってなりますよね。

でも合同会社設立の登記は難しいことではなく、条件も全然厳しくないんです。

 

にもかかわらず「国から認可をもらった」と言われても、何の説得にもなりません。

LINEから登録するタイプの副業案件には、読み手から信頼してもらうために「国から許可された」「国から認められた」などと説明しているものもありますが、そもそも会社を設立をしたら登記をするのは当たり前のことです。

こうした商材は嘘にならないギリギリの範囲で最大限誇張した表現を使ってきますので、惑わされないようにしましょう!

 

ミッション (mission)の販売者情報の実態がほとんど分からない

商材の良し悪しを見極めるためには、商材の作成者や販売者が信用できそうかどうか?ということも大事な要素になります。

そのためには、商材の作成者や販売者がどんな人(法人)で、どんなことをやっているかを知ることは重要です。

 

しかし、ミッション (mission)のLINEアカウントからの説明には販売者についての情報や自己紹介は一切書かれていません。

 

ではインターネットで検索したら更に情報が出てくるのかというと、ほとんど出てきません。

 

以下は特定商取引法に基づく表示に書かれている内容の一部です。

販売事業者 合同会社 virtual
運営責任者 吉田亮
所在地 東京都新宿区西新宿3丁目3番13号西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6868-8769
メールアドレス info@virtual-pro.net

 

ホームページを見るといかにも企業向けホームページ制作パッケージサービスを使って作ったような外観と内容になっており、事業概要と会社概要以外のコンテンツが一切ありません。

情報商材の販売者は「ホームページがないじゃないか」と言われることを避けるために、企業のホームページにいかにもありがちなメニューと内容を載せたテンプレートを使ってホームページを作成(または代行依頼)する企業も多いです!

 

もちろんこれだけでは企業の良し悪しを判断することはできません。

しかし、インターネットを媒体に商売をやっているのであれば、もう少しWEBページのコンテンツの充実に力を入れようとするのが普通の感覚だと思います。

 

LINEアカウントからの説明には販売者のことが一切書かれていないし、ホームページの内容も希薄。

これでは商材を売っている人(企業)のことが全然分からないので、本当に買っても大丈夫だと安心なんかできないですよね。

 

中には、商材の内容が良ければ作成者や販売者は誰でも良いじゃないかという方もいるかもしれません。

しかし、私を含めて多くの読者は、商材の作成者や販売者がどんな人で、どのような経緯で商材を作って販売するようになったかの概要を知りたいと考えるものです。

 

インターネットで不特定多数に対してコンテンツを販売している以上、読み手に自分のことを信頼してもらうためにも、

  • 簡単な自己紹介や経歴をLINEアカウントからの説明に直接書く
  • ホームページやSNSなどの媒体で参照できるようにする

といったことは最低限のマナーだと思います。

 

それができていないのに買ってくれと言われても、私なら絶対に買いません。

口頭でも文章でも何かを売ろうとするなら、まず自分がどこの誰なのかを教えてほしいですよね...

 

終わりに管理人の一言

いかがだったでしょうか?

最近のLINEから登録する形の副業案件は、

  • 口コミや評判を書かれてGoogleなどの検索エンジンで特定されることを防ぐために、案件名や法人名を特定しづらい名称にする
  • LINEアカウントからの説明で副業の仕組みを一切説明しない
  • 写真を撮るなどの簡単な作業工程だけを切り取っていかにも簡単であるかのように誇張する
  • 参加のハードルを下げるため最初のマニュアルは安くし、その後オプションやサポートという位置付けで高額商品の購入に誘導する

ことが多いです。

 

検索から逃れるために、販売者の表記を音読み→訓読みや漢字→平仮名というように微妙に変更して、似たような内容で再販売する事例もあります^^;

 

しかし、

  • 「こんなおいしい話って普通あるのかな?」
  • 「案内ページには簡単に儲かるように書いてあるけど、現実的にこの時間でこれだけ稼ぐことってできるのかな?」

という視点をもってLINEアカウントからの説明の内容を一つ一つじっくりと見ていけば、その案件のおかしな点に気づくことができるようになります。

 

くれぐれも非現実的な美味しい話に飲み込まれてお金と時間を無駄にすることのないように気を付けてくださいね。

中山に相談

投資や副業など、お金を稼ぐことに関してお悩みのことはありませんか?

 

LINEでこんな投資・副業案件を勧められたけど、本当に実践しても大丈夫なの?

 

私に合いそうな副業のジャンルって何だろう...

 

今ホットな投資・副業案件を教えて!

 

など、些細なことでも構いませんので、聞きたいことや相談したいことがある方はお気軽にご相談くださいね。

  中山にLINEする
おすすめの記事