WEB3.0 メディアプログラム(山田慎太郎)は稼げるのか?内容、口コミ、評判を検証

山田慎太郎氏のWEB3.0 メディアプログラム(WMP)は稼げるのか?内容、口コミ、評判を検証してみました。

 

こんにちは、中山唯人です!

 

今回は大手ASPの1つであるアドモールから購入できる、山田慎太郎氏のWEB3.0 メディアプログラム(WMP)という副業案件を取り上げていきます。

 

WEB3.0 メディアプログラム(WMP)は、世界中で話題のWEB3.0の仕組みを使って、既存のデータを活用し、収益を生み出すことをコンセプトとしています。

 

結論から申し上げると購入しても全く問題なく、稼ぐことができる良案件です。

 

  • 山田慎太郎氏によるWEB3.0 メディアプログラム(WMP)の内容が気になる方
  • 山田慎太郎氏によるWEB3.0 メディアプログラム(WMP)がおすすめできる理由を知りたい方
  • 稼げる副業案件の事例を学ぶことで副業案件の良し悪しを自分で見分けられるようになりたい方

 

は、ぜひ当記事をご覧ください。

 

当サイトでは、巷にある副業案件や投資案件にするため、随時記事を更新しています。

 

気になる副業・投資調した上でご報告いたします。

 

また、僕のLINEに登録してくださった方に本当に稼げるコンテンツを完全無料でプレゼントしていますので、稼ぐ方法としてどのようなものがあるかを無料でチェックしたい方は、良かったら僕のLINEに登録してみてくださいね。

 

気になる副業案件があるので検証してほしい方、おすすめの副業を教えてほしい方、僕の無料コンテンツで稼いでみたい方はこちら↓へどうぞ。

 

WEB3.0 メディアプログラム(山田慎太郎)のWEB3.0ビジネスの販売者情報

最新の仕組みであるWEB3.0を活用することをコンセプトとしたWEB3.0 メディアプログラム(WMP)の販売者情報について見ていきます。

 

こちらがWEB3.0 メディアプログラム(WMP)の特定商取引法に基づく表記です。

 

販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 山田慎太郎
サポート連絡先 https://lin.ee/qId7W2Q
販売URL https://bunsan-sugoi.xyz/lp/
返金について 情報商材という特質上、購入後はいかなる理由や状況においても返金などには一切対応しておりません。また、通信販売ですのでクーリングオフは法的に認められておりません。販売ページに返金規定が記載されている場合の返金の交渉は情報提供者と行ってください。 返金をめぐり販売者とトラブルが起きた場合は アドモール へご連絡ください。返金の実行の有無の権限はアドシステムが有しています。
プライバシー保護 個人情報に関しましては、弊社で厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。当該個人情報は法律によって要求された場合、権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供する事はありません。
表現、及び商品 に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。いかなる場合においても返金規定以外の購入後の返品、返金は受け付けません。尚、購入後、利用サイトの仕様変更や規約変更、情勢的なものの変化により実践が困難になる場合には、最新版のマニュアルとツールを用意しますが、その際には、お時間を頂く場合がございます。その点は予め了承下さい。あくまでも本商品は制作した時点での作者の見解による著作物です。常に販売している以上、管理は継続しますが、予期せぬ問題の場合は販売者は、購入者に対して最善の仕様変更などを行うものとします。また実践に関する過失や損害などは、一切販売者、または販売会社も責任を負うものではなく購入者は、いかなる権利も行使しないものとして購入してください。ここに記載された内容を確認して承諾し、ご自身の判断で活用するものとします。購入された時点で上記内容全てに同意したものと見なします。

 

販売ページのURLから「/lp」を取った「https://bunsan-sugoi.xyz/」にアクセスしてみたところ、1月29日昼間時点では記事がありませんでした。

コンテンツファイルはPDFファイルで提供されているか、別ディレクトリのWEBファイルにて提供されているか、記事一覧に載らないように設定している可能性があります。

 

WEB3.0 メディアプログラム(WMP)の特定商取引法に基づく表記を見て、

 

運営責任者と顧客対応担当者の違いって何?

 

あれ、他の記事でレビューしてたKMM キングオブマネーメーカーやAHSもアドモールじゃなかったっけ?アドモールの商品はすべて株式会社アドシステムが販売しているの?

 

と疑問に思った方もいると思いますが、アドモールは、特定商取引法に基づく表示を代行する「アドモール公認コンテンツ(特商法代行サービス)」というサービスを提供しています。

 

このサービスは、商品を販売する際に自宅や事務所の住所を公開したくない販売者向けに、株式会社アドシステムが代行して販売を行うものです。

 

実際の商品の提供やサポートは、販売者である株式会社アドシステムではなく、「顧客対応担当者」である山田慎太郎氏が行います。

 

この代行サービスを利用するためには、通常の商品よりも厳しい審査基準をクリアする必要があります。

そして、アドモール公認コンテンツとして販売されている商品のほとんどは、非常にコスパの良い稼げるノウハウまたはツールとなっています。

 

むろん、今回のWEB3.0 メディアプログラム(WMP)もアドモール公認コンテンツです。

 

山田慎太郎氏によるWEB3.0 メディアプログラム(WMP)の販売者情報を調査した結果、アドモールが公認したコンテンツであることから、WEB3.0 メディアプログラム(WMP)も良い商材であると推測できます。

 

WEB3.0 メディアプログラム(山田慎太郎)のWEB3.0ビジネスの内容とは?

山田慎太郎氏によるWEB3.0 メディアプログラム(WMP)は、コピー&ペースト中心で取り組める、WEB3.0という新しい仕組みを介して収益化するビジネスです。

 

ビジネスモデルは非公開ですのでネタバレはできませんが、誰でも簡単にアクセスすることができる2つの異なる種類のデータを利用します。

 

そしてその二種類のデータをコピペベースの作業で結び付けて、専用のツールを使ってデータ変換を行います。

 

そしてそのデータを使ってWEB3.0の仕組みを活用して収益化させるという流れです。

 

また、WEB3.0 メディアプログラム(WMP)は先行者利益の期待性が高い案件であり、先に取り組んだ方が有利になりやすいです。

 

WEB3.0とは?

先ほどからWEB3.0という言葉が出てきていますが、「そもそもWEB3.0って何なの?」と疑問に思う方もいると思います。

 

WEB3.0とはインターネットの進化形で、人工知能やブロックチェーン技術を駆使し、よりパーソナライズされた、データの共有と取引が可能な新世代のインターネットの枠組みです。

 

従来の情報の受け手だったユーザーが、積極的に参加し、信頼性と透明性を高め、新たなビジネスモデルや社会活動が実現することを目指しています。

 

WEB1.0、WEB2.0、WEB3.0の違いを説明すると、次のようになります。

 

  • WEB1.0:一方向のコミュニケーションのみ可能で、情報を受け取るだけの静的なコンテンツのみ存在(ウェブページ)
  • WEB2.0:双方向のコミュニケーションが可能になり、プラットフォーム内のユーザー同士やスポンサーとの間で情報共有やコラボレーションができるように(SNS、YouTubeなど)
  • WEB3.0:ブロックチェーン技術によって個人のデータが分散され、中央管理者を介さずに直接ユーザーとのやり取りが可能(NFT、DeFI、DAOなど)

 

WEB2.0では一部の巨大企業が中心となってサービスを提供し、利益や個人情報の独占が問題とされました。

 

この問題を解決するために、WEB3.0が登場したわけです。

 

WEB3.0は、分散型のインターネットを目指しており、ブロックチェーン技術を活用しています。

 

ブロックチェーンは、複数のコンピューターがデータを分散して保管し、改ざんや盗難を防ぐ仕組みです。

 

これによって、個人情報や利益の独占を回避し、より公正かつプライバシーを尊重したインターネット環境が実現されることが期待されています。

 

また、WEB3.0はまだ開発途中であり、普及にはもう少し時間が必要になりますが、一部の企業やプロジェクトがWEB3.0に取り組んでおり、将来的にはより多くの人々がその恩恵を受けることができるでしょう。

 

WEB2.0ではFacebookやX(Twitter)といった一つのプラットフォーム内でユーザーがコミュニケーションを行っていましたが、WEB3.0では一人一人がFacebookやXのようなプラットフォームの枠組みを持てるというイメージです!

 

WEB3.0を使ってどう稼ぐのか?

さて、ここまでWEB3.0の説明をしてきたわけですが、ぶっちゃけると

 

この説明では稼ぐことにどう結びつくのかさっぱり分からない!

 

という反応になると思います。

 

ビジネスモデルが非公開ですので抽象的な表現しかできませんが、

 

  1. WEB2.0上にある二種類のデータを取ってくる
  2. 専用のデータ変換ツールを使って二つのデータを変換する
  3. 変換されたデータを元に、WEB3.0の仕組みを利用して収益化する

     

    という流れになります。

     

    しかも、作業工程はかなり簡単。

    100%コピペというわけではありませんが、コピペを中心とした作業で収益化に結びつけることができ、ブログ記事のような時間がかかる長文を書いたり、SEOを考えたりする必要もありません。

     

    なんでWEB2.0から取ってきたデータを変換したら収益化できるの?

     

    当然の疑問ですよね。

     

    元々このデータはここ1~2年でできたものではなく、5年以上前から存在しているものですが、使用すればするほど中央集権側の枠組みが利益を享受しやすい性質のものです。

     

    したがって、WEB2.0しか存在していなかった時代は、そのデータを使って収益化できた人はわずかしかいませんでした。

     

    しかし、WEB3.0の台頭により、そのデータを使って個人でも収益化につなげることが可能になりました。

     

    つまり、このビジネスモデルはWEB3.0の枠組みを使うことが全てのキモになっているというわけです。

     

    参入障壁が低いうちに参加するが華

    WEB3.0 メディアプログラム(WMP)のビジネスモデルは、恋愛や占いのような時代を変えても安定的に需要がある分野とは異なり、芽が出てき始めたばかりものです。

     

    Facebook、YouTube、X(旧Twitter)、Instagram、TikTok、ココナラ、Brain、これらはすべてWEB2.0のプラットフォームになります。

     

    今でこそビジネスでフル活用されておりユーザーのレベルも高くなってきていますが、初期の頃はコンテンツも発展途上で、極めるまでのハードルが今よりはるかに低い状況でした。

     

    今の時期にWEB3.0へ参入することは、前述の各プラットフォームを黎明期に始めるようなものです。

     

    そのため、今回紹介するシステムは、できるだけ早く導入することが望ましいものと言えます。

     

    WEB3.0 メディアプログラム(WMP)は、長年にわたって確立されている市場で堅実に稼ぎたい人よりも、先行者利益を得つつ新しいコト(市場)で収益化したい人に向いています。

     

    ただし、マニュアル通りのやり方を実践するだけでは収益面がやや低めですので、マニュアルの内容を基軸にしつつ、自分なりに応用していくことで収益を爆上げさせることが可能になります。

     

    ビジネスモデルが分からない商材には手を出したくない方ガチで稼げるコンテンツがどのようなものかを無料で見てみたい方は、ぜひ当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)を手に取ってみてください。

     

    マーケティングの入門ガイド、アフィリエイトや転売のノウハウ、副業で稼ぐにあたってのマインドセットなど14点の有料級コンテンツを揃えています。

     

    WEB3.0 メディアプログラム(山田慎太郎)のWEB3.0ビジネスで提供されるコンテンツ

    WEB3.0 メディアプログラム(WMP)では、実質的な販売者の山田慎太郎氏が培った経験に基づき、以下のコンテンツが提供されます。

     

    提供コンテンツ一覧
    • 会員ページでのテキストと図解による説明コンテンツ(2024年1月29日時点で約2万文字)
    • PDFマニュアル
    • 専用の無料変換ツール(インストールは不要です)
    • サーバとドメインなしでも取り組めるWEB環境(ただし、サーバーとドメインはあった方が有利)

     

    加えて、購入日から30日間の回数無制限LINEサポートが付いています。

     

    返信間隔は土日祝日を除いて24時間以内とのことですので、最初の一ヵ月間は分からないことがあればすぐに質問できる環境が整っています。

     

    WEB3.0 メディアプログラム(山田慎太郎)のWEB3.0ビジネスについてよくある質問

    山田慎太郎氏のWEB3.0 メディアプログラム(WMP)について、よくある質問を記載します。

     

    ※公式ページのQ&Aからの引用・リライトも含みます。

     

    レンタルサーバは必要ですか?

    レンタルサーバは、ウェブサイトやオンラインプロジェクトを開始する際に必須とは言えません。

    実際には、無料のプラットフォームやホスティングサービスを利用しても、始めることができます。

     

    ドメインは必要ですか?

    独自のドメインを持つことは、必ずしも必要ではありませんが、ドメイン名とレンタルサーバを持っている方が、多くの利点を享受することができます。

     

    サーバを利用する場合、どの種類のサーバを選ぶべきですか?

    サーバには、VPSサーバと一般的なレンタルサーバの2種類があります。

    VPSサーバには、xサーバのVPSやシンサーバのVPSなどがあります。

    プランの変更が必要な場合もあるかもしれませんが、通常のサーバよりも費用が安く、月額数百円程度で利用できると思います。

    ただし、これらを使わずに実践することもできるため、実質的に無料で取り組むことも可能です。

     

    コピペだけで確実に稼ぐことはできるのでしょうか?

    専用ツールを利用するには、サーバーは必要ありません。

    こちらのサーバーにログインすることで、自由にツールを使用することができます。

     

    報酬の受け取りタイミングはどのようになっていますか?

    報酬の支払いはケースバイケースですが、基本的には月末の翌々月に支払われます。

    ただし、ケースによってはもっと早く支払われることもあります。

     

    MACパソコンでもこの作業はできますか?

    はい、MACパソコンでも問題なく取り組むことができます。

     

    データは簡単に見つかるでしょうか?

    データを集める方法は、マニュアルに記載されていますが、それ以外にも別の方法が存在する可能性もあります。

     

    ツールの設置は難しいですか?

    基本的に、サーバやドメインを使用する作業は任意です。ただし、変換ツールは、私たちのサーバに既に設置されており、すぐに利用することができます。

     

    AIは使いますか?

    いいえ、AIは使いません。

     

    最短で収益化するまでには、どれくらいの日数がかかりますか?確実に収益を得ることができますか?

    最短であれば、当日中に収益を得る可能性もありますが、この案件に限らず、副業や投資においては利益保証ができません。

     

    スマートフォンだけで取り組むことは可能ですか?

    不可能ではありませんが、基本的にはパソコンで作業することを前提としていますことをご了承ください。

     

    実施費用には有料と無料がありますが、その違いは何ですか?

    マニュアルではWEB3.0の分散型を導入した方法が解説されていますが、変換ツールは無料で利用できますし、無料でも実践することは可能です。

    ただし、有料のサーバやドメインを取得することで、有利に取り組むことができます。

     

    これまでの説明では何をするかよくわかりません。もう少し詳しく教えてください。

    WMPのビジネスモデルは非公開ですので、ビジネスモデルが分からないと購入したくないという方にはおすすめしません。

    僕自身も「すぐに種明かししてほしい!」というタイプなので、気持ちは分かります。

    しかし、山田氏はこのスキームの希少性や稼ぐための難易度などを考慮して、実質的な販売者として非公開にする判断にしていますので、我々は「販売者がそう判断した」と受け止める以外にはありません。

    ギリギリ言えるのは、WMPの基本的なジャンルは「アフィリエイト」で、実践者が増えたら増えるだけ有利になることです。

     

    返金はできますか?

    この商品に限らず、アドモール公認コンテンツのほとんどは返金ができません。

    しかし、アドモール公認コンテンツは審査がそれなりに厳しいので品質面については問題ありませんし、他のASPで販売されている商材よりもコストパフォーマンスが良いモノが多いです。

    もちろんWEB3.0 メディアプログラム(WMP)も例外ではありません。

     

    WEB3.0 メディアプログラム(WMP)の価格はいくらですか?

    2024年2月12日時点では46,800円ですが、価格は随時変わりますので、販売ページを直接ご確認ください。

     

    WEB3.0 メディアプログラム(山田慎太郎)のWEB3.0ビジネスについて口コミと評判を検証

    山田慎太郎氏のWEB3.0 メディアプログラム(WMP)について稼げるのかどうか、他の人はどのような意見を持っているのか、口コミと評判を見ていきます。

     

    まず、GoogleとSNSで口コミを調べてみましたが、現時点では口コミは一件もありませんでした。

     

    続いて、WEB3.0 メディアプログラム(WMP)の評判について調べたところ、稼ぎやすい、実践しやすい、たくさん稼ぐことも可能といった肯定的な内容が大多数を占めていました。

     

    これから徐々に口コミや評判の投稿が増えていくと思いますので、新たな情報があれば追記していきます。

     

    WEB3.0 メディアプログラム(山田慎太郎)のWEB3.0ビジネスのデメリットとおすすめの副業は?

    山田慎太郎氏のWEB3.0 メディアプログラム(WMP)は、購入しても全く問題のない稼げる良案件です。

     

    WMPの購入を検討している方は、ぜひ僕のLINEまで連絡ください。

     

    WEB3システムの設置代行も僕の方でできます!

     

    一方で、WEB3.0 メディアプログラムにもデメリットもあります。

     

    僕が考えるWEB3.0 メディアプログラム(WMP)のデメリットは三つ。

     

    一つは販売価格が46,800円(2月10日時点)と有料でありながら、ビジネスモデルが非公開であることです。

     

    いくらコストパフォーマンスが良いといっても、アドモールの副業案件はすべて有料。

     

    守秘義務があるため、残念ながら当サイトでも詳細な内容を明かすことができかねます。

     

    したがって、ビジネスモデルが分からないことにはお金を出したくないという方にはおすすめできません。

     

    もう一つのデメリットは、報酬が低めであることです。

     

    もちろん、人によって結果は異なることは前提ですが、公式サイトでは月平均30時間以上の努力があれば、月に平均的に3~5万円ほどの報酬を得ることは十分に現実的で、その気になれば5倍や6倍の報酬を得ることも可能と記載されています。

     

    正規雇用で就業した場合の標準労働時間は、8時間×5日×4週間=160時間/月ですので、仮に160時間取り組んだとすると、月平均は16~27万円弱です。

     

    これくらいの金額であれば、僕の完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)でも十分稼げます。

     

    • WEB3.0 メディアプログラム(WMP)には興味あるけど、購入資金に余裕がない方
    • ビジネスモデルが分からないノウハウにお金を出したくない方
    • ノウハウにお金をかけずに副業に取り組んでみたい方
    • ガチで稼げるコンテンツがどのようなものかを無料で見てみたい方

     

    は、ぜひ当サイトの完全無料コンテンツDoor to Beneficial Space(DBS)を今すぐ手に取ってみてください。

     

    メールアドレスとニックネーム(イニシャルでもOK)以外の個人情報は一切なしで入手できます。

     

     

    もちろん、後から高額な悪徳商材を売りつけるようなことは絶対ありませんのでご安心ください。

     

    最後のデメリットは、WEB3.0 メディアプログラム(WMP)は副業案件ですので作業が必要であり、作業なくしては収益を得ることができないという点です。

     

    これはどの副業案件でも共通していますが、WMPも例外ではありません。

     

    副業である以上、一定の作業量をこなさなければ収益を得ることはできません。

    作業なしで楽して稼ぎたい方は「投資」一択となります。

     

    当サイトでは、投資で稼ぎたい方に向けてEA(自動売買ツール)をおすすめしています。

     

    EAは人間の感情や判断ミスに左右されることなく、プログラムに基づいたルールでトレードを行うため、FX初心者や感情に流れやすい人にとっては手動での裁量トレードよりも勝ちやすいです。

     

    特に相場の変動が素早い中での短期トレードでは、迷いや感情に邪魔されがちな人間の判断によるトレードよりもEAが有利になることが多いです!

     

    2024年1月下旬現在では、HydraというEAが好調です。

     

    興味がある方は、Hydraの解説ページをご覧ください。

     

    当サイトでは巷にある副業の案件が本当に稼げるのかどうかを検証し、おすすめの副業案件を紹介していますので、僕のLINEまでお気軽にご相談ください。

     

    中山に相談

    投資や副業など、お金を稼ぐことに関してお悩みのことはありませんか?

     

    LINEでこんな投資・副業案件を勧められたけど、本当に実践しても大丈夫なの?

     

    私に合いそうな副業のジャンルって何だろう...

     

    今ホットな投資・副業案件を教えて!

     

    など、些細なことでも構いませんので、聞きたいことや相談したいことがある方はお気軽にご相談くださいね。

      中山にLINEする
    おすすめの記事